スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び

2018 CENTURION GIGADRIVE 4000 2018年モデルセンチュリオンは全てのロードがディスク化へ


ci-607478_2frw.jpg
2018 CENTURION GIGADRIVE 4000
2017年モデルにおいて、カーボンフレーム&油圧ディスクで構成された強力なディスクロードといえばGIGADRIVE DISK4000でしたが。
なんと2017年モデルにラインナップされていた キャリパーブレーキ仕様の GIGADRIVE 4000が消滅。

代わりに2017 GIGADRIVE DISK4000の名称が変更され、2018 GIGADRIVE 4000(油圧ディスク版)となった模様。

(´・ω・`)そうか、そうか。2018年モデルセンチュリオンは全てのロードがディスク化する事になったんですね。
これも時代の……いやEU方面の流れか。
ただ、今回のGIGADRIVE 4000も使用もなかなか豪華ですよ。
いち早く、新型アルテグラR8000を採用。
タイヤは耐久性重視のコンチネンタルGrand Prix 4000 S2。
ci-607478_3.jpg
元々キャリパーブレーキ仕様の GIGADRIVE 4000をディスクブレーキで使用するために再設計されたモデルがGIGADRIVE DISCだったんですが。
再設計されたディスク仕様のGIGADRIVE DISCが生き残り、元祖キャリパーブレーキ仕様の GIGADRIVE 4000が廃盤。

(´・ω・`)結局ディスク仕様2017年モデル「GIGADRIVE DISC」の名称が→2018年モデル「GIGADRIVE 4000」と変更になった。
ci-607478_5.jpg
ギガドライブ ディスク カーボンフレーム、Di2対応グロメット
強度重視だけあって、堅牢なカーボンフレーム設計。
ドイツブランドのカーボンモデルなので、ロングライドやツーリングに耐えられるだけの強度重視のフレームではありますが。
実は高い反応をするレース向けカーボンフレームでもあるのが、ドイツセンチュリオンの面白い所。

弟分のMERIDAカーボンモデルSCULTURAて、どの速度域でも強力な推進力を発動する実にレーシーなスピードモデルでして。
兄貴分のセンチュリオンGIGADRIVEにも、そんなレーシーなスピード性能が備わっている。
ci-607478_8.jpg
メインコンポに新型アルテグラR8000を採用。
シフターにはわざわざ、機械式変速や油圧ディスクブレーキにも対応した新型「ST-R8020」を採用していると推測されます。

レーススペックですが、同時に高い耐久性を重視している所がドイツブランドらしいですね。
GIGADRIVE 4000 シリーズは、伝統的にレース仕様でも使えるアルテグラを搭載してくるのが定番になっています。
しかもわざわざ、新型アルテグラをいち早く投入。
ci-607478_9.jpg
ゼロスタック テーパーヘッド
ci-607478_14.jpg
ドイツは石畳などが多い上に、長距離走破する為の耐久性重視なロードが好まれる傾向に。
だからこそ、GIGADRIVE 4000も適度な剛性と、衝撃吸収性双方を両立したフレーム設計に。
個人的にはMERIDA SCULTURAの強度面、快適面を強化して、ディスク化したモデルがこの「CENTURION GIGADRIVE 4000」というイメージ。

(´・ω・`)前から思っていたけど、そんなにドイツ国民の方々はシルバー系を好まれるのだろうか?
ci-607478_13.jpg
タイヤ コンチネンタルGrand Prix 4000 S2
ci-607478_7.jpg
フォーク  ギガドライブ ディスク カーボンフォーク、カーボン テーパーコラム、15mmスルーアクスル
ci-607478_6.jpg
フロントは15mmスルーアクスル。
ci-607478_17.jpg
ギガドライブ ディスク カーボンフォーク、カーボン テーパーコラム
ホイール DT SWISS E1800
ci-607478_16.jpg
15mmスルーアクスル
SHIMANO BR-RS785、SM-RT800 160mmローター
ULTEGRA ロード用油圧式ディスクブレーキキャリパー「SHIMANO BR-RS785」を採用。

ci-607478_12.jpg
FD-R8000 機械式フロントディレーラー
ci-607478_10.jpg
プレスフィットタイプ BBシェル(シェル幅 86.5mm)
SHIMANO アルテグラ、FC-R8000、50/34T
ci-607478_15.jpg
(´・ω・`)やはりこのあたりのシートステーの流れを見ていると、 MERIDA SCULTURA に近いですね。
やはりセンチュリオンとメリダのフレームって、完全ではないにしてもどこかしら共通点みたいな物がある。
リアエンドデザインなんかも、似ていてがっちりしていますし。
ci-607478_11.jpg
ci-607478_4.jpg
CENTURION(センチュリオン) 2018年モデル GIGADRIVE 4000 (ギガドライブ4000)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

