2018 KhodaaBloom RAIL700 4代目「RAIL700」もクラス最軽量9.4kgを達成!!  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KhodaaBloom(コーダーブルーム) > 2018 KhodaaBloom RAIL700 4代目「RAIL700」もクラス最軽量9.4kgを達成!! 

2018 KhodaaBloom RAIL700 4代目「RAIL700」もクラス最軽量9.4kgを達成!! 

100000046160-l1.jpg
2018 KhodaaBloom RAIL700
ほほう……2018年モデルも販売価格6万円台で9.4kg!!

日常使いにおける「軽量性」を限界まで追求した、ジャパニーズブランドのクロスバイクですが。

国内販売中の10万円以下/前3段変速機付きクロスバイクにおいて最軽量を誇るクロスバイクだけあって流石に軽いですね……
2015年モデル以来、この軽量性を維持している点が恐ろしい。
EAST Lフレームも採用しているし、キビキビとした加速性能を日常で楽しむならやっぱりこれ。
hrdsrgsrhs3543.jpg
SHIMANOALTUS RD-M2000-SGS リアディレーラー 9速仕様。
ギア SHIMANO CS-HG50-9 11-30T

r70001-5.jpg

F.ディレーラー SHIMANO FD-M370
ギアクランク PROWHEEL 48/36/26T 400/440:170mm,480:175mm

フロントトリプルにリア9速(3×9=27SPEED)
ズボンの裾汚れを予防するギアカバーを用いて、あえてブラックカラーでドライブトレインカラーを統一。


201703070742406edcdscsbfx.jpg
2017 KhodaaBloom RAIL 700SL-LTD
2018 KhodaaBloom RAIL700のフレームには、あの8.4kgの超軽量クロスバイク「KhodaaBloom RAIL 700SL-LTD」と同様のフレーム「EAST L」が採用されています!!
(´・ω・`)2018 KhodaaBloom RAIL700って、上位アルミモデルの軽量アルミフレームがいきなり6万円台で手に入るので、結構美味しいクロスバイクモデル。
その美味しさが受けて、もう4代目ですよ。
このままロングセラー化しそうな勢い。
r70001-4.jpg
EAST L (Ex-Aluminum Shaping Technology Light)

さて、上記で述べた通り軽量アルミフレームはRAIL 700SL-LTDとRAIL700は同様なんですよね。
しかもRAIL700はフルアルミながら、カーボンパーツを使用せずによく9.4kgまで持っていったもので。

( ;゚ω゚)ま、RAIL 700SL-LTDはティアグラスペックに、ハンドルバー、フロントフォーク、シートステーにカーボンパーツを投入した変態軽量クロスバイクだけどさ。

RAIL 700SL-LTDはロードバイクのパーツを採用し、長距離を最初から想定している。ロングライドにも使えるし、軽快な疾走感を楽しめるのが魅力。

RAIL700は日常用で、軽やかな走行感を楽しむ為に軽量性を目指したそうな。
いずれにしても「EAST L」だから、軽快な走行感を両機共に楽しめる。
r70001-3.jpg
RAIL700もRAIL 700SL-LTDと同様に、硬質のスポンジグリップを採用。
衝撃吸収性を和らげると同時に、軽量化をスポンジグリップで狙っている。
何気に握った感じが実にドライで、ちょっとしたクール感もある。
某スポーティー系ミニベロの軽量モデルにも、良く登場するグリップですね。
r70001-1.jpg
ブレーキセット SHIMANO BR-T4000 
MTB用ALIVIOスペックのシマノ製Vブレーキ。

(´・ω・`)ちなみにRAIL 700SL-LTDには高速性に対応する為、DEORE仕様のロングアーチブレーキV-BRAKEを採用してある。
以前から思っていたけど、RAIL シリーズは結構速度が出てしまうからブレーキ面において妥協が無い。
コーダーブルーム、スポーツ系ロードファーナシリーズにもその傾向がある。
2613bb8ee42b5231ee542fb8b746c9bd.jpg
ホイール NOVATEC製ハブを採用
r70001-2.jpg
タイヤ MAXXIS Detonator FOLDABLE 700×28C 
MAXXIS Detonatorか。
乗ってみた時28Cサイズの太さよりも、軽量感が前面に出ていた記憶がある。
もっとも、いくらか砂利を含んだ場所での走行だったけど。
乗り心地というよりは、軽快性重視のタイヤという印象。
ディスクブレーキ仕様のRAIL 700Dのタイヤサイズは走破性重視の700×32Cだから、やはりRAIL700は快速性重視のタイヤサイズなんですね。
コーダーブルーム [khodaa_bloom] 【お店で受取り選択可】 2018 RAIL700 (レイル) クロスバイク

スポンサードリンク

2017年07月16日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する