世界最速のお届け! アートサイクルのクロモリモデルS550 いち早く新クラリスR2000を搭載! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 未分類 > 世界最速のお届け! アートサイクルのクロモリモデルS550 いち早く新クラリスR2000を搭載!

世界最速のお届け! アートサイクルのクロモリモデルS550 いち早く新クラリスR2000を搭載!

claris1.jpg
アートサイクルのクロモリモデルS550。
(´・ω・`)このクロモリモデルが、いち早くNEW クラリス搭載してきたか。

流石アートサイクル様。新型コンポの対応が実に、早い!

これがフルモデルチェンジした4アームクランク仕様のクラリスR2000……

ツーリングなどに使える耐久性の高いクロモリモデルだから、同じく高耐久の8速仕様
s550_kcas.jpg
ツーリングモデルは2400系のほうがレトロ感があるんですね。
逆にエントリー系スポーツアルミモデルなどは、新型クラリスの方が見栄えがする訳か。
clarisgiya.jpg

これが、4アームクランク化したクラリスクランクか。
クラリスに見えん……SORAですよね? でも8速……4アームクランクの8速…・…
クランクとクランクアームが一体化。2ピース構造になっちまった。
消えていく…・・どんどんクランクアームが消えていく。

あの耐久性の高そうなシルバーの輝きが、いきなりスポーティーなブラックになってしまいましたね。
フロントダブルは50-34T。
トリプルは50-39-30Tになるのか。

clarisfd.jpg

フロントディレーラーはロングアーム化で変速性能が向上しているらしい。
「最も変わったのはFDです。デザインが一新されインナーからアウターえの引き上げがスムーズになりました。」
と解説されているけど。

あのいい意味で堅牢で重い感じの変速感が、どう変化したんだろう?

あとついでに、フロントトリプル仕様のチェーンガードの実物見て見たいな……

clarisst2.jpg
これが新クラリスシフター……愛らしい、「角」というか「触覚」が消滅してしまいました……

ケーブルが内装式になったんですね。
とはいえ新クラリスのおかげで、ツーリングモデルの場合はフロントバッグを積載できるスペースがより広くなったのか。
オレンジなインジケーターも消滅。
上位モデルと、見分けがつきにくくなったとは聞いていたけど。ここまでとは……
clarisrd.jpg
いずれにしても、新クラリスもリア8速のままではあるからちょっと嬉しい。
太くて丈夫な耐久性抜群の8速チェーンなのが嬉しい。
いざツーリング時なにかしらのトラブルでチェーン交換が必要になった時、地方のホームセンターで8速用チェーンが入手可能。

(´・ω・`)うーん。
スポーツ系フラットバーロードとかエントリー系スポーツアルミモデルが、ビジュアル面で引き立ちそうなコンポですね。

CLARIS R2000シリーズは、新しいライダーのための価格で設計。
今回の新型CLARISライディングスタイルはレース指向ではありませんが、街の周りを簡単に走れるように設計されていますが、8速仕様という事もあり長いツーリングに耐える耐久性があります。

4アームクランク化したCLARIS R2000はスポーティーなデザインですが、快適でカジュアルなライディングや店舗や日常の日常使用の機会を楽しめそうですね。
【2018NEW クラリス搭載】【手組み立てMade in japan】ロードバイク.ギヤクランク,ハブもシマノクラリス.クロモリロード. S550【カンタン組み立て】

スポンサードリンク

2017年05月24日 トラックバック(0) コメント(1)

このコメントは管理者の承認待ちです

2017年05月24日 編集












管理者にだけ公開する