2017年10月16日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 GIOS TITANIO (ジオス チタニオ) イタリア本国でハンドメイド品としてチタンフレームを生産していた時代を振り返ってみる。



DSCN1188frwr.jpg
GIOS TITANIO (ジオス チタニオ)【画像は2013モデルフレームセット】
(´・ω・`)2018年ジオスモデルにもチタンフレームのGIOS TITANIOがラインナップされています。
2013年頃に、各ブランドから一斉にチタンモデルが登場していた時期がありまして。
ジオスは金属系フレームにこだわり続けているだけあって継続して、チタンフレームを販売しています。

Specifications
Color GIOS BLUE
Tubing 3AL-2.5V TITANIUM
Size 480/500/520/540/560mm(C-C)
Weight 1500g (Frame) 480g(Fork)


(´・ω・`)フレームに台湾系と思われる3AL-2.5V TITANIUMを採用。
走行感は滑らかで美しい(上質なライド感という意見もあり)
3AL-2.5V TITANIUMだとすると、割と加速は鋭いですね。
個人的にアルミフレームよりも、チタンフレームの方がパワー伝達の意味でアドバンテ―ジがあると思う。

gios-titanio_2.jpg
FRAME 3AL-2.5V Titanium Special Tubing For GIOS
FORK GIOS ORIGINAL CARBON FORK
HEAD PARTS
FSA NO 44E 1-1/8" 1-1/4"
SEAT CLAMPφ34.9
B.B. 70mm (ITA)


このチタンフレームは滑らかな快適性もあるので、長時間乗ってもかなり疲労は軽減されるのでは?
空気を切り裂くカッターナイフの様な鋭い加速が楽しめる。
(´・ω・`)剛性がしっかりしている上に、シートステーやチェーンステーに曲げ加工を施してあるんですよ。

イタリアンブランドもかつては、チタン系モデルが数多く存在していまして。
大体はイタリア本国でハンドメイド品としてチタンフレームを生産していた時代がありました。
img59292847gd.jpg
Tommasini TITANIUM MTB((トマジーニ チタニウムMTB)
イタリアトスカーナに工房を構えるTommasiniのチタンMTB。
金属疲労に強く、腐食もしないし、軽量。その金属特製を生かしたチタン系MTB。
長期間において性能を維持できる材質なのも魅力。
フレーム COLUMBUS HYPERION 3/2.5 Ti
フロントフォーク COLUMBUS CrMo

なんとチタンフレームとクロモリフォークのハイブリッドでもある。
トマジーニ最大輸出相手国アメリカ向けのチタン系MTBだった模様。
s9-matta_convert_20080715181943 (1)
Bianchi S9 Matta Titanium CAMPAGNOLO RECORD 10 SP DOUBLE
ビアンキ110周年あたりに、カンパ&チタン仕様の完成車記念モデルを出していた次期がありました。
(´・ω・`)……レパルトコルサストアの認定を受けていないと入荷ができないレアなモデルでもあったんですが。
2008年当時の楽天において、どういう訳か通販ベースで流通していた様です。

S9 Matta Titaniumは「handmade by TITANIO」ということで、全て溶接もエンド削り出しもハンドメイド。
「HANDMADE in ITALY」ということで、2008年当時はまだイタリアでハンドメイドのチタンフレームを扱っていたんですね。
DSCN9117vfvs.jpg
(おまけ)パナソニック チタンフラットロードEB
チタンフレームって、電動アシストモデルにも採用されていまして。

(´・ω・`)……電動アシストとチタンフレームの相性って、抜群なんですよ。
チタンフレームなので、パワーアシストが全然逃げないんですよね。
(間違いなくアルミより、チタンの方が電動アシストとの親和性が高いはず)

