スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び

2017 GIOS SPAZIO FLAT(ジオス スパジオフラット) ビンテージ感の強いクロモリクロスバイク ツーリングにも使用可能


imgrc0063409174.jpg
2017 GIOS SPAZIO FLAT(ジオス スパジオフラット)
レトロなクロモリツーリングバイクSPAZIOのフラットバーモデルです。
変速操作はWレバーで行うタイプですが、なんとライザーバー
仕様なのでリラックスしたポジショニングが可能。
ビンテージ感が強いのに、ライザーバー仕様というスタイルが受けて
ロングセラーになっているモデルでもあります。

更にはスギノのフロントトリプル仕様なので、ツーリングや街乗りなど
様々な状況に対応可能。
胴抜きデザインもイタリア国旗トリコロールカラーなのでイタリア感
が強調されている。
imgrc0063409173.jpg
シルバーのライザーバー仕様。しかもシルバー系パーツで
光沢感を強調。
Wレバー変速仕様なので、シフターがハンドルに装着されておりま
せん。ですのでハンドル周りはシンプル。

imgrc0063409172.jpg
ライザーバーなのでアップライド仕様ですが、後日フラットバー
化してスピード系フラットバーロード風に楽しむことも可能。
imgrc0063409171.jpg
ブレーキ TEKTRO RX-3 Vブレーキ
シルバーが美しい鍛造アルミニウム製TEKTRO RX-3 Vブレーキ
を採用。
ジオス スパジオフラットは伝統的に、シルバー系パーツに
こだわったモデル。
(以前はあえて、シルバー系旧パーツを採用することもあった)
imgrc0063409170.jpg
フォーク クロモリ
という訳で、シルバーメッキが美しいラグ付きクロモリフロ
ントフォーク仕様。
徹底的にビンテージ感にこだわっています。

更にリムもシルバーで、アメクロタイヤを装着。
imgrc0063409169.jpg
タイヤ KENDA 700X28C
やっぱりSPAZIO FLATのタイヤにはアメクロが良く似合います。

しかもドロップハンドル仕様ではないので、誰でも気楽に
乗りこなせるのがいいですね。
imgrc0063409168.jpg
シフトレバー SHIMANO BL-R400 ダブルレバー
imgrc0063409167.jpg
imgrc0063409166.jpg
ホリゾンタルフレームですね。レトロなの伝統的ロードバイクの
シルエットを再現したデザイン。
imgrc0063409165.jpg
imgrc0063409164.jpg
F/ディレ-ラ SHIMANO CLARIS
R/ディレ-ラ:SHIMANO CLARIS
クランクセット SUGINO 48/38/28T
フリーホイール CS-HG50 11-28T
変速 24 SPEED

コストを抑えつつ、シルバーなシマノクラリスディレーラーを
採用。

imgrc0063409162.jpg
重量 10.9KG
適合身長 490mm/158cm~175cm
       520mm/170cm~180cm

リアキャリアなども取り付けできる拡張性を持っています。
荷物を搭載してのツーリングなどもこなせるバイクに仕上がっています。
imgrc0063409163.jpg
imgrc0064973830gre.jpg
2017 GIOS SPAZIO DROP
逆にドロップハンドル仕様のSPAZIOが欲しかったら、PAZIO DROPが
あります。
こちらはフロントキャリアーに泥除け付き。
あと泥除けが付いているので、ブレーキがカンチ仕様になっています。

これなら即ツーリングに投入可能。
2017モデルGIOS(ジオス)SPAZIO FLAT(スパジオフラット)ツーリングバイク【送料プランB】 【完全組立】

2017年02月14日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 BIANCHI JAB SPORT 650B ストリートを想定したTHICKSLICKブランドのフルスリック仕様!

imgrc0065872741.jpg
imgrc0065872748.jpg
2017 BIANCHI JAB SPORT 650Bマウンテンバイク マットブラック
タイヤ WTB THICK SLICK 27.5X1.95

2017年モデルビアンキMTBのJAB SPORT 650Bってストリート
系仕様のデザインと仕様にこだわった感があります。
なぜなら最初から1.95サイズのストリート系THICKSLICKスリックタイヤ仕
様なんですね。

2017年モデルからビアンキクロスバイクで採用が確認された
MTBパーツメーカー「WTB」が街乗りを意識して送り出したブランド
FREEDOM BICYCLE byWTB THICKSLICKがMTBにも使用するとは
面白い事考えていません?

