2018 Bianchi ZURIGOがSRAM APEX 1X11(ワンバイイレブン)化!! カラーもフルチェレステカラー! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2018 Bianchi ZURIGOがSRAM APEX 1X11(ワンバイイレブン)化!! カラーもフルチェレステカラー!

2018 Bianchi ZURIGOがSRAM APEX 1X11(ワンバイイレブン)化!! カラーもフルチェレステカラー!

cc-bianchi-zurigo-al_1.jpg
2018 Bianchi ZURIGO

( ;゚ω゚)……アルミシクロクロスモデル「Bianchi ZURIGO」が1X11(ワンバイイレブン)化している!!! まさかのフロントシングル化!!!

ええええ????
コンポが105仕様(2017)→SRAM APEX 1X11(2018)に変更になっている!!

2017年モデルは105仕様で、リア11速化したばかりなのに。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル なっ、何が ZURIGOにあったんだ?

2018年モデルビアンキは、シクロクロス、グラベルロード、MTBのパワーアップ感が著しい。

しかもデザインも一気にフルチェレステに切り替わったか……ここ最近のZURIGOのブラック系カラーを放棄して、あえてフルチェレステカラー化ですよ?
どちらかというとBIANCHI ZURIGOって、クラシカルな街乗り系シクロクロスモデルというイメージだったんですが。
カンチブレーキからディスクブレーキ化したりして、シクロクロス競技専用ビアンキモデルとしての方向性に舵を切っていますね。

cc-bianchi-zurigo-al_7.jpg
シフター Sram Apex
スラム化の波が遂に、ビアンキにも訪れたか……
メカニカルブレーキレバーか。
cc-bianchi-zurigo-al_3.jpg
おおおっ! 見事にフルチェレステカラーだ!!
トップチューブ後部下は、シクロクロス競技などにおいて肩で担ぐ為のフラットな形状になっています。
cc-bianchi-zurigo-al_5.jpg
フォーク Carbon with Alloy Steerer with Kevlar 1.1/8"-1.5"
cc-bianchi-zurigo-al_6.jpg
ブレーキ Sram DB-BLBG-7R-A1
さすがに今回も、メンテ性を優先させて機械式ディスクブレーキを採用してきた模様。

とはいってもメカニカルディスもシマノ製から、変更になったのか。
SHIMANO BR-R317 メカニカルディスクブレーキではなく、2018年モデルから高い評価を得ているBB5ブレーキのロードバージョンAVID BB5メカニカルディスクブレーキ化。
cc-bianchi-zurigo-al_8.jpg
cc-bianchi-zurigo-al_4.jpg
フレーム Full Alloy PF30
2017年モデルは7000系フレームだったけど……今回の2018年モデルはどうなったんだろう??
cc-bianchi-zurigo-al_9.jpg
cc-bianchi-zurigo-al_10.jpg
クランクセット Sram S350-1 40T 170mm
うわー、遂にスラムワンバイイレブン化か……
ZURIGOのフロントシングル仕様がお目にかかれるとは思いませんでしたよ……
チェーン脱輪防止とか、軽量化とか色々メリットがありますが。
多機能化を捨てた、スラム系ワンバイイレブンってシクロクロスやグラベルロードに勢力を一気に急拡大していますね。
cc-bianchi-zurigo-al_17.jpg
BB Sram BB-PF30-B2
ダウンチューブ下に「7000」と記載されていますね。
7000系アルミでいくのか……
(フレーム材質について気になる方は、ビアンキ側に確認と取った方がよいかも)
cc-bianchi-zurigo-al_16.jpg
キャリア用のダボ穴も用意されているので、ロングライドやツーリングに使用しても楽しそうだ。
cc-bianchi-zurigo-al_13.jpg
cc-bianchi-zurigo-al_11.jpg
タイヤ  Kenda Happy Medium 700x25C
cc-bianchi-zurigo-al_12.jpg
リアディレーラー Sram Apex
cc-bianchi-zurigo-al_14.jpg
スプロケット Sram PG1130 11/42T

( ;゚ω゚)……11S仕様の SRAMカセット 11S PG-1130 11-42TをマジでZURIGOに持ってきやがった……!!
フロント40T リア11/42Tのスーパーワイドなギア比!!

cc-bianchi-zurigo-al_15.jpg
こんなBianchi ZURIGOをお目にかかれるとは……なんなんだ!? このZURIGOは!?

デザインも仕様も、なんという激変!!
先程も述べましたが、MTBやシクロクロスモデルに「謎の執念」をビアンキは見せていますね。
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル ZURIGO (ズリーゴ)[レーサー][シクロクロスバイク]

スポンサードリンク

2017年07月02日 トラックバック(0) コメント(2)

ビアンキの1×11へのこだわりには驚かされますね。私もSRAMのワンバイシリーズは注目しているのですが、1×9や8など廉価なタイプも出して、同じアメリカのTREKやスペシャライズド、あるいはGIANTのクロスバイクにでも採用されればもっと普及するのにな、と思っています。

2017年07月02日 クロスバイクスキー URL 編集

最近電動変速Di2化の流れに逆行するかのような、スラム系ワンバイは人気ですね。
やはりあまり多機能化や電動化が進むと、逆にこういうシンプルなシステムに揺り戻しが起こるのでは?


腕時計内部ムーブメントも
機械式(ゼンマイ)→クォーツ(電池と電子回路)→機械式(ゼンマイ)
という流れがありましたし。
あまり電動化が進むと、機械式に戻っていくのが歴史の流れかな、と。



2017年07月03日 管理人 URL 編集












管理者にだけ公開する