チタンフレームの剛性が、電動アシストモーターのパワーをしっかり受け止めてくれる点に驚きました。
しかもチタンフレームの乗り心地の良さを生かして、長時間走るのに実に向いている。

e-bikeの流れが主流になってきた際、チタンフレームの活躍の幅も広がると思うのですが。
GIOS(ジオス) 2018年モデル TITANIO FRAME & FORK SET / チタニオ【フレームセット】【ロードフレーム】

2017年10月15日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 CENTURION CROSSFIRE CARBON 4000  いきなり、新型アルテグラR8000シリーズを油圧ディスクブレーキからドライブトレインまで実装



ci-604408_2.jpg
2018 CENTURION CROSSFIRE CARBON 4000
(´・ω・`)おおっ、2018年モデルから新型アルテグラR8000シリーズを採用したセンチュリオンカーボンシクロクロスモデル「CROSSFIRE CARBON 4000」だ。
いきなり、新型アルテグラR8000シリーズを油圧ディスクブレーキからドライブトレインまで実装。
クランクはFC-R8000 50/34Tなので、最初は平坦な路面に適したツーリング仕様になっている。
シクロクロスレースに使うなら、クランクをシクロクロス用コンポの(歯数46×36T)にしてあげる必要があるかな。
やっぱりセンチュリオン系シクロクロスモデルだけあって、長距離を走破する為に適した仕様になっていますね。

ホイールはフルクラム。
チェーンステー長を短めに設定して、パワー伝達を重要視したフレーム設計。
やはりこのあたりはシクロクロス系フレームですね。
更には低重心設計で、荒れた路面&巡行時での安定性を重視。
長距離を走破する能力と、シクロクロスレースでも使える性能をきちんと両立させたシクロクロスモデルです。
ci-604408_9.jpg
BR-RS785 油圧ディスクブレーキキャリパー
SM-RT800 160mmディスクブレーキローター


(´・ω・`)これが冷却効果を強化した最新のSM-RT800ディスクブレーキローター。
冷却フィンが付いている。
いいなあ、新型アルテグラR8000系シリーズをいち早く実装している点が凄まじい。
油圧ディスクは急こう配にも対応出来るし、長距離走行する際にも負担軽減につながる。

フロントフォークは15mmスルーアクスル、リアには12mmスルーアクスルを採用。
ワンバイイレブンの1×11SPEEDではなく、2×11SPEED仕様ですね。
ci-604408_1.jpg
ci-604408_3.jpg
ci-604408_4.jpg
流石にメリダがフレームを担当しているだけあって、フレームデザインが美しいですね。
実際のデザインはドイツで行っているだけあって、最新のドイツ系バイクデザインが楽しめる。
ci-604408_13.jpg
ci-604408_11.jpg
ゼロスタック テーパーヘッド
ci-604408_12.jpg
タイヤ MAXXIS マッド レスラー、700×33C、仏式バルブ
シクロクロスレースにも使える33Cシクロ用マッドレスラーが入ってます
マッドレスラーは、シクロクロスにはおなじみの過酷なマッドコンディションにも対応するオールコンディションタイヤ 。
センターノブのスロープしたブロックデザインは転がり抵抗の軽減を意図し、その一方でアグレッシブにデザインされたサイドノブ はハードな泥や雪を切り分ける。
全体的としてオープントレッドデザインを採用しているため泥ハケも良い。
ci-604408_14.jpg
フレーム シクロクロス ディスク カーボンフレーム、Di2対応グロメット
ci-604408_15.jpg
ci-604408_10.jpg
(´・ω・`)なんか2018年モデルセンチュリオンって、デザインがいきなり洗練されてきた気がする。
今までの質実剛健なドイツデザインから、一皮むけた感じ。
ci-604408_7.jpg
フォーク クロスファイヤー カーボンフォーク、カーボン テーパーコラム、15mm スルーアクスル
ci-604408_8.jpg
ci-604408_16.jpg
クランク SHIMANO アルテグラ、FC-R8000 50/34T
プレスフィットタイプ BBシェル(シェル幅 86.5mm)

