スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び

限定モデル情報 数量限定2018 Bianchi cielo Shimano Altus Disc Brake

ci-216149-o16_2.jpg
2018 Bianchi cielo Shimano Altus Disc Brake

ヽ('∀`)ノ おお、シエロ出るのか……!!

2018年モデルでは、もうお目にかかれないかと思っていましたぜ!!
とりあえず急ぎ記事にしました。

(´・ω・`)楽天きゅうべい様の方で、数量限定でビアンキクロスバイク・シエロを入荷したそうです。
コンポーネントShimano ALTUS仕様、フロントトリプルリア8速のトータル24段変速。
しかも扱いやすい&乗り易い27.5インチ。

2018年モデルのビアンキは、ローマシリーズに力を注いでいるので、シエロは出ないかと思っていたのですが。

シエロって、2018年モデルビアンキのラインアップに見当たらなかったですよね?
マットチェレステ、マットブラック、マットホワイトの3色展開。
ci-216149-o16_3.jpg
【スペック表】
フレーム Alloy
フォーク Suntour SF14-M3030-A 27.5, Suspension 1.1/8"
重量 ‐
シフター Shimano ALTUS
フロントディレーラー Shimano ALTUS
シフター Shimano ALTUS
リアディレーラー Shimano ALTUS 8sp
クランクセット Shimano ALTUS, 42/34/24T, 170mm
BB Shimano BB-UN26 68x122.5
チェーン KMC 8sp
スプロケット Shimano CS-HG41 8sp 11-30T
ブレーキ Shimano BR-M375 Disc-Brake
ブレーキレバー Shimano BL-T4000
フロントハブ Formula CL-1420 100mm
リアハブ Formula CL-1422 135mm
リム Alex MD17 32H
タイヤ Schwalbe KOJAK 27.5x1.35
ペダル VP-519S

ci-216149-o16_1.jpg
いずれにしても限定カラー・数量限定の貴重な2018年モデルシエロになりそうです。
きゅうべい様の方でこの限定シエロを入荷したそうなので、急ぎの方はチェックなさってみては?
《在庫あり》【数量限定モデル】Bianchi(ビアンキ)cielo(シエロ) Shimano Altus Disc BrakeBianchi[クロスバイク][シティー・街乗用][27.5インチ]

2017年08月14日 トラックバック(0) コメント(0)

2018 FELT VR2 ULTEGRA Di2 DISC   同様のコンポ仕様のFELT FR2と比較してみる。

felt-vr2_2 (1)

2018 FELT VR2 ULTEGRA Di2 DISC

競技用テニスラケットやF1マシンにも採用されている超軽量&高剛性TeXtremeカーボンを採用。
更に、新型アルテグラDi2に Shimano BR8070油圧式ディスクまで付いてくるという……ちょっとした怪物仕様。

(´・ω・`)どうもフェルトは、「新型ULTEGRA Di2 DISC」仕様の完成車モデルVR2やFR2に、「TeXtremeカーボン」を積極的に採用していますね。
ディスクモデルにかなり贅沢なカーボン素材を用意している事が分かる。

エアロロード「FELT AR3」にだって、TeXtremeカーボンはまだ採用されていないのに。
フラグシップモデルの「FELT AR FRD」なら当然付いてきますが。



FELT VRシリーズの特徴
そもそもVRシリーズは、ブロックタイヤを装備することでグラベルロード風にオフロードにも対応可能ではないですか?
レース用に23Cタイヤを装着してもいいし、最大35Cタイヤまでいける。

基本的にロングライドがメインのモデルではありますが。
ダウンヒル以外なら、これ1台でほぼ全てのライディングに対応可能。

それにTeXtremeカーボンを持ってきているので、超軽量&強力過ぎるレーシング性能をFELT VR2は既に獲得して言う訳で。
サーキットではTeXtremeカーボンは驚異的なレーシング剛性と跳躍力を見せたが。
TeXtremeカーボンで砂利や悪路を走破すると、一体どんな感じになるんだろう?

