2017 MERIDA REACTO 5000試乗体験インプレ  アルミモデルREACT400との性能差について確認してみた。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2017 MERIDA REACTO 5000試乗体験インプレ  アルミモデルREACT400との性能差について確認してみた。

2017 MERIDA REACTO 5000試乗体験インプレ  アルミモデルREACT400との性能差について確認してみた。



DSCN8312dew (2)
2017 MERIDA REACT5000
今年も MERIDA REACTO5000に試乗しました。去年は105仕様の
MERIDA REACTO4000でしたが、前回は路面コンディションが若干荒れ気味。

今回試乗したコースは嬉しい事に一般道を利用した舗装路! 前回よりも
路面状態が良かったのでMERIDA REACTの走行性能が、体感的に分か
り易かったですね。
DSCN8332cedwwe (1)
MERIDA REACT5000試乗体験インプレ

(ゼロ加速度が強力だった……)
ゼロ加速~時速30km程度まで、実にパワフルに加速してくれるんですね。
相変わらず、速度のノリが実にいい……速い! 速いよ……

エアロロードなのに、高剛性カーボンロードの様にここまでパワフル
に引っ張っていってくれるとは……このゼロ加速性能の高さはエアロロード
としては実に珍しい。

他ブランドのエアロロードと比較しても、MERIDA REACT5000のゼロ加速
性能のパワーは、強力な部類に入るのでは?

脚で加速していくというよりは、フレームが強引に体を引っ張っていって
くれますね。
DSCN8327cwe (2)
(速度に乗ると、異常にペダルが軽くなる現象が発生)
やはりスピードにのってくるとMERIDA REACT5000のフレームが
リズムに乗ってきて、異様にペダルが軽くなる現象が発生します。
なんだか、ペダルで空気を回す様な感覚ですね。

速度を維持&最適化する為に、実に効率の良い走りをするというべきか……。
走りは直進安定性が実に効いている。
昨年と同じく、走行中の体力消費が少ないと感じました。
舗装路でも、多少荒れた路面でもMERIDA REACTは変わらない走りを
するんですね……。

快適性は通常レベルより少し高い。

(更に高速域にMERIDA REACT5000は、乗り手を引っ張っていく能力を有する)
やっぱりこいつは、強力なスピード系エアロロードです。
特に意識しなくても、勝手にスピードが出てしまう……
高速性能に強く、速度が速くなる程、スピード性を爆発させた様な
走りをします。
DSCN8311dwq (2)
ハンドルバー MERIDA Expert Compact road OS L:380mm(47cm) L:400mm(50cm) L:420mm(52/54cm)
ハンドルステム MERIDA Expert Carbon OS -5 L:90mm(47/50cm) L:100mm(52/54cm)

DSCN8330cw (1)
ケーブルの露出を最小限にするトップチューブタイプのインターナルケーブルルーティング
DSCN8319deqw (1)
エアロダイナミクスとフレーム剛性を両立するX-Taperヘッドチューブを採用
DSCN8310cwd.jpg
WARP TT の空力テクノロジーを採用したワイドスタンスのエアロフロントフォーク
DSCN8319deqw (2)
F.ブレーキセット Shimano 105-direct
2017 MERIDA REACTO 5000のブレーキ操作感覚は、エアロホイールそのもの。
DSCN8309cdew (1)
リム MERIDA Expert 35 CW pair
タイヤ Continental Grand Sport Race 25 fold

DSCN8311dwq (1)
フレーム Reacto CF3 direct 386
DSCN8312dew (1)
DSCN8325deqw (2)
DSCN8330cw (2)
BB386 とスクエア形状のBB 周りのチェーンステーにより高い剛性を発揮
DSCN8325deqw (1)
R.ブレーキセット Shimano 105-direct
DSCN8329cwe.jpg
DSCN8332cwe (2)
DSCN8316de.jpg
シートポストに振動吸収素材を配して、快適な乗り心地を実現したS-FLEXシートポスト
サドル MERIDA Race
シートピラー Reacto carbon Race [Di2 ready]

DSCN8309cdew (2)
ギヤクランク FSA Gossamer Pro 52-36 [386]L:170mm(47/50/52cm) L:172.5mm(54cm)
BBセット attached
F.ディレーラ Shimano Ultegra D
R.ディレーラ Shimano Ultegra SS
ギヤ Shimano CS-5800-11 11-28


MERIDA REACT5000走行性能まとめ
① ゼロ加速性能が強力。
② 体力消費が少なく、脚力の負荷が少ない。
③ どの速度域にも強い。速度が増すほどに真価を発揮する。
④ 快適性は通常より少し高目

(´・ω・`)実はMERIDA REACT5000の走行性能において、最大級に
驚いた点は価格の安さですね。

REACTO 5000の場合 販売価格(税抜) ¥265,000ですよ……
これは20万円台の走りではないな……さすがドイツセンチュリオンの義兄弟ブランド。
限界まで価格を抑えつつ、高次元な走りを可能にしている。

リーズナブルに、レースに投入したり、週末遠乗りしたり万能的に使える
エアロロードを探しているならMERIDA REACT5000かもしれません。
DSCN8296edw (2)
100000041382-l0ge.jpg
2017 MERIDA REACTO400

(´・ω・`)アルミモデルのREACT400とカーボンモデルのREACT5000の
差について、スタッフ様に訪ねてみました。

基本的にアルミモデルREACT400でも、カーボンモデルREACT5000走行性能に
近い所まで迫る走行性能だそうです。
なるほど……REACT400もそれなりの走行性能を獲得していたんですね……

ただし! アルミREACT400とカーボンモデルREACT5000の間には快適性や衝
撃吸収性に関して差があるとか。

やはり、コンフォート性能に関しては、カーボンモデルREACT5000の方がアドバ
ンテージがあるんですね。

( ;゚ω゚)……個人的に成程を思う所があります……かつてジャイアントのエアロ
フラットバーロードGiant FCR 1に試乗したときは確かにスピード性能が高かっ
たけど、路面からの衝撃が結構もろに来ていた記憶が。
エアロアルミモデルの宿命か……

ただ、REACT5000クラスのエアロ性能や走行性能を、REACT400が獲得していた
としたら、なかなか侮れない所があるかもしれませんね。
メリダ [MERIDA] 【お店で受取り専用】 2017 REACTO400(リアクト400) ロードバイク

スポンサードリンク

2017年03月14日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する