やはり、ツーリングとシクロクロスレーシング双方の性能を持たせたCXモデルと言えるのでは?
ci-604408_17.jpg
ci-604408_20.jpg
ci-604408_19.jpg
エンド幅142mm、12mmスルーアクスル
ci-604408_18.jpg
(´・ω・`)やはりセンチュリオンロードのテーマである「快適に、より遠くへ」に沿った軽量シクロクロスモデルですね。
だからこそ、巡行性能を強化したシクロクロスモデルという印象。
もちろん前後スルーアクスルに、シクロクロスレースにも耐えられる強度を確保したカーボンフレームでもあるのですが。
フロントダブルの新型8000系アルテグラをドライブトレインだけではなく、油圧ディスクブレーキにまで採用してきた最新鋭スペックで固めた点も心が躍ります。
ただ2×11SPEED仕様にして、長距離仕様のドライブトレインを選択してきた点が、センチュリオンならでは。
CENTURION(センチュリオン) 2018年モデル CROSSFIRE CARBON 4000 (クロスファイヤーカーボン4000)[レーサー][シクロクロスバイク]

2017年10月14日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 MERIDA GRAN SPEED250MD (グランスピード250MD) あさひ限定-I ( ;゚ω゚)……メリダあさひ限定エアロディスクフラットバーロード!!!!???



100000047163-l2.jpg
2018 MERIDA GRAN SPEED250MD (グランスピード250MD) あさひ限定-I
( ;゚ω゚)おおっ……メリダあさひ限定エアロフラットバーロード!!!!???
アルミエアロフレームになんと、REACTO5000に使用されていた「エアロホイールMERIDA SUPER AERO38」を採用した快速フラットバーロードですよ!! もちろんコンポもロード系スペック。

あさひ限定のメジャー系クロスバイクといえば、FUJI SPARROWが有名ですが。
今度はメリダとあさひがタッグを組んだか。

フレーム設計からスペックまでこだわったあさひ限定のエアロフラットバーロード。
このダイナミックなエアロフレームはもちろんあさひ限定。
グランスピード250MDエアロフレームは空気抵抗が少なく、日常使いでも疲労軽減の効果が期待されます。
( ;゚ω゚)普段使いの空気抵抗……GIANT FCR1みたいなTT系フラットバーロードを思い出させるな。
100000046874-l0.jpg
2018 MERIDA REACTO400
100000047163-l0.jpg
2018 MERIDA GRAN SPEED250MD
なるほど。「GRAN SPEED250MD」は メリダアルミエアロロード「REACTO400」とは全然別のフレーム形状ですね。
エアロスローピングフレームと言った所か。
直進安定性の高いジオメトリーを採用しているので、普段使いでも疲れにくく、通勤やツーリングでの使用を想定している。
リムハイトは38mmを採用しており、巡航速度の維持のしやすさはもちろん、街中でのストップアンドゴーでも疲れにくい。
しかも、全天候に対応可能なメカニカルディスクブレーキを採用。
100000047163-l3.jpg
100000047163-l1.jpg
フレームカラーは、ブラックとホワイトの2色展開。
(´・ω・`)おおっ、ホワイトが用意されているとは……ちょっと今までのメリダ系クロスバイクにはないカラーリング。
100000047163_17.jpg
ハンドルバー Merida Speed Alloy, 5', Flat Bar 31.8D BLK L:560
100000047163_04.jpg
シフター Shimano Claris ST-RS200 2x8S
視認性の高いオプティカルギアディスプレイにラピッドファイヤープラス搭載。
メインコンポにはクラリスを搭載……って。
( ;゚ω゚)……ロード系クラリススペック&ディスクで販売価格69,980円(税込)???
随分価格を抑えているではないですか?
100000047163_14.jpg
フォーク GRANSPEED AL BC straight O.S
ケーブル類はエアロフレーム内部に収納。
メリダのクロスバイクシリーズは、可能な限りインターナル仕様にこだわるのが伝統。
その伝統を、この限定モデルも引き継いでいますね。
100000047163_18.jpg
タイヤ・チューブ Merida K-193 700X25C F/V
タイヤはロードバイク規格でスタンダードになった25Cを採用。
100000047163_19.jpg
ブレーキセット Tektro MD-M280 160/140mm
100000047163_06.jpg
リム Merida Alloy 38mm 700C 24/28H BLK /CNC 2TCL
スポーク Stainless 14G*24/28H ED BLACK


