2017 FUJI ROUBAIX 1.5 試乗体験インプレ 正にカーボンクローンな、アルミモデル! カーボンモデルじみた走行性能を獲得した、最新鋭FUJIアルミモデル スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2017 FUJI ROUBAIX 1.5 試乗体験インプレ 正にカーボンクローンな、アルミモデル! カーボンモデルじみた走行性能を獲得した、最新鋭FUJIアルミモデル

2017 FUJI ROUBAIX 1.5 試乗体験インプレ 正にカーボンクローンな、アルミモデル! カーボンモデルじみた走行性能を獲得した、最新鋭FUJIアルミモデル



DSCN8410cwd (1)
wallpaper-fighter-07fwwe.jpg

2017 FUJI ROUBAIX 1.5 試乗体験インプレ
(´・ω・`)どうも、管理人です! 
新型アルミモデルFUJI ROUBAIX 1.5 に試乗しました……
正にスーパーカーボンクローンモデル!!
カーボンじゃないのに、カーボンに酷似した驚愕の最新鋭アルミモデルです!!
星5つ進呈です☆☆☆☆☆
DSCN8429er (1)
フレーム A6-SL custom-butted alloy, integrated 1 1/2" lower head tubePF30 shell, double water bottle mounts

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル誰だよ? このアルミフレームを設計した天才は??? これ、性能的にも走行感覚的にもカーボンだろ?
 

うわー性能的に、久々に尖ったアルミロードに乗った気がする。
カーボンじみた猛烈な加速性能と、高速性に感動しました!!

カーボンの様に軽い……カーボン??……フレームも走りも、高級カーボンモデルじみた軽さを体験できる。
( ;゚ω゚)な、なぜだ? なんでアルミフレームで、ここまで高級カーボンの走りを再現出来る?

そして……どこまでスピード性能を高めているんだろう?
速い! 兎に角、問答無用に速い!!  

スピード性能に特化しつつも、発動した推進力を持続できるパワーを持っている。
DSCN8424rew (1)
シフター Shimano Tiagra, STI, 10-speed

(性能的にはオールラウンド)
新型FUJI ROUBAIX 1.5 のアルミフレームは、正に街乗り、ロングライド、レース
に使えるはず。走りが万能的ではあるんですけど、万能の優等生的な走行性能ですよ。
もしレースに投入しても、驚異的な高速性とスプリントパワーで相当レベルの勝負が
可能!!
( ;゚ω゚)……欲しい……FUJI ROUBAIX 1.5が凄く欲しい……
だって、おかしいだろ? このカーボンクローンな走行性能!! 
高速性をひたすら強化した、カーボンモデルに乗っている様だった……

DSCN8423wef (1)
ハンドルバー Oval Concepts 310 Ergo, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 133mm drop, 4 degrees sweep
ステム Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-7 degrees


(街乗り気分で、走ってみると……)

 ( ;゚ω゚)……おおっ、まるで高級カーボンモデルで街乗りしている錯覚を覚える……ペダルが軽っ!!!

理由は分からないけど、なんでか街乗りでカーボンモデルに乗っているかのようだった。

コーナーリング性能も実に扱いやすい。
でも、実際に乗っているのはアルミ……軽く頭がパニックになる。

DSCN8426cew.jpg
(衝撃吸収性)
 ( ;゚ω゚)……まあ、普通か? というか衝撃すらスピードに切り替わっていくかのような、謎のスピード性能を有したアルミモデル。
ある意味、最優秀なアルミモデルにしか出せない走行性能。
体力的な消耗が抑えられるはず。
ただなんていうんだろう? 快適性はある程度犠牲にして、高速性やスピード性能に重点を置いている気がする。
DSCN8414cdew (2)
integrated 1 1/2" lower head tube
フォーク FC-440
(超高剛性C-10カーボンから作られるフルカーボン モノコックのフォーク)

