2018 FELT VR2 ULTEGRA Di2 DISC   同様のコンポ仕様のFELT FR2と比較してみる。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FELT > 2018 FELT VR2 ULTEGRA Di2 DISC   同様のコンポ仕様のFELT FR2と比較してみる。

2018 FELT VR2 ULTEGRA Di2 DISC   同様のコンポ仕様のFELT FR2と比較してみる。

felt-vr2_2 (1)

2018 FELT VR2 ULTEGRA Di2 DISC

競技用テニスラケットやF1マシンにも採用されている超軽量&高剛性TeXtremeカーボンを採用。
更に、新型アルテグラDi2に Shimano BR8070油圧式ディスクまで付いてくるという……ちょっとした怪物仕様。

(´・ω・`)どうもフェルトは、「新型ULTEGRA Di2 DISC」仕様の完成車モデルVR2やFR2に、「TeXtremeカーボン」を積極的に採用していますね。
ディスクモデルにかなり贅沢なカーボン素材を用意している事が分かる。

エアロロード「FELT AR3」にだって、TeXtremeカーボンはまだ採用されていないのに。
フラグシップモデルの「FELT AR FRD」なら当然付いてきますが。



FELT VRシリーズの特徴
そもそもVRシリーズは、ブロックタイヤを装備することでグラベルロード風にオフロードにも対応可能ではないですか?
レース用に23Cタイヤを装着してもいいし、最大35Cタイヤまでいける。

基本的にロングライドがメインのモデルではありますが。
ダウンヒル以外なら、これ1台でほぼ全てのライディングに対応可能。

それにTeXtremeカーボンを持ってきているので、超軽量&強力過ぎるレーシング性能をFELT VR2は既に獲得して言う訳で。
サーキットではTeXtremeカーボンは驚異的なレーシング剛性と跳躍力を見せたが。
TeXtremeカーボンで砂利や悪路を走破すると、一体どんな感じになるんだろう?

悪路を走破しながら、一気にTeXtremeカーボンがレーシーな剛性を発揮したら楽しかろうな。
フレーム素材自体、強力なレーシング性能も既に有しているは間違いない訳で。
爆速で、悪路を駆け抜けてくれると大いに期待しているのですが。

だからこそ、Shimano BR8070油圧式ディスクまで最初から用意してあるのか。
felt-vr2_3.jpg
これは、Shimano -ST-R785 油圧式 Di2 ハイドローリック・ディスクブレーキ対応レバー?
油圧式&電動変速Di2に対応したSTIレバーで、Di2 11sにも対応しているし。

(´・ω・`)いずれにしても、疲労して握力が低下してもこれなら頼もしいな。
体力が絶望的疲労に追い込まれても軽い力で油圧ブレーキは操作可能だし。
felt-vr2_4.jpg
ブレーキ Shimano BR8070 油圧式ディスク、フラットマウント
リム/ホイールセット DT Swiss ER1400
12×142mmスルー
フォーク UHC Advanced+TeXtreme カーボンモノコック

felt-vr2_7.jpg
クランクセット FSA SL-K Modular Adventure BB386EVO NEW
felt-vr2_5.jpg
フレーム UHC Advanced+TeXtreme カーボン
felt-vr2_8.jpg
リアディレイラー Shimano Ultegra R8050 Di2 ロングケージ
felt-vr2_6.jpg
タイヤ Vittoria Rubino Pro G+folding、700×28c
【8/18 10:00より開始!スマホエントリーでポイント10倍!】【ポイント5倍!】FELT(フェルト) 2018年モデル VR2【ロードバイク】【8/21 9:59まで】



felt-fr2d_2.jpg
2018 FELT FR2 ULTEGRA Di2 DISC
FR2 は、「TeXtremeカーボン」を採用した強力な軽量オールラウンダーレーシングモデル。
フレームに関しては、ほぼ最強クラスのレーシングカーボン素材を用意していますね。

更に、新型アルテグラのDi2に Shimano BR8070油圧式ディスクまで付いてくるという……ちょっとした怪物仕様。
ヒルクライムからテクニカルなダウンヒルなどそこに至るまでの道がどんなに過酷でも、ライダーが最高のパフォーマンスを発揮できるようにULTEGRA Di2 DISC仕様にしたのでしょう。

シクロクロスやグラベルロードの様な走破性を重視したモデルではなく、あくまで「TeXtremeカーボン」が繰り出す軽量感を伴った高速性をコントロールする為のディスク化仕様。



FELT FRシリーズの特徴
走破性や長距離重視のVRとは異なり、FRはレーシングジオメトリー重視。
しかしながらロングライドに使用する為に28Cタイヤを装着可能。
レースでは23C、ロングライドでは28Cという使い分けだ。

felt-fr2d_3.jpg
こちらもShimano -ST-R785 油圧式 Di2 ハイドローリック・ディスクブレーキ対応レバーぽいですね。
(´・ω・`)あくまで画像からの推測ですが。
felt-fr2d_5.jpg
フォーク UHC Advanced+TeXtreme カーボンモノコック
リム/ホイールセット DT Swiss FC 1600 carbon disc
ブレーキ Shimano BR8070 油圧式ディスク、フラットマウント
12x142mmスルー

felt-fr2d_6.jpg
フレーム UHC Advanced+TeXtreme カーボン
タイヤ Vittoria Rubino Pro G+ folding、700x25c
クランクセット Rotor 3D30 UBB5

VRもFRも、シートステー部のブレーキを取っ払ったことで、シートステーサスペンション性能を重視している事が分かる。
felt-fr2d_7.jpg
リアディレイラー Shimano Ultegra R8050 Di2ショートケージ
VR2はロングケージで、FR2はショートゲージか。
(´・ω・`)両モデルの性格の違いが分かりますね。
felt-fr2d_8.jpg
felt-fr2d_4.jpg

(´・ω・`)FELT FR2と VR2の特徴をまとめるとこういうことになる。

FELT FR2 レース重視~ロングライド
FELT VR2  レース~ロングライド重視~悪路走破性


いずれにしても両モデル共に、最高クラスのカーボン素材と、Di2&油圧ディスクを完璧に用意している訳で。


【8/18 10:00より開始!スマホエントリーでポイント10倍!】【ポイント5倍!】FELT(フェルト) 2018年モデル FR2 DISC【ロードバイク】【8/21 9:59まで】

スポンサードリンク

2017年08月13日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する