REACTO5000に使用されていたエアロホイールMERIDA SUPER AERO38を採用!?ハイトが38mmなので巡航速度の維持のしやすさはもちろん、街中でのストップアンドゴーでも疲れにくいというアナウンスが。
( ;゚ω゚)……MERIDA SUPER AERO38って……普通にエアロカーボンロードに使用されていた奴ですよね。
どちらかというと巡行性能に強いホイールだった印象。
100000047163_09.jpg
100000047163_08.jpg
( ;゚ω゚)……あー、なんかメリダ側も絶対GRAN SPEED250MDで遊んでいるだろ?
ここまで派手にダウンチューブがホイールに沿ってえぐれた形状って、メリダ初なのでは?
100000047163_16.jpg
100000047163_02.jpg
大きく変形させたダウンチューブにリアホイールとのクリアランスを縮める扁平シートチューブは空気抵抗の軽減という機能面とエアロフレーム独特のボリューム感が圧倒的な存在感を醸し出します。
100000047163_13.jpg
F.ディレイラ― Shimano Claris FD-M2000
100000047163_11.jpg
クランクセット FSA TEMPO CK-C200TT 50x34T W/O CG 170L
100000047163_20.jpg
100000047163_21.jpg
ロードバイクやMTBに採用される「FLEX STAY」システムを、あさひ限定エアロフラットバーロードMERIDA GRAN SPEED250MDに搭載していると推測。
フラットバーアルミエアロロードということで、エアロ性能だけではなくパワー伝達性に優れるが、リジット構想ゆえにライダーを披露させる原因となる。
その為メリダ側では、シートステー、チェーンステーの形状を扁平化する事で、路面からの衝撃を吸収して快適性を向上する「FLEX STAY」マイクロサスペンションテクノロジーをこの限定モデルに投入。
可能な限りの、衝撃吸収対策を打ったのでは?
(´・ω・`)たしかにこのチェーンステー部はメリダモデルの特徴が出ていますね。
100000047163_01.jpg
R.ディレイラ― Shimano Claris RD-R2000SS 8S W/O BKT
ギア Shimano CS-HG50-8 11-28T


カセットスプロケットは、11T~28Tのセミワイドレシオなのでシフトチェンジがスムースでストレスが少ない走行性。
100000047163_03.jpg
サドル Merida Sport RAIL: Steel, W/Scale
シートポスト Merida 27.2D*300L, Alloy, BLK


ペダリングを妨げないノーズ形状とクッション性の高い座面で用途を選ばず快適なサドル。

適正身長:
165cm~(470mm)
170cm~(500mm)
重量:11.5kg(500mm)

( ;゚ω゚)……販売価格を抑えながらも、限界までフラットバーロードとしての機能を恐竜化させたかのような、モンスターモデルですね……
こういう色々な意味で弾けたフラットバーロードを紹介するのは久々かも。
メリダ [MERIDA] 【お店で受取り選択可】 GRAN SPEED250MD (グランスピード250MD) あさひ限定-I クロスバイク [CBA-1]

2017年10月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 CENTURION CROSSFIRE GRAVEL 3000 (センチュリオン クロスファイヤーグラベル 3000) センチュリオングラベルロードは、レアなネイビーブルー



ci-624619_2.jpg
2018 CENTURION CROSSFIRE GRAVEL 3000 (センチュリオン クロスファイヤーグラベル 3000)
グラベルロードのカラーリングって、渋いカラーが多いですが。
鮮やかなネイビーブルー(ライム)のモデルもあるんですね。

しかもドイツセンチュリオン新型グラベルロードモデルだったことが、実に意外。
今回は2018年のモデル年のクロスファイアグラベルは、クロスファイアー仕様をいくらか引き継いだグラベルロード版。
とはいえやはりシクロクロスモデルではない分、ロード寄りの仕様になっていてバイクパッキングに使えそうでいいな。
DSC_4619-e1485574780417dg.jpg
2017 CENTURION CROSSFIRE 2000
(´・ω・`)これはシクロクロスモデル2017 CENTURION CROSSFIRE だけど。
こんな感じでサドルバッグフレームバッグ、トップチューブバッグを取り付けて使ったら楽しそうだ。

ci-624619_3.jpg
今回のCENTURION Crossfire Gravelは、快適な着座姿勢、衝撃吸収タイヤ、長距離走り抜く為のマラソンランナー的な仕様が特徴。
運転特性と装備は長距離と快適性を重視して最適化。
フラットマウントブレーキパッドやバイクの傾斜した形状は、流れるような外観。