ブロックタイヤではなくTHICKSLICKブランドのフルスリックですからね。

THICKSLICKのロゴが、これでもかと目立ちますね。
最初からストリートを、MTBで走破することを念頭に置いているのかな。

最初MTBを購入して、後日タイヤをスリック化するのは良く
ある話ですが。
最初から、ストリート仕様のフルスリック仕様というのも面白そうだ。
imgrc0065875510.jpg
imgrc0065875502.jpg

2017モデル BIANCHI ROMA3 CLARIS
そういえば2017モデルBIANCHI ROMAシリーズにも好んで
THICKSLICKブランドを採用しています。

JAB SPORTやクロスバイクローマシリーズの設計者というか
デザイナーさんは同じ方かな?


いずれにしても、都市のコンクリートジャングルにおける
過酷な路面環境にも強いフルスリックタイヤを用意してくれた
訳だ。

imgrc0065872744.jpg
フォーク SUNTOUR M3030 75mm
トラベル 75mm
スプリング コイル

XC/マラソン向けのサスペンションフォーク。
フロントサスペンションにはロックアウト機構も搭載。
街乗りでサスの動きが邪魔な場合は、固定可能。

さすがに上位モデルの様にリモートロックアウトや
100mm以上のストロークは搭載されていませんが。
街乗りには十分かと。

ブレ-キ SHIMANO TX805メカニカルディスク
imgrc0065872745.jpg
フレーム JAB27.5アルミ
imgrc0065872746.jpg
Fメカ・Shimano /Rメカ・Shimano ALTUS
クランク SHIMANO FC-TY701 48/38/28T
シフト Shimano HG31 11-30T
変速 24段変速

imgrc0065872747fu.jpg
サドル VELO VL-1745
imgrc0065872738.jpg
imgrc0065872749.jpg
チェレステ
imgrc0065872739cd.jpg
imgrc0065872750.jpg
マットシルバー
Shimano ALTUSをメインコンポに採用した24速仕様の
メカニカルディスクMTBだけど。
とことんストリート仕様MTB仕様としてのデザインにこだわって
いますね。

特にこのマットシルバーなんて、クロスバイクには表現できない
ストリート感が出ています。

imgrc0065872631dew.jpg
2017 BIANCHI JAB ADV
先日紹介したBIANCHI JAB ADVなんかも27.5X2.00 の
スリックタイヤ仕様。
ツーリングMTB的仕様の提案が、展示会でなされている。
確かに長距離を走破する際に、スリックタイヤ仕様なら
使い易いですよね。
それなりの走破性も付いてきますし。
タイヤは1.25まで細くすることが可能なので、クロスバイク的な
使用方法も楽しめる。
【2017モデル 】BIANCHI(ビアンキ)JAB SPORT(ジャブスポーツ)650Bマウンテンバイク【送料プランB】 【完全組立】

2017年02月13日 トラックバック(0) コメント(0)

2017 Bianchi IMPULSO 105 コストを抑えつつ、レーシング性能を有したビアンキモデルが欲しかったら INTENSO 105でいいんじゃないですかね?


17bianchi181.jpg
17bianchi182.jpg
2017 Bianchi IMPULSO 105 税込 158,814 円 MattBlackCelestedecalカラー
これが IMPULSO 105における一番人気のMattBlackCelestedecalカラー。
IMPULSOって、どうして走りがいいんでしょうね?
ゼロ加速時における加速も軽いし、スピードコントロール性能も優秀。
公式では8.97kgか。

衝撃吸収性は標準クラスとはいえ、石畳で走行しても速度や加速を殺
さない、実にいい走りをするフレームです。

下手なカーボンフレームよりも、加速性が優秀ではあるけど。
やはり先日も書いたけどフレーム形状の勝利ですよね。
IMPULSOはその類のアルミモデル。
17bianchi121.jpg
2017 Bianchi INTENSO 105 税込 209,304 円

エントリーカーボンモデルの「INTENSO 」の場合は、アルミモデルのIMPULSO
と全然異なり、巡行中スピードが上がってからの、速度の伸びが持ち味。
時速25~30km辺りからの、加速というか突進力はエントリーカーボンにしては
なかなか美味しい。