悪路を走破しながら、一気にTeXtremeカーボンがレーシーな剛性を発揮したら楽しかろうな。
フレーム素材自体、強力なレーシング性能も既に有しているは間違いない訳で。
爆速で、悪路を駆け抜けてくれると大いに期待しているのですが。

だからこそ、Shimano BR8070油圧式ディスクまで最初から用意してあるのか。
felt-vr2_3.jpg
これは、Shimano -ST-R785 油圧式 Di2 ハイドローリック・ディスクブレーキ対応レバー?
油圧式&電動変速Di2に対応したSTIレバーで、Di2 11sにも対応しているし。

(´・ω・`)いずれにしても、疲労して握力が低下してもこれなら頼もしいな。
体力が絶望的疲労に追い込まれても軽い力で油圧ブレーキは操作可能だし。
felt-vr2_4.jpg
ブレーキ Shimano BR8070 油圧式ディスク、フラットマウント
リム/ホイールセット DT Swiss ER1400
12×142mmスルー
フォーク UHC Advanced+TeXtreme カーボンモノコック

felt-vr2_7.jpg
クランクセット FSA SL-K Modular Adventure BB386EVO NEW
felt-vr2_5.jpg
フレーム UHC Advanced+TeXtreme カーボン
felt-vr2_8.jpg
リアディレイラー Shimano Ultegra R8050 Di2 ロングケージ
felt-vr2_6.jpg
タイヤ Vittoria Rubino Pro G+folding、700×28c
【8/18 10:00より開始!スマホエントリーでポイント10倍!】【ポイント5倍!】FELT(フェルト) 2018年モデル VR2【ロードバイク】【8/21 9:59まで】



felt-fr2d_2.jpg
2018 FELT FR2 ULTEGRA Di2 DISC
FR2 は、「TeXtremeカーボン」を採用した強力な軽量オールラウンダーレーシングモデル。
フレームに関しては、ほぼ最強クラスのレーシングカーボン素材を用意していますね。

更に、新型アルテグラのDi2に Shimano BR8070油圧式ディスクまで付いてくるという……ちょっとした怪物仕様。
ヒルクライムからテクニカルなダウンヒルなどそこに至るまでの道がどんなに過酷でも、ライダーが最高のパフォーマンスを発揮できるようにULTEGRA Di2 DISC仕様にしたのでしょう。

シクロクロスやグラベルロードの様な走破性を重視したモデルではなく、あくまで「TeXtremeカーボン」が繰り出す軽量感を伴った高速性をコントロールする為のディスク化仕様。



FELT FRシリーズの特徴
走破性や長距離重視のVRとは異なり、FRはレーシングジオメトリー重視。
しかしながらロングライドに使用する為に28Cタイヤを装着可能。
レースでは23C、ロングライドでは28Cという使い分けだ。

felt-fr2d_3.jpg
こちらもShimano -ST-R785 油圧式 Di2 ハイドローリック・ディスクブレーキ対応レバーぽいですね。
(´・ω・`)あくまで画像からの推測ですが。
felt-fr2d_5.jpg
フォーク UHC Advanced+TeXtreme カーボンモノコック
リム/ホイールセット DT Swiss FC 1600 carbon disc
ブレーキ Shimano BR8070 油圧式ディスク、フラットマウント
12x142mmスルー

felt-fr2d_6.jpg
フレーム UHC Advanced+TeXtreme カーボン
タイヤ Vittoria Rubino Pro G+ folding、700x25c
クランクセット Rotor 3D30 UBB5

VRもFRも、シートステー部のブレーキを取っ払ったことで、シートステーサスペンション性能を重視している事が分かる。
felt-fr2d_7.jpg
リアディレイラー Shimano Ultegra R8050 Di2ショートケージ
VR2はロングケージで、FR2はショートゲージか。
(´・ω・`)両モデルの性格の違いが分かりますね。
felt-fr2d_8.jpg
felt-fr2d_4.jpg

(´・ω・`)FELT FR2と VR2の特徴をまとめるとこういうことになる。

FELT FR2 レース重視~ロングライド
FELT VR2  レース~ロングライド重視~悪路走破性


いずれにしても両モデル共に、最高クラスのカーボン素材と、Di2&油圧ディスクを完璧に用意している訳で。


【8/18 10:00より開始!スマホエントリーでポイント10倍!】【ポイント5倍!】FELT(フェルト) 2018年モデル FR2 DISC【ロードバイク】【8/21 9:59まで】

2017年08月13日 トラックバック(0) コメント(0)

今週のWiggleお勧め一覧8月5日 ニールプライド「Bura」「Zephyr」「Zephyr 」105スペックが30%OFF

今週のWiggleお勧め一覧8月5日です。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル アレ!? ニールプライド「Bura」「Zephyr」「Zephyr 」105スペックが一気に30%OFF!?
なんとニールプライド、名3モデルが同時セール展開ですよ……。
今現在ウィグルでは、ニールプライドとデローザブランドセール品の数がかなり動いているそうだ。