フレームで一番太い上下異径テーパーヘッドチューブ。
DSCN8410cwd (2)
トップチューブとダウンチューブ内にケーブル類が内蔵
2017 FUJI ROUBAIX 1.5なら性能的には、エアロロードにだって
十二分に対抗出来ますぜ?
強力なスプリント性能も保有している、スーパーアルミモデルだ。
20170306093513c17hyrrhy.jpg

(´・ω・`)系統的にはMERIDA SCULTURA4000あたりのカーボンモデルの
性能に限りなく近い感じがする。
DSCN8413ewwer (1)
DSCN8412.jpg
DSCN8414cdew (1)
フレーム素材にはAL6061より30%剛性の高いAL6066-T6ベースのA6-SLを採用。
高い振動吸収性、耐久性を稼ぎつつ縦~横偏平と3Dに変化するチュービングと
それぞれ異なる接合断面により、ROUBAIX独特の粘り感と剛性感を高次元で
両立。

(´・ω・`)よくよく見て見ると、複雑な形状のダウンチューブだった。
遠目からだと、単純そうな形ではあったが……巡行性能というよりは
スプリント性能を強化した走りだった。
DSCN8427frw.jpg
DSCN8423wef (2)
フロントディレーラー Shimano Tiagra, braze-on mount
クランク Oval Concepts 300, forged 6066 arms, Praxis rings, 52/36T
BB Praxis conversion bottom bracket

DSCN8419cwd (1)
ブレーキセット Shimano Tiagra
DSCN8418vef.jpg
DSCN8424rew (2)
サドル Oval Concepts 300, steel rail
シートポスト Oval Concepts 300, 6061 alloy, 27.2mm diameter
重量 8.5kg

にしても、 FUJI ROUBAIX 1.5のカーボンクローンな走行性能が
未来過ぎる。2020年モデルあたりから、タイムスリップ
DSCN8420cwe.jpg
wallpaper-fighter-03.jpg

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルここだけの話だけど13万程度で、30万~50万クラスのミドルグレードクラスのカーボン完成車モデルに勝負を挑みたいなら、新型2017 FUJI ROUBAIX 1.5 をチョイスすればいいんですよ。

確かに大金を出せば、素晴らしい性能が手に入る。
ヽ(´;ω;)ノ しかし新型FUJI ROUBAIX 1.5 は、十万円台でカーボンを狩れる夢のドリームカーボンクローンモデルですぜ??

FUJI(フジ) 2017年モデル ROUBAIX 1.5 (ルーベー1.5)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2017年03月21日 トラックバック(0) コメント(4)

お久しぶりです!
いつも楽しく拝見させていただいてます!
以前のランキングで、BH ARがアルミNo.1の称号を手に入れてたかと思いますが、BH ARと比べるとルーべの性能はいかほどですか?
この2台が勝負した時の勝敗の行方が気になります(笑)

2017年03月22日 yuichi URL 編集

(´・ω・`)おひさしぶりです。ARの方が高速性は勝っていますね。
平地においては、高速性を発揮するARのほうが優位に立てます。
金属の特性を上手く生かした走行性能が持ち味なのでは。

ただ新型FUJI ROUBAIX 1.5のほうが、スプリント性能というか万能
製が勝っています。
登りや、街乗りなど地形の変化に対応できるのはROUBAIXなのでは?


ただし、今回の2017新型ROUBAIXだけの試乗だったので、2016年モデル
の旧型ROUBAIXの方は走行性能が異なると推測されます。
(多分、旧型と新型は走行性能が全く違うのでは?)


正に今回試乗した、最新型2017年モデルROUBAIXこそ強くお勧めします。

2017年03月23日 管理人 URL 編集

なるほど‼山岳区間の多いコースであれば新型ルーベのほうが本領発揮で優位というところなんですね(^^)♪勉強になります!
いやぁやっぱりこういうモデル達が勝負してるところを想像するだけでもワクワクしますね‼

2017年03月23日 yuichi URL 編集

(´・ω・`)確かにガチでARと新型ルーベがバトルするところを見て見たいですね……
AR乗りの方がルーベに試乗されれば、より詳しく性能差が分かると思うのですが。

2017年03月23日 管理人 URL 編集












管理者にだけ公開する