バッテリー大容量化へ!MAX90Km!! 2017リアルストリームシリーズ登場!!  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 電動アシスト自転車 > バッテリー大容量化へ!MAX90Km!! 2017リアルストリームシリーズ登場!! 

バッテリー大容量化へ!MAX90Km!! 2017リアルストリームシリーズ登場!! 

100000044945-l2.jpg
2017 リアルストリーム「RS6C47」 26型 8段変速 電動自転車
(´・ω・`)ブリヂストンから「2017 リアルストリーム」シリーズが出てきました。5月中旬よりデリバリーが始まるそうです。
F.ソリッドオレンジが新色になるのか。随分ブリヂストンにしては思い切ったカラーリングに。

バッテリーが大容量化していますよ。新型リアルストームのバッテリーは12.8Ahから約20%増の15.4Ah!?

((((;゜Д゜)))))))凄すぎる……スポーツモデルに15.4Ahを持ってきたか……

従って走行距離はエコモード時、従来モデルの75kmから約1.2倍となる90kmに!!
色々電動ロードや、海外系電動バイクが上陸してきているけど。
ブリヂストンは、走行距離の延長化を図って対抗していくのだろうか?

(´・ω・`)リアルストームは、一気に長距離ツーリングを楽しみたいユーザー向けスポーツ電動アシストモデルになりましたね。
2017 YAMAHA PAS Brace(パスブレイス)も、「新15.4Ah大容量バッテリー」を採用しているから。
この手の国内系スポーツ系電動アシストモデルは、バッテリー容量15.4Ahが標準化していくのでしょうね。


100000044944-l1.jpg
2017 リアルストリームミニ

「リアルストリームミニ」の電池容量も問答無用でパワーUPを果たしています。
ブリヂストンモールトンの設計者がデザインした名電動ミニベロ「マリポーサ」
の後継機ではあるんですが。
従来モデルの8.7Ahから約40%増の12.3Ah!

(´・ω・`)もうお買い物系電動自転車と、そんなに電池容量が変わらなくってきましたね。
走行距離はエコモード時、従来モデルの59kmから約1.4倍となる83kmに伸長。

2017041701_01.jpg
エアフリーコンセプト(非空気入りタイヤ)

(´・ω・`)なんだかブリヂストンはノーパンクタイヤで謎に攻めているようで。
これ、電動アシストモデルに持ってきたら面白そうだな。
なんだか、エコ電動自動車でテストしていたみたいだから。電動自転車とも相性が良さげ。

タイヤ側面に張り巡らせた特殊形状スポークが荷重を支えることで、空気の充てんが不要。省メンテナンス性に優れるとともに、パンクの心配が無い。

超小型電気自動車コンペくとかーだけに使わせて置くのはもったいない。リアルストリームに組み込めば、内装変速仕様&ノーパンクタイヤで夢のノーメンテ電動アシスト自転車になるかと。
2017041701_02.jpg
ブリヂストン [BRIDGESTONE] 【お店で受取り選択可】 【ご予約・5月下旬頃】2017 リアルストリーム「RS6C47」 26型 8段変速 電動自転車

スポンサードリンク

2017年04月26日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する