NeilPryde-Bura-105-2017-Road-Bike-Internal-Red-White-fweewf2017.jpg
NeilPryde - Bura (105 - 2017)
定価 ¥235500→30%オフ¥164850
5800系105を搭載した高性能カーボンレースバイク、ニールプライドBuraが、¥164850!?
安っ!!
100%東レカーボン C6.7を使用しているだけあって、フレーム重量950g (L/56cm) frame onlyの軽量ロードですね。
ハンドル&ステムは「FSA Gossamer」で統一。
ホイールは「Fulcrum Racing Sport」

アルテグラ仕様は現在20%OFFですが、この105仕様はなんと30%オフ。

NeilPryde-Nazare-105-2017-Road-Bike-Road-Bikes-Red-Whitegsr-2017.jpg
NeilPryde - Nazare (105 - 2017)
定価 ¥235500→30%オフ¥164850

NeilPryde-Zephyr-105-2017-Road-Bike-Road-Bikes-Black-Blue-White-2017.jpg
NeilPryde - Zephyr (105 - 2017)
定価 ¥235500→30%オフ¥164850

直進安定性だけに依存していない、万能エアロロードNazareや長距離用ZEPHYRもなんと30%OFFを現在継続中。

( ;゚ω゚)……なんや、これ……
¥164850で、「Bura」「Zephyr」「Zephyr 」105スペックが選べてしまうではないですか?



どうもニールプライド105スペックを中心に30%OFFセールをウィグルは展開している模様。
アルテグラですと、大体20%OFFがメインですね。

ニールプライドは、フレームごとに使用目的別に最適化された走行性能を有するので面白いんですよね。

やはり、個人的には新型エアロ「Nazare」が一番欲しい。価格的には一番美味しいかな。
(´・ω・`)あの超精密なスピードコントロール性能がいいんですよ。
即、自分が欲しい速度にエアロフレームが対応してくれるし。
NeilPryde 最大30%オフ



De-Rosa-Idol-Caliper-Road-Bike-Dura-Ace-2017-Internal-White-Black-2017-DER-IDOL-RC-WB-49.jpg
De Rosa - Idol Caliper (Dura Ace - 2017)
定価 ¥642800→25%オフ¥482100
(´・ω・`)De Rosaは、大体15~25%OFFがメイン。
流石にSK Pininfarina 辺りは15%OFFですが、このDe Rosa - Idol Caliper (Dura Ace - 2017)あたりなら25%OFFの模様。

超走りが美麗な「DE ROSA IDOL」。
Dura Ace のギアとブレーキキャリパーを完全搭載したモデルですよ……いいなあ……。

快適性と剛性が入り混じったかのような、優雅な走行感がたまらない。
優雅な衝撃吸収性を愉しむ為のモデルでして、デザインと走りの性能が完全に一致する、綺麗なカーボンモデル。
ある意味外見を裏切らないデローザモデルと言えるのでは?

De Rosa最大40%オフ

2017年08月12日 トラックバック(0) コメント(0)

「BROMPTON x BARBOUR 」BROMPTON M6L  英国王室御用達ブランドバブアー&英国ブロンプトンのコラボ

Barbour Brent Jacket LCA0199OL51 (4)
0000010197_grande.jpg
「BROMPTON x BARBOUR 」BROMPTON M6L
イギリス王室御用達(ロイヤル・ワラント)ライフスタイル&アウトドアブランドの「BARBOUR」
同じく英国ブランドの「BROMPTON」がコラボしたモデルが出ました。

モデル:BROMPTON M6L
価格:\232,000(税別)

仕様:
・Mハンドル
・6段変速
・Deep green(Gloss)フレーム
・Brooks B17(Brown)サドル
・シルバーマッドガード
・コラボレーションデカール
・コラボレーションIDプレート
・Tarras(Bag)付属

0000010198_grande.jpg
(´・ω・`)BROMPTON x BARBOURコラボバッグ「Tarras」もブロンプトンに付属してくるのか。

ワックスドコットンキャンバスに、タータンライニング仕様。
単体での発売もあるそうで。
Barbour Newham Jacket MCA0456OL51 (3)
他にもBROMPTON X BARBOURのダブルネーム入り、ジャケット「Classic Wax Jackets」や、
「Lightweight Jackets」などアパレル関係のコラボ商品も展開するそうです。