クロスファイアーグラベルはユーザーがが望むことができる最高のオールラウンドというのがテーマ。
(´・ω・`)確かにバイクパッキングスタイルではなくても、通常で使用してもかなりカッコ良さそうだ。
ただロード寄りのグラベルロードとはいえ、フレームやフォークはフルアルミなので、かなり堅牢な仕様に。
逆にそれがカッコいい。
ci-624619_4.jpg
2018年モデルの場合フロントはクイックレバー方式、リアはスルーアクスル方式とかいう話だけど。
軽量化とかホイール規格とか色々理由があるんですかね。
ci-624619_10.jpg
ハンドルバー PROCRAFT Gravel, dia.: 31,8 mm, reach: 8°1 drop: 130, bend: 6,4° flare: 10°
ci-624619_9.jpg
シフター シマノST-RS505
これで105ドライブトレインや油圧ディスクブレーキをコントロール。
リザーバータンクは握りの部分に配置されている。
ci-624619_11.jpg
フレーム CENTURION Crossfire Gravel
2018年モデルのクロスファイアーグラベルはアルミモデル2機種が担当。
ci-624619_8.jpg
ci-624619_22.jpg
フォーク センチュリオンリジッドアロイD-CX-28
カーボンではなく堅牢なアルミフォーク仕様。
ci-624619_6.jpg
ハブ PROCRAFT、QR
ブレーキ シマノBR-RS505
油圧ディスクブレーキ仕様。フロントはQR方式ですね。
ci-624619_14.jpg
フロントディレーラー シマノ105
ci-624619_13.jpg
クランクは105コンパクトクランク仕様。
基本的にドライブトレインは105で固めている真面目な仕様。
ci-624619_21.jpg
BB周辺の溶接部も綺麗に処理してある。
さすがメリダの兄貴分センチュリオン。
ci-624619_12.jpg
シートポスト PROCRAFT AL Race SB light dia.: 27,2 mm, length: 350 mm
ci-624619_18.jpg
サドル PROCRAFT Race II
ci-624619_17.jpg
タイヤ Schwalbe G-One Allround 40mm Perf
このタイヤは、グラベルロードで高い性能を発揮するようデザインされた専用タイヤ。
郊外の野原や砂利道、森の中の小道などで滑らかに転がる。
ci-624619_16.jpg
ci-624619_15.jpg
リアハブ PROCRAFT、12x142
ci-624619_24.jpg
(´・ω・`)流石にこの角度から見ると、エアボリュームが強烈ですね。

センチュリオングラベルロードは、レアなネイビーブルー
仕様がどうのこうのというよりも、デザインで惹かれてしまった……
CENTURION(センチュリオン) 2018年モデル CROSSFIRE GRAVEL 3000 (クロスファイヤーグラベル 3000)[レーサー][シクロクロスバイク]

2017年10月12日 トラックバック(0) コメント(0)

新型louisgarneau LGS-EA20-I 20インチ バナソニック製アシストユニットを掛け合わせた13.2Ahバッテリーを搭載して、バッテリー容量を一気にパワーUP !


100000046667-l1 (1)
2018 louisgarneau LGS-EA20-I 20インチ
新型ルイガノ電動アシストモデル「LGS-EA20-I 」が出ましたが。
(´・ω・`)今回はバナソニック製アシストユニットを掛け合わせた13.2Ahバッテリーを搭載して、バッテリー容量を一気にパワーUP
させたそうな。
img58131225cd.jpg
ブリヂストンJOSIS WGN EA(ジョシスワゴンEA)   
ルイガノ LGS-EA20-Iのフレーム自体はブリヂストン(ジョシスワゴンEA)を流用したと推測されます。
100000039806-l0xsa.jpg
前年モデル louisgarneau LGS-EA20
(´・ω・`)これは前年モデルであるLGS-EA20なんですが。バッテリー容量は8.9Ahでした。
つまり新型モデルのバッテリー容量は8.9Ah→13.2Ahへ、一気にパワーUP。
バッテリー容量が大きくなったおかげで走行距離も、一気に伸ばす事に!
ロングモード:約53km(2017年モデル)→ロングモード:81km(2018年モデル)

