Blue ACL EX試乗体験インプレ コンフォート性能が異常に高めに設定してある。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Blue > Blue ACL EX試乗体験インプレ コンフォート性能が異常に高めに設定してある。

Blue ACL EX試乗体験インプレ コンフォート性能が異常に高めに設定してある。

DSCN8939nfg (2)
Blue ACL EX
アメリカアトランタのバイクブランド「Blue」に試乗しました。
快適性高っ!! 

確か2010年に一度試乗したことがあったけど、実に久々。
とりあえず、気になったポイントは……
①乗り心地が良い。快適性を重視したエアロロード。コンフォート性能が異常に高めに設定してある。
エアロロードなのに、ソフト感が強烈。

②安定性が、これまた高目に設定してある。(ハンドルは若干クイックではあったが……)

③もちろん縦剛性も確認できたが、やはりソフトさが前に出ている。
他ブランドのエアロロードと比較しても、この快適性の高さはトップクラス
だと思う。

20161107073804854tege.jpg
2017 De Rosa SK Pininfarina

De Rosaの最新鋭エアロロードSK Pininfarinaなどは、高速性と快適性が
ハイレベルで融合していたが。
Blue ACL EXの場合、快適性&ソフトな走行性能が前面に出ている。
走行性能は異なるけど、快適性重視のエアロロードとなると、この2台が
筆頭に上がってくるだろう。


ソフトなBlue ACL EXとは対極的エアロロードと言えば、リドレーノアあたりか?
いずれにしてもBlue ACL EXは、高剛性エアロロードとは完全に真逆の、快適
性最重要視のエアロロードですね。
ここまで快適性を重視するエアロロードも珍しい。

(´・ω・`)走行性能を計算式にするとこんな感じか↓

Blue ACL EX=快適性7:スピード性能3


硬いエアロフレームを避けたい方にはいいかもしれない。
特にどの速度域でも、安定感がある。

④加速性能は弱い。現行のエアロロードと比較してもいくらか
パワー不足。瞬発力が弱い。

ただ、割とスムーズに走行してくれる(エアロ性能は強め?)ので、
ロングライドや長距離に強いかもしれない。

DSCN8954ngf (2)
⑤ちょっと面白いと思った点はBlue ACL EXの快適性は
通常のコンフォート系ロードと比較しても、なかなかいい線
を行っていると思う。

ダイナミックにベントしたエアロシートステーなど、所々で
快適性にも配慮している形状。


試乗した感じ、快適性+エアロ性能にこだわったバイクなの
は間違いない。

DSCN8960n
DSCN8946nf (1)
DSCN8946nf (2)
DSCN8961nfg (2)
DSCN8939nfg (1)
DSCN8941ngf (2)
DSCN8941ngf (1)
DSCN8957nfn (1)
DSCN894nf5 (2)
Visionのエアロブレーキパーツか……
快適なか何も、なぞのスムーズな走行性能はこのあたりのエアロパーツが効いて
いるのだろうか……
正直個性が強いエアロロードだと思う。
DSCN894nf5 (1)
DSCN8954ngf (1)
DSCN8951nfg (2)
(´・ω・`)うーん、極限まで体力が奪われた時に乗りたいエアロロード
かもしれない。
このフレームはトライアスロンなどの競技向き??
DSCN8762nfg (2)
DSCN8762nfg (1)
快適性を高めすぎるあまり、ある程度の剛性を犠牲にしている。
(´・ω・`)非常にマニアックな、快適性最重要視のエアロロード。
それこそがBlue ACL EX。
De Rosa - SK Pininfarina (Ultegra - 2016) セール 14%オフ ¥388781

スポンサードリンク

2017年03月19日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する