Calamita DUE+ 今回リニューアルし、due +として新たに登場(とりあえず2017年度モデル版?) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Calamita(カラミータ) > Calamita DUE+ 今回リニューアルし、due +として新たに登場(とりあえず2017年度モデル版?)

Calamita DUE+ 今回リニューアルし、due +として新たに登場(とりあえず2017年度モデル版?)

imgrc0067995401.jpg
Calamita DUE+がリニューアルして新たに登場した模様。
ケーブル類が無くなって、大変すっきりしていますね。
①なんと変速がWレバーからSTIになったのが変更点だそうです。
②クロモリのパイプがイタリアのCOLUMBUS社製を採用。
以上の2点が変更点ですね。

気になる重量は9.3kg(ペダル抜き)
SHIMANO SORAのSTIレバー、25cタイヤ、ハンドルなどのパーツ構成も見直したそうで。

クロモリらしい乗りやすさを追求しているそうですけど、「速く走らない為のデザイン」は健在ですね!
下手にロゴをあしらっていませんし、その上どの世代の方にも違和感なく扱えるデザインがいい。


imgrc0067995402.jpg
前モデルでも、そんなにクロモリといえど重みは感じなかったけど。
振動吸収性に優れたクロモリフレームにカーボンフォークを使用して軽量化を図っています。
元々「軽さ」を追求していたクロモリなので、今回も期待。
シルキーさ快適性は、今回どういう方向性でいくんだろう?
走り易さと軽量感が魅力のクロモリですし。

変速にはSHIMANO SORAを使用した18段変速を搭載。
変速レバーにはSTIレバーを初期で搭載し手元で変速を行え効率よい走りを実現。
imgrc0067995414.jpg
imgrc0067995413.jpg
シフトレバー SHIMANO SORA STI
imgrc0067995408.jpg
フレーム COLUMBUSクロモリ
なんと今回の新型フレームチューブにCOLUMBUS CROMORを採用!?
ジオメトリーを一新したニューモデル。
以前からハンドメイドのTIG溶接で作られたフレームでしたけど。
溶接面は相変わらず綺麗ですね。
imgrc0067995412.jpg
タイヤ KENDA 700X25C
imgrc0067995410.jpg
これがシルクブラッシュカラーですか。マットブラック、レーシングブルーがあるけど。
このシルバー系カラーリングが一番に人気が出るんでしょうね。
imgrc0067995411.jpg
フォーク カーボン

美しいベントフォーク路線は継続。レース寄りではないクロモリには、やはりベントフォークが似合いますね。
imgrc0067995409.jpg
ホント、シンプルなデザイン。
ロゴの表示も、最小限に抑えています。
imgrc0067995407.jpg
imgrc0067995406.jpg
フロントディレ-ラ SHIMANO SORA
クランクセット 50/34T コンパクトクランク
流石に4アームクランクは持ってこないですよね。
imgrc0067995405.jpg
リアディレ-ラSHIMANO SORA
imgrc0067995403.jpg
ブレーキ ALLOYキャリパーブレーキ
imgrc0067995404.jpg
(´・ω・`)以前からもCalamita due+には、STI仕様のが出てはいましたが。
やはりCOLUMBUS社製のパイプを持ってきたのが、今回一番大きい変更点かもしれません。
電着塗装(メッキ)とか、謎にカラーリングにも独自のこだわりがありましたが。
今回はいい意味でシンプルなカラーリング。

アクションスポーツがプロデュースしたクロモリロード「Calamita」シリーズも、いつの間にか7週年ですよ。
色々な意味で、時代に左右されない秀逸なシンプルデザインは現在でもやはり魅力的ですよ。
【P最大11倍+クーポン配布(6/5 0時まで・エントリ含)】【STI搭載・新モデル】Calamita due+(カラミタ デュエ+)カラー:シルクブラッシュクロモリロードバイク【送料プランC】 【完全組立】

スポンサードリンク

2017年06月04日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する