バッテリー容量の大きさはAh(アンペア)で確認出来る。この数字が大きければ大きい程、充電量が増し走行距離を伸ばす事が出来る。
以前は12Ahとなるとかなり大きいバッテリーサイズになったが。
最近はどんどんコンパクトが進んできた印象。
従来のサイズはそのままでも、いきなり容量がパワーUPしている場合も。
100000046667-l4.jpg
新型 louisgarneau LGS-EA20-I 20インチ
(´・ω・`)最近の電動アシストモデルの傾向として、ミニベロ系電動アシストモデルが流行しているそうだ。
20インチホイール仕様にすることで重量も稼げるし、その車体がコンパクトなので保管場所も確保し易い。
更に、小柄な女性なども扱いやすい点が好評の理由。

確かに電動MTBや電動ロードなど、スポーツバイクの分野に電動化が進んでいますが。
こういうシティタイプは、20インチホイール電動アシストモデルがトレンドになりつつある。
100000046667-l5.jpg
新型 louisgarneau LGS-EA20-I 20インチ マットホワイト
ちなみに現在のルイガノ電動アシストは、サイクルベースあさひが企画して行っている。
(´・ω・`)多分今回のサイクルモード サイクルベースあさひブースで、LGS-EA20-I の展示があるんだろうな。
100000046667_08cdas.jpg
デルタハンドル
スタイリッシュでスポーティなデザインで、適度なハンドル角で手首への負担が少なく、ステムと一体型で特徴的なボリューム感もオススメ。
100000046667_04.jpg
リトルLEDビームランプ
とても明るい1Wの超高輝度白色LEDを搭載したLEDライト。暗くなると自動的に点灯するオートライト式を採用。
100000046667_03.jpg
ハブ内蔵スピードセンサー
なめらかな走行をアシストするセンサーがハブに内蔵、見た目もスッキリ。センサーと駐輪機との接触による破損を抑える安心設計。
(´・ω・`)パナソニックブランドのセンサー類だから、割とパワフルなアシストを発揮すると期待。
100000046667_01.jpg
パナソニック製タフパワーユニット
よどみのない加速感が特徴のマルチセンサーを採用した信頼のパナソニック製タフパワーアシストドライブユニット。
(´・ω・`)ブリヂストン系フレームにパナソニックブランドドライブユニット。
基本的にフレームやドライブユニットは日本ブランドなので、信頼性が高い。
しかもデザインはルイガノ。
やはり2018年モデルも、夢の電動アシストモデルだ。
100000046667_02.jpg
バッテリー容量 約13.2Ah
走行距離 パワーモード:約50km
オートモード:約58km
ロングモード:81km

100000046667_06.jpg
タイヤサイズ 20x1.95
(´・ω・`)リアサークル錠にブリヂストンのロゴが確認出来る。
100000046667_07.jpg
キャリア:パイプC27(チャイルドシート取付不可)
特にLGS-EA20-I は、運搬性を強化したブリヂストン(ジョシスワゴンEA)のフレーム形状を引き継いだだけあって、リアキャリアーを搭載している。
乗り降りしやすい低床フレームを採用している点も大きい。
(チャイルドシートは取り付け不可なので注意)

変速:内装3段変速
100000046667_09.jpg
ルイガノコンフォートサドル
漕ぎ心地へのこだわりはもちろん、ノーズ部分にLOUISGARNEAUの文字をあしらったデザイン性も高いサドル。

(´・ω・`)ミニベロは、電動アシストモデルとして発展していく段階に入りつつありますね。
電動アシストとミニベロの親和性って、思いの外高いんだな……。
あの英国ブロンプトンですら、電動アシストに挑む時代になった訳ですし。
ルイガノ [louisgarneau] 【お店で受取り選択可】 LGS-EA20-I 20インチ 電動自転車 [CBA-1]

2017年10月11日 トラックバック(0) コメント(0)