ゼロ加速性能はおっとりしているけど、衝撃吸収性にはあまり依存していない
エントリーレーシングモデル。
(ぶっちゃけ、エントリーカーボンながらレーシング性能を強化してあって
個人的に好きだ)
17bianchi186.jpg
2017 Bianchi IMPULSO 105 税込 158,814 円 Celesteカラー
ただゼロ加速性能と加速性能はアルミ特性を最大限に生かした IMPULSO
のほうが上なんですよね。
少なくともゼロ加速時における脚への負荷は IMPULSOのほうが上なのでは?
(逆に、速度が伸びてからの加速はINTENSOのほうがいいかもしれない)

両モデル共に、どういう訳かレーシング性能を視野に置いたビアンキロード
な訳ですけど。
ただ、 Bianchi INTENSO 105の場合カーボンなので20万は用意しないといけない。
コストを抑えつつ、レーシング性能を有したビアンキモデルが欲しかったら
INTENSO 105でいいんじゃないですかね?
15万程度で、なかなか美味しいフレーム性能は手に入りますよ。
17bianchi188.jpg
ビアンキカラーの場合は、fi'zi:k ARDEAもチェレステカラーでカラー
コーディネートしてある。
シートクランプも、ビアンキカラーに処理されている。
どういう訳か? IMPULSOはカラー面でも、デザイナーの愛情を感じる。

17bianchi185.jpg
マットホワイトカラーの場合は、ドロップハンドルの下部分いわゆる「下ハン」
がチェレステに。
17bianchi183.jpg
クランク Shimano 105 50/34T 165/165/170/170/170/172.5mm
ちなみにMattBlackCelestedecalが一番人気。
ブレーキに至るまでフル105スペック

17bianchi187.jpg
フレーム Full Alloy Hydroforming Triple Butted
ブレーキ  Shimano 105
17bianchi189.jpg
リアディレーラー Shimano 105
カセット Shimano 105 11sp 11/28T
ホイール Shimano WH-RS010
タイヤ Vittoria ZAFFIRO RIGID 700Cx25C

WH-R500の後継機種として、10/11Sのスピードに対応したエントリ
ーモデルのホイールShimano WH-RS010を採用。
ビアンキ 2017年モデル インプルーソ 105 / IMPULSO 105【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

2017年02月12日 トラックバック(0) コメント(0)

今週のWiggleお勧め一覧2月11日 Cinelli Saetta Radical Plusがじわじわ売り上げ上位に食い込んできた

fulcrum-racing-zero-carbon-life-image-02.jpg
(´・ω・`)今週のWiggleお勧め一覧2月11日です。

Cinelli-Saetta-Radical-Plus-105-2016-Road-Bike-Road-Bikes-Black-Red-Clearance-TD212DS.jpg
Cinelli - Saetta Radical Plus (105 - 2016)
定価 ¥220499➝35%オフ¥143324
イタリアンブランドのチネリ サエッタラディカルプラスではないですか。
(´・ω・`)チネリの快適スローピングレーシングカーボンロードですね。
地味にウィグルで売り上げをじわじわ伸ばしてきているモデルです。
日本国内だと20万は軽くしますけど、14万円台で買えるのか……

チネリといえばエアロスチールモデルCinelli Laserが素敵ですが、それを
スローピングカーボン化したようなデザインですね。
(特にヘッドチューブあたりのエアロ形状が)

Cinelli の万能のレースジオメトリにより、快適さとコントロール性を提供。
フレームはColumbus Monocoque
105スペックリア11速で、クランクはFSA。

shimano-ultegra-6800-wheelsetvfgs.jpg
Shimano - Ultegra (アルテグラ) 6800 ホイールセット
定価 ¥67169➝52%オフ¥32099
全く新しくなった Ultegra 6800 11スピードチューブレス/クリンチャーホイー
ルセットです。 このホイールセットには、Shimano のホイール製作におけ
る最先端のテクノロジーが採用されています。 低摩擦シールにより、回転
の滑らかさを損なうことなく、水や泥の侵入を効果的に防ぎます。

