2018 Bianchi Oltre XR3(ビアンキオルトレ XR3 105)試乗体験インプレ カウンターヴェイル®を搭載したことにより、オルトレの走行性能が激変してしまった!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2018 Bianchi Oltre XR3(ビアンキオルトレ XR3 105)試乗体験インプレ カウンターヴェイル®を搭載したことにより、オルトレの走行性能が激変してしまった!!

2018 Bianchi Oltre XR3(ビアンキオルトレ XR3 105)試乗体験インプレ カウンターヴェイル®を搭載したことにより、オルトレの走行性能が激変してしまった!!



DSCN3471vsd.jpg
DSCN3479vsd (1)
これが遂にカウンターヴェイル®(振動除去機能)CVを実装した、2018 Bianchi Oltre XR3に試乗してみました。

オルトレカウンターヴェイル化大成功!!! 

Countervail®(カウンターヴェイル)とは?
独自のカーボン繊維構造と粘弾性を持ち、 フレームとフォークの剛性と強度を向上させながらも最大80%の振動を除去するシステム。


オルトレの走行性能が一気に激変していましたよ……一台の中にコンフォートモデルとエアロロードの性能2台分が内臓されていている様だ。
Oltre XRがよりオルトレが逆境に強くなった感があります。
性能的にはカウンターヴェイルの衝撃吸収システムが前面に出た走りですね!


なんじゃい? 
この軽快な衝撃吸収性はまるでフレーム全体がサスペンションの様なヤバさ……
石畳や凸凹などの路面に対する処理能力が凄まじい。
なのに、ぐいぐい軽快にアタックしていく!?
どんなに路面状態が変化しても、乗っているこっちは全然平常ではないですか?

DSCN3479vsd (2)
【カウンターヴェイル®(振動除去機能)の中に、オルトレXRの剛性が内臓されているかの様だ】


しかも、カウンターヴェイル®で路面からの障害を処理しつつ、XRシリーズの圧倒的な剛性を発動可能!!
路面状態が悪化しても、あくまで舗装路の様に滑らかな走りをしてくれます。
「変わんねえぇぇ……路面がどこまでもかわんねぇええ全然ホイールが暴れない……なんじゃこりゃ?」
衝撃を滑らかに処理しつつも、うっすらとXRの剛性が走行中見え隠れするんですよ?

(´・ω・`)体感的には……
「 Oltre XR3のフレーム中に、カウンターヴェイルが搭載されている」ではないです。
あくまで「カウンターヴェイルの中に、 Oltre XR3の剛性が隠されている」と言った所。
そんだけ Bianchi Oltre XR3は、カウンターヴェイルの走行性能が前面に出ているオルトレモデルと言えるでしょう。

DSCN3475hrts (1)
つまり、カウンターヴェイル®を搭載した事により、どんな過酷な状況下においてもXRのパワーを存分に発揮出来る様になった!! とも言える。

もしかして、カウンターヴェイル®を搭載した事により、オルトレの剛性が低下するかと心配していたのですが。
逆にどんな環境下においても、パワーを発揮できるように進化してしまいましたよ。
見た目は華麗だけど、逆境に強そう。


(´・ω・`)そう考えると、今までのオルトレって微妙に路面からの影響を受けていたんですね……これなら、長時間スポーティーに走行してもかなりいけそうだ。

DSCN3497nhg (1)
見惚れる程滑らかで、彫刻の様に美しい極太チェーンステー。


しかもどんなに路面のコンディションが悪化しても、超軽快に大砲の様な大加速を開始してくれます!!
(´・ω・`)しかも、脚力が全然逃げない。なんだこりゃ?
体全体の無駄な筋肉の動きがCVを搭載したことに少なくなり、結果的に体力消費も激減。
これXRフレームの衝撃吸収能力が、CVを搭載したおかげで恐ろしい事になっていますよ?
そう考えると、今までのオルトレって結構体力を使っていたんですね。
だってどんな過酷な状況下においても、新型XR3フレームはフルパワーで推進力を発動してくれるんですから。
DSCN3476nhg (2)
脚力的な負荷も少ないですね。実に効率的。
どんな障害が来ても、体力が落ちても、一気に高速域まで引っ張っていってくれます。
インフィニートとXRが合体したかのような高性能。

脚力の負荷が少ない。しかも、速度を出せば出すほど更に抵抗感が除去されていく。
これなら長距離&長時間 Oltre XR3で走行しても、高パフォーマンスを維持できますよ?
DSCN3493vsd (1)
DSCN3473vfs (2)
そういえばOltre XR3も、アリアと同じくノーマルキャリパーブレーキ仕様。
DSCN3472gvsd (1)
DSCN3481vsd.jpg
DSCN3472gvsd (2)
DSCN3475hrts (2)
DSCN3497nhg (2)
DSCN3473vfs (1)
DSCN3494nhg.jpg
DSCN3487vs (2)
DSCN3476nhg (1)
DSCN3487vs (1)
DSCN3493vsd (2)
セミエアロ性能+オルトレ剛性+カウンターヴェイル=Bianchi Oltre XR3ですね。
(´・ω・`)実際意識しなくても、フルオートで衝撃処理と推進力を発揮してくれるので。走っていて、極楽だったです。
試乗時においても、最初から最後まで継続して性能を発揮。
Bianchi Oltre XR3って、要するにスタート時~ゴール間際まで徹底的に衝撃を抑えて、剛性を発揮できるように考え抜かれたロードなんですね。
ビアンキ 2018年モデル OLTRE XR 3 105(オルトレ XR 3 105)【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

スポンサードリンク

2017年07月13日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する