2017 Bianchi IMPULSO 105 コストを抑えつつ、レーシング性能を有したビアンキモデルが欲しかったら INTENSO 105でいいんじゃないですかね? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2017 Bianchi IMPULSO 105 コストを抑えつつ、レーシング性能を有したビアンキモデルが欲しかったら INTENSO 105でいいんじゃないですかね?

2017 Bianchi IMPULSO 105 コストを抑えつつ、レーシング性能を有したビアンキモデルが欲しかったら INTENSO 105でいいんじゃないですかね?


17bianchi181.jpg
17bianchi182.jpg
2017 Bianchi IMPULSO 105 税込 158,814 円 MattBlackCelestedecalカラー
これが IMPULSO 105における一番人気のMattBlackCelestedecalカラー。
IMPULSOって、どうして走りがいいんでしょうね?
ゼロ加速時における加速も軽いし、スピードコントロール性能も優秀。
公式では8.97kgか。

衝撃吸収性は標準クラスとはいえ、石畳で走行しても速度や加速を殺
さない、実にいい走りをするフレームです。

下手なカーボンフレームよりも、加速性が優秀ではあるけど。
やはり先日も書いたけどフレーム形状の勝利ですよね。
IMPULSOはその類のアルミモデル。
17bianchi121.jpg
2017 Bianchi INTENSO 105 税込 209,304 円

エントリーカーボンモデルの「INTENSO 」の場合は、アルミモデルのIMPULSO
と全然異なり、巡行中スピードが上がってからの、速度の伸びが持ち味。
時速25~30km辺りからの、加速というか突進力はエントリーカーボンにしては
なかなか美味しい。

ゼロ加速性能はおっとりしているけど、衝撃吸収性にはあまり依存していない
エントリーレーシングモデル。
(ぶっちゃけ、エントリーカーボンながらレーシング性能を強化してあって
個人的に好きだ)
17bianchi186.jpg
2017 Bianchi IMPULSO 105 税込 158,814 円 Celesteカラー
ただゼロ加速性能と加速性能はアルミ特性を最大限に生かした IMPULSO
のほうが上なんですよね。
少なくともゼロ加速時における脚への負荷は IMPULSOのほうが上なのでは?
(逆に、速度が伸びてからの加速はINTENSOのほうがいいかもしれない)

両モデル共に、どういう訳かレーシング性能を視野に置いたビアンキロード
な訳ですけど。
ただ、 Bianchi INTENSO 105の場合カーボンなので20万は用意しないといけない。
コストを抑えつつ、レーシング性能を有したビアンキモデルが欲しかったら
INTENSO 105でいいんじゃないですかね?
15万程度で、なかなか美味しいフレーム性能は手に入りますよ。
17bianchi188.jpg
ビアンキカラーの場合は、fi'zi:k ARDEAもチェレステカラーでカラー
コーディネートしてある。
シートクランプも、ビアンキカラーに処理されている。
どういう訳か? IMPULSOはカラー面でも、デザイナーの愛情を感じる。

17bianchi185.jpg
マットホワイトカラーの場合は、ドロップハンドルの下部分いわゆる「下ハン」
がチェレステに。
17bianchi183.jpg
クランク Shimano 105 50/34T 165/165/170/170/170/172.5mm
ちなみにMattBlackCelestedecalが一番人気。
ブレーキに至るまでフル105スペック

17bianchi187.jpg
フレーム Full Alloy Hydroforming Triple Butted
ブレーキ  Shimano 105
17bianchi189.jpg
リアディレーラー Shimano 105
カセット Shimano 105 11sp 11/28T
ホイール Shimano WH-RS010
タイヤ Vittoria ZAFFIRO RIGID 700Cx25C

WH-R500の後継機種として、10/11Sのスピードに対応したエントリ
ーモデルのホイールShimano WH-RS010を採用。
ビアンキ 2017年モデル インプルーソ 105 / IMPULSO 105【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

スポンサードリンク

2017年02月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する