海外2018 Lapierre Pulsium 海外新型パルシムはゼリウスの技術を取り入れている(耐久性&レーシング性能強化バージョン) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LAPIERRE ラピエール > 海外2018 Lapierre Pulsium 海外新型パルシムはゼリウスの技術を取り入れている(耐久性&レーシング性能強化バージョン)

海外2018 Lapierre Pulsium 海外新型パルシムはゼリウスの技術を取り入れている(耐久性&レーシング性能強化バージョン)


fc2blog_20170418095319586.jpg
海外2018 Lapierre Pulsium 新型パルシウム(耐久性強化バージョン)
フランスのバイクブランドラピエールの新型ですよ。
フレームにエラストマーを取り入れ、悪路を高速で走破可能なパルシウムについてですが。

新型Pulsiumとしてお披露目されたんですね。
Lapierre Xelius SLのシートステー形状を、一気に新型パルシウムに取り入れた模様。
17lapierre178hr.jpg
2017 LAPIERRE PULSIUM 600 FDJ
とりあえず現状のパルシウムの形状を見て見ましょう。
旧型パルシウムは、トップチューブからシートステーの流れが
独立した形状になっています。
衝撃はフロントとリアで、独立して衝撃を吸収するシステムになって
いました。
MTBのリアサスっぽいですが。

fc2blog_20170418095326181.jpg
新型Pulsium
新型パルシウムはトップチューブからシートステーの流れが、自然な形状になっていますね。
しかも、その中間にエクストラマーが組まれているのか。

振動減衰特性を提供しながら、より高い横剛性を備えたトップレベルのプロのレーサーのパフォーマンスニーズを新型パルシウムは満たすようになったそうですが。

(´・ω・`)元々パルシウムはレーシング性能そのものも高かったけど。更に強化されたという事か。
DSCN4458fer.jpg
DSCN4462cwdsgssgf.jpg
2017 LAPIERRE XELIUS SL 500 MCP
参考までにゼリウスの画像をチェックしてみる。
見ての通りXELIUS SLはシートチューブに触れる事なく、シートステーが伸びた形状をしていて、振動を軽減させる構造になっています。

要するにシートステーの長さを稼いでいるんですね。
XELIUS SL が有する3Dチューブラーテクノロジーコンディションの恩恵で悪い路面も、滑かな路面に激変させる効果を、実際走って体感しましたが。

その3Dチューブラーテクノロジーコンディションシステムを、新型パルシウムに取り入れたという訳か。

更に新型パルシウムは、エクストラマーも実装しているからXELIUS SL以上の衝撃吸収性を保持しているのは間違いない訳で。

(´・ω・`)新型パルシウムは衝撃吸収性まで更に強化した訳??……シートステーまで細くなっちゃったし。
新型パルシウムはゼリウスのレーシング性能&衝撃吸収性能を取り入れて
補強した、強化モデルと言っていいかと。

fc2blog_20170418095323edf.jpg
ダウンチューブが大型化している……逆にトップチューブの形状は細くなっているとか。
快適性と剛性の強化を成し遂げる為に、ありとあらゆる手を打っている感じが。

( ;゚ω゚)新型パルシウムというより、XELIUSがパルシウム化したとも言えそうな。
となると、この新型は相当いけそうな感じがする……
【スマホエントリーでポイント10倍!】ラピエール 2017年モデル パルシウム 600 FDJ CP / PULSIUM 600 FDJ CP【LAPIERRE】【運動/健康/美容】

スポンサードリンク

2017年04月18日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する