fulcrum-racing-speed-35-dl-wheelsetku.jpg
Fulcrum - Racing Speed (レーシングスピード) 35 Dark チューブラーホイールセット
定価 ¥268687➝51%オフ¥131314
Racing Speed 35 は、急な坂も難なく登れる軽さと、強豪スプリンター
も満足する反応の良さ、貴重なエネルギーを無駄にしない空力性能
を特長とした、高性能の万能ホイールです。

fulcrum-racing-zero-2015-i8yjrwheelset.jpg
Fulcrum - Racing Zero (レーシングゼロ) カーボンクリンチャーホイールセット
定価 ¥252882➝50%オフ¥124444
なめらかで細いFulcrum カーボンクリンチャーホイールは、セットで
重量約1358gです。これらのRacing Zero の特徴は、カーボン30mm
リム、エアロアルミニウムスポーク、カーボンおよびアロイハブ、そ
してロードへの最適な動力伝達を行なう優れたハンドリングです。

campy-scirocco-35-wheelshukgjyfetkg.jpg
Campagnolo - Scirocco (シロッコ) 35 クリンチャーホイールセット
定価 ¥48520➝¥23972 - ¥26364
Scirocco 35 の最新型 35mm ディープセクションリムは、空気抵
抗を受けにくい構造で、しかも強い横風の中でも楽にハンドリン
グができます。 また、感度が伝わりやすく軽量ながら、アルミニ
ウム製のブレーキ面を持つ標準的なクリンチャーリムの利点も
兼ね備えています。

shimano-rs330-wheelsetnfte.jpg
Shimano - RS-330 アロイクリンチャーロードホイールセット
定価 ¥39511➝49%オフ¥19798
RS330 は、抜群の耐久性と性能を発揮するクリンチャーホイ
ールセットです。8/9/10/11 スピードドライブトレインシステム
に対応します。 空力性能と強度に優れ、トレーニングに適し
たお手ごろ価格のホイールセットです。

2017年02月11日 トラックバック(0) コメント(0)

NAROO MASK(ナルーマスク)  スギ・ヒノキ花粉を除去&UVプロテクション97%の高機能スポーツマスク

DSCN4775few (1)
DSCN4779fedew (1)
(*T^T)ズルズル
あー、とうとう花粉の季節到来だ……
毎年、毎年この季節は花粉で凹みませんか?
バイクで走った後は、まるで風邪ひいたみたいに顔が赤くなりますよ。
まったくもう……
マスクはなんか息しにくいし……

でこれはNAROO MASK(ナルーマスク) という
スギ・ヒノキ花粉を除去します。UVプロテクション97%の高機能スポーツマスク
だそうだ。
サイクルモードのブースで、業者の方から色々アドバイスを受けてみました。
DSCN4773few (1)
第一印象。NAROO MASKはなんかかっこいい!
(少なくとも、白い使い捨てマスクよりははるかにマシだ)

高機能のフィルターが搭載されたスポーツマスクで花粉をブロック
てくれるそうだ。
でもって、フィルターを交換するのかどうかスタッフ様に訪ねたところ
洗うだけでいいらしい。
新技術のマイクロネットフィルター構造のスポーツマスクで、、中性
洗剤で洗えばいいんだってさ。
見ての通り、顔の密着度が素晴らしい。エアロ効果も稼げる?
DSCN4775few (2)
マスクの生地本体がフィルター機能を備えているのか。
だから、フィルターの交換がいらない訳ですね。
前後に2タイプのフィルターポイントが有り、外気の状況に応じて使い分けが可能。
(前面の目の粗いフィルターと、後面の目の細かいフィルターをリバーシブル)

DSCN4772dqw (1)
712vaXcv.jpg
サイクリング、ジョギング、クライミング、モーターバイクなど様々なスポーツシー
ンに対応。ウインタースポーツでのゴーグルの曇りを防ぐという点が個人的に
ありがたい。
(あと実際バイクに乗ったときの呼吸はどんな感じなんだろう? 楽らしいが)

DSCN4782.jpg
AROO MASK Xシリーズの数値(X5sの5の部分)は、マスクの生地の厚さを表
しているそうな。
X1は最も薄い夏用マスク、X5およびX5sは真夏以外のマスク、X9は冬用の厚さが
大きいマスク……
という事は、X5s辺りから試してみるか……
DSCN4779few (2)
DSCN4773few (2)
NAROO MASK X1 スポーツ用フェイスマスク夏用 UVカット日焼け防止
ああ、なるほど。これが夏用か。
UVプロテクション97%の高機能スポーツマスクでもあるのか。

