2018 BIANCHI MINIVELO8 BULLHORN サドル、コンポ、フレームなど一新し、変化が激しいモデルに! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2018 BIANCHI MINIVELO8 BULLHORN サドル、コンポ、フレームなど一新し、変化が激しいモデルに!

2018 BIANCHI MINIVELO8 BULLHORN サドル、コンポ、フレームなど一新し、変化が激しいモデルに!

imgrc0068130717.jpg
2018 BIANCHI MINIVELO8 BULLHORN
(´・ω・`)2018年モデルもMINIVELO8 BULLHORNが出ますね。
なんと2018年モデルから、フレームが「HITEN W/CROMO」になった模様!!
2017年モデルフレームはは「アロイスムースウェルディング」でしたから、フレームが少し細身になったかな?

メタリックブルー、ブルーグレー、ワインレッド、ライトブルー、チェレステクラシコなどカラーリングライナップも豊富に用意。
クロモリ系フレームになった訳だから、それに相性がいいカラーリングになったのか。
imgrc0068130716.jpg
imgrc0068130715.jpg
( ;゚ω゚)ブルー系やチェレステカラーが多い中で、唯一のレッド系カラー「ワインレッド」
2018年モデルはビジュアルがよりクラシックになっていいじゃないですか?
やはりアルミ系フレームとクロモリフレームとでは、発色具合が全然違うんだな。
imgrc0068130714.jpg
imgrc0068130713.jpg
ハンドル SATORIブルホーン
ブルホーンならではの前傾姿勢が楽しめる。
でも、ミニベロにブルホーンを持ってくると安定性が増して個人的に好きだ。
バーテープに麻系の外観を持ったアイテムを継続採用。
rsraegt436364343.jpg
DIA COMPE DC139 ギドネットレバー
ランドナーバーやドロップバー対応の復刻ギドネットレバー。ハンドル形状に合わせて広い範囲でレバーを引ける。
(´・ω・`)ブルホーンバーとの相性もいいという訳か。
imgrc0068130712.jpg
imgrc0068130711.jpg
Wレバー変速で、クラリス系コンポを操作。
レバー変速だから、変速操作の時一度ブルホーンバーから手を放す必要が生じる。
手元で変速操作可能なSTI変速に比べて、Wレバー変速はどうしても変速操作回数が減ってしまいますが。
でも変速操作に慣れてくると、変速感が楽しいんですよね。
imgrc0068130710.jpg

フォーク CR-MO
ブレーキ TEKTRO 992AG
タイヤ Kenda K-193 20x1-1/8"

アルミ製亀甲フェンダーを、ドロップハンドルモデルと同じくブルホーンバーにも採用。
(´・ω・`)やはり2018年モデルは全体的に引き締まった印象を受けます。

imgrc0068130709.jpg
imgrc0068130708.jpg
フレーム HITEN W/CROMO
2018年モデルBIANCHI MINIVELO8 BULLHORNはフレームが美麗になりましたね。
imgrc0068130707.jpg
クランク PROWHEEL  52/42T

所で、コンポはモデルチェンジしたR2000系新型クラリスになるの?
という事はリアディレーラーはシルバーカラーじゃなくなる訳か。
(ただし変速性能そのものはパワーUPしているので、期待)
imgrc0068130706.jpg
(´・ω・`)おっ! サドルがモデルチェンジしている!
2018年モデルはレザーテイストか!
imgrc0068130704.jpg
リアディレーラー Shimano CLARIS
カセット シマノ HG50 8S 13/26T

imgrc0068130705.jpg
(´・ω・`)2018年モデルMINIVELO8 BULLHORNはサドル、コンポ、フレームなど一新し、変化が激しいモデルになりました。

とはいえ……
なんとなくだけど、最近ビアンキ系ミニベロってフレームが「クロモリ」化する傾向にあるのか。
年を追うごとに、ビアンキ系ミニベロってどんどん見た目がレトロ方向に進んでいますよね?
【2018モデル】BIANCHI(ビアンキ)MINIVELO8 BULLHORN(ミニベロ8ブルホーン)小径自転車【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

スポンサードリンク

2017年07月23日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する