ブロンプトンモデルだけの展開かというとそうではないのか。
厳選されたアウターウェアを着ながら、自由にバイクに乗るというシーンを想定した特別なバイクとアパレル(ジャケットとバッグ)のコレクションになる。

アパレル関係のコラボ商品とバイクを英国系ブランドが、手を取り合って同時展開ってカッコいいですね。
0000010195_grande.jpg

1894年イングランド北東部サウスシールズ創業の英国バブアーブランド。
オイルドクロス製の防水ジャケットは耐久性が高く、瞬く間にバブアーの名声を広めていきました。

第一次、第二次世界大戦中には、防水服を英国軍に供給しており、その高い機能性は、第二次世界大戦時、潜水艦ウルスラの公式搭乗員服として採用。

英国バブアーブランドはライダーズジャケット、ハンティング、フィッシング、乗馬といった英国アクティビティと深い関わりを持っている。
0000010196_grande.jpg
カントリー・ジェントルマンの装いを彩り、英国を代表するアウトドア・ライフスタイルブランドとしての確固たる地位を築きました。
(´・ω・`)だから、このコラボモデルは英国感が強烈な上に、アーミーなアウトドア感もある訳か。
Deep green(Gloss)フレームカラーって、BARBOURのジャケットカラーと見事にリンクしていますね。
22_06_17_BARBOURXBROMPTON1442 copy
「BROMPTON x BARBOUR 」BROMPTON M6Lは、バイクの他にジャケット類などをトータルでコーディネート提案をしている点がユニークです。
ブロンプトンだけではなく、ウェアーなども英国系でコーディネートしたい方にいいのではないでしょうか?
【Sale/中古】R)ブロンプトン BROMPTON S6L 6速 2016年モ...

2017年08月11日 トラックバック(0) コメント(0)

2018年DAHONモデルって、次第にポーテビリティ(持ち運び)性を重視し始めているのだろうか?

(´・ω・`)今日は、雑談で。
それはそうと、2018年モデルにおけるDAHONの暴れっぷりは凄まじいですね。
先行で2018年モデルを2台出してきましたが……正直心が弾みますよ。



( ;゚ω゚)DAHON史上最軽量モデル「DOVE PLUS」が、楽天ハクセン様の方で遂に完売してしまったらしい……
早っ!!
も、もう??
この間、発売のアナウンスがあったばかりだというのに。
ダブプラスの車体重量6.97kgという数字は、やはりショッキングですよね……
やっぱり、6kg台というのが受けたか……

(´・ω・`)つまりやり方次第で、小径車市場はまだまだいけるということか。



( ;゚ω゚)でもって、DAHONブランド創設35周年イヤーモデルに、「DAHON CURL」を一気に市場投入ですよ。
この流れ、ありえない……
なんでいきなり、こういうぶっ飛んだブロンプトンキラーモデルを市場投入してくるんだろ!?
素晴らしいですね。

ただ、「DOVE PLUS」は6kg台なので折り畳んで持ち運ぶ際、重量面での負荷が少ないですし。
逆にDAHON CURL I8は58x54x27cmというコンパクトなサイズを実現。

(´・ω・`)もしかしてここ最近のフォールディングモデルは、次第にポーテビリティ(持ち運び)性を重視し始めているのだろうか?
もしかしたら、2018~2019年にかけて小径車関係は転換期にきているのかもしれない……
なんか色々が事が変化している感じがする。
20141123103229594ggdwwere.jpg
DAHON MU ELITE
ダホンとかターンなどは、今まで高速性やスポーツ性能を重視していましたよね?
DAHON MU ELITEなんかは、長距離を走破することを目的としていましたし。

少なくとも国内販売系のダホンに関しては、ここ最近方向性が少しずつ変わってきた印象を受けません?
間違いなく持ち運び重視の、モデルが増えてきつつあある。
(しかも、現に売れ筋になりつつある)


やっぱり2017年に市場を席捲した、ルノーウルトラライトブームが原因なんでしょうか?
折りたたみ自転車本来の長所、収納性や持ち運びの簡易さに注目が集まってきたのかもしれませんね。

2017年08月10日 トラックバック(0) コメント(1)