よく考えたら、かなり日焼けするのでNAROO MASK X1は夏用にいいな。

DSCN4778few (2)
NAROO MASK X5h ハーフバラクラバ 目出し帽 フェイスマスク
スケボーやサバゲーユーザーが愛用しているモデルらしい。

DSCN4778few (1)
NAROO MASK UVカットフェイスマスク NAR-X9
これが冬用の、防寒タイプか。
防寒対策でナルーマスクを使用するのもありなんですね。
DSCN4772dqw (2)
とりあえず、リアルに今年花粉が凄いらしいので、X5sあたり購入してみる
か。
後日実際にナルーマスクのレビュー記事をUPする予定。

2017年02月10日 トラックバック(0) コメント(2)

2017 Bianchi INTREPIDA 105 驚異の17万円台、フルカーボン105スペックのビアンキロード!

17bianchi141.jpg
2017 Bianchi INTREPIDA 105
( ;゚ω゚)おおおぅ……驚異の17万円台(定価は18万円台)、フルカーボン105スペックのビアンキロード INTREPIDA 105です……。

17万&105なんて以前はアルミが限界でしたのに、気軽にリア11速カーボンが
手に入る時代になってしまいましたね。
しかもINTREPIDA 105の場合、ブレーキやハブまで105仕様。

一見スペックの高さが気になりますが、本当に注目して欲しいのが
INTREPIDAフレームですよ。
カーボン素材というよりはフレーム形状で、実に美麗な快適性を
実現させたフルカーボンフレームなんですから。

ちなみに上位カーボンモデルのインテンソの方には、フレームに
カーボン素材にケブラーを挿入することで、路面からの振動
吸収性を高めてある。ですので衝撃吸収性はインテンソの
方が理論的には高いはずなんですが……

どういうわけか、石畳を試乗した際はこのINTREPIDAの方が
衝撃吸収性と走りの美しさは格上に思えた。
多分フレーム形状を工夫してINTREPIDAは高い衝撃吸収性を
獲得しているのでは?
17bianchi111.jpg
2017 BIANCHI INTENSO Ultegra
ただINTENSOの方は、あくまでレーシングフルカーボンモデルでは
あるから、ノーマルクランク仕様のアルテグラスペックが
用意されてはいます。
INTENSOフレームって、走りが戦闘的だし。加速が確かにいい!
やっぱりINTENSOは戦闘機なんですね。INTREPIDAは高級旅客機
みたいな感覚。
17bianchi148.jpg
ステム Kalloy AS-M0190/100/100/110mm
ハンドルバー JD-RA38A/JD-RA35A 31.8mm380/400/400/420mm

シフター Shimano 105
フォーク Full Carbon 1.1/8"-1.5"
17bianchi143.jpg
フレーム CARBON
短めのトップチューブに、長めのヘッドチューブ。
アルミモデルのニローネと比較すると、圧倒的に衝撃吸収性が上。

コンフォート性能を高めたフレームなので、価格以上の価値がある。
コンフォート系フレームを手に入れる目的で購入しても全然OK。
17bianchi147.jpg
フロントディレーラー Shimano 105 34.9mm
クランクセット Shimano FC-RS500 50/34T 165/170/170/172.5mm


今や貴重な5アームクランク。
最近はSORAまで4アームクランク化してしまいましたし。
17bianchi149.jpg
ブレーキ Shimano 105
17bianchi145.jpg
サドル San Marco ERA START
17bianchi142.jpg
リム Alex AT470 32H
ハブ Shimano 105
タイヤ Vittoria ZAFFIRO RIGID 700x25C

105ハブを実装。
成程……可能な限り105スペックに近づけた、フルカーボンモデルでも
ある訳か。
17bianchi144.jpg
ここ最近定価ベースだとフルカーボン&105スペックのMERIDA SCULTURA 4000
などの様に、定価18万円台で普通にフルカーボンリア11速仕様が手に入
るだから恐ろしい……

ぶっちゃけ、低予算で買える105フルカーボンなのに実に衝撃吸収性がい
い感じです。
ビアンキ 2017年モデル イントレピダ 105 / INTREPIDA 105【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

2017年02月09日 トラックバック(0) コメント(0)