2018 FELT AR3  フェルトが導きだした、人体とバイクにおける空気抵抗の比率とは??

cc-felt-ar3_2.jpg
2018 FELT AR3 ULTEGRA 11SPT
注目の新型ULTEGRA仕様2018 FELT AR3。
いきなり完成車の時点でカーボンディープリムホイールを実装しているのか。
このAR3はフレームやパーツのエアロ性能を充実させ、他社のエアロロードに対して圧倒的なエアロ性能を獲得しているそうな。

なんでも、他社のエアロロードと一緒に風洞実験を行って、徹底的にエアロ性能を極めたそうで。
CFDコンピューター流体解析だけでなく、実際に他社製品と比較しながら風洞実験をやってしまうところが、エアロロードの老舗FELTらしいですね。
05fw.jpg
因みにフェルトでは以下の手法で、エアロ性能をテストする。
①CADで設計した基本デザインをCFD(コンピューター流体解析)で検証

②次にCFDで結果の出たデザインで実際にモデルを作成し、最新の風洞実験を行い、細部の修正を繰り返す。
02vadf.jpg

(´・ω・`)恐らくCFD(コンピューター流体解析)をクリーアーした後、風洞実験において実際にARモデルと他社の比較を行ったのでは。一体ARモデルと比較実験した、他社モデルってなんだろう?? 確実にFELTが注目しているエアロロードなのは間違いないのですが。
cc-felt-ar3_9.jpg
2018 FELT AR3 ULTEGRA 11SPT

今回の最新2018年モデルAR3はパーツ面実に充実していて、最初からいきなりEASTON EC70 AERO ロードバーを採用しているようですね。
ステムもEASTON製の模様。

2017年モデルは販売価格36万円台前後だったFELT AR3は、今回販売価格: 462,240円(税込)ですが、パーツやホイールを充実させてきた上乗せ分の模様。
しかも新型Shimano Ultegra R8000採用な上に、タイヤはContinental Grand Prix4000SII。
そこまでエアロロード完成車に、ここまで豪華なパーツを持ってくるなんて凄いですね。

cc-felt-ar5_2.jpg
2018 FELT AR5 105 11SPT
その代わりエアロフレーム目的ならAR3と同様のフレームを採用している、AR5でも面白いのではないでしょうか?

AR3と同じく、UHC Performance カーボン、スレッドBB シェル&105仕様で販売価格:289,440円(税込)
ARシリーズの中で最もコストパフォーマンスに優れたモデルとして、2018年モデルも人気が出そうです。
更に今回の新型2018年モデルAR5から、エアロロードらしくディープリムホイールをしっかり持ってきたそうだ。

こっちはフェルト伝統のカラーリングですね。ブラックなマットカーボンカラーにちょっとレッドをあしらっている。
(´・ω・`)ただ、カラー的には個人的にブルーなAR3のほうが好み。
cc-felt-ar3_6.jpg
新しくなったばかりのNewULTEGRA(R8000)でアッセンブルされたコンプリートバイク。
cc-felt-ar3_11.jpg
cc-felt-ar3_10.jpg
cc-felt-ar3_5.jpg
ブレーキ Shimano Ultegra R8000、(F) dual pivot
cc-felt-ar3_4.jpg
フォーク UHC Advanced カーボンモノコック、カーボンコラム
フレームの内側には美しいグラデーションペイントが施される。
cc-felt-ar3_3.jpg
cc-felt-ar3_12.jpg
フレーム UHC Performance カーボン、スレッドBB シェル
cc-felt-ar3_14.jpg
クランクセット Shimano Ultegra R8000
リアブレーキ Shimano Ultegra R8000 (R) direct mount
cc-felt-ar3_13.jpg
フェルトによると空気抵抗はライダーの人体が75%、バイク25%の比率だそうだ。
(´・ω・`)つまりエアロロードは25%の空気抵抗をいかに削るかで、しのぎを削っている訳で。
高速になればなる程、空気抵抗は速度の2乗の割合で増大する訳か。

じゃあつまり何さ?

高速で更に速度が飛躍的に伸びていくエアロロードって、相当高レベルでエアロ性能を獲得しているという事??
特に最新鋭のエアロロードってその傾向が強いな……と体感的に思っていたのですが。
cc-felt-ar3_16.jpg
cc-felt-ar3_17.jpg
cc-felt-ar3_18.jpg
cc-felt-ar3_19.jpg
ホイール Devox 55 tubeless ready carbon
タイヤ Continental Grand Prix4000SII700cx23c

【先行予約受付中】FELT(フェルト) 2018年モデル AR3[カーボンフレー...

2017年08月09日 トラックバック(0) コメント(0)