2017 Bianchi INTREPIDA 105 驚異の17万円台、フルカーボン105スペックのビアンキロード! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2017 Bianchi INTREPIDA 105 驚異の17万円台、フルカーボン105スペックのビアンキロード!

2017 Bianchi INTREPIDA 105 驚異の17万円台、フルカーボン105スペックのビアンキロード!

17bianchi141.jpg
2017 Bianchi INTREPIDA 105
( ;゚ω゚)おおおぅ……驚異の17万円台(定価は18万円台)、フルカーボン105スペックのビアンキロード INTREPIDA 105です……。

17万&105なんて以前はアルミが限界でしたのに、気軽にリア11速カーボンが
手に入る時代になってしまいましたね。
しかもINTREPIDA 105の場合、ブレーキやハブまで105仕様。

一見スペックの高さが気になりますが、本当に注目して欲しいのが
INTREPIDAフレームですよ。
カーボン素材というよりはフレーム形状で、実に美麗な快適性を
実現させたフルカーボンフレームなんですから。

ちなみに上位カーボンモデルのインテンソの方には、フレームに
カーボン素材にケブラーを挿入することで、路面からの振動
吸収性を高めてある。ですので衝撃吸収性はインテンソの
方が理論的には高いはずなんですが……

どういうわけか、石畳を試乗した際はこのINTREPIDAの方が
衝撃吸収性と走りの美しさは格上に思えた。
多分フレーム形状を工夫してINTREPIDAは高い衝撃吸収性を
獲得しているのでは?
17bianchi111.jpg
2017 BIANCHI INTENSO Ultegra
ただINTENSOの方は、あくまでレーシングフルカーボンモデルでは
あるから、ノーマルクランク仕様のアルテグラスペックが
用意されてはいます。
INTENSOフレームって、走りが戦闘的だし。加速が確かにいい!
やっぱりINTENSOは戦闘機なんですね。INTREPIDAは高級旅客機
みたいな感覚。
17bianchi148.jpg
ステム Kalloy AS-M0190/100/100/110mm
ハンドルバー JD-RA38A/JD-RA35A 31.8mm380/400/400/420mm

シフター Shimano 105
フォーク Full Carbon 1.1/8"-1.5"
17bianchi143.jpg
フレーム CARBON
短めのトップチューブに、長めのヘッドチューブ。
アルミモデルのニローネと比較すると、圧倒的に衝撃吸収性が上。

コンフォート性能を高めたフレームなので、価格以上の価値がある。
コンフォート系フレームを手に入れる目的で購入しても全然OK。
17bianchi147.jpg
フロントディレーラー Shimano 105 34.9mm
クランクセット Shimano FC-RS500 50/34T 165/170/170/172.5mm


今や貴重な5アームクランク。
最近はSORAまで4アームクランク化してしまいましたし。
17bianchi149.jpg
ブレーキ Shimano 105
17bianchi145.jpg
サドル San Marco ERA START
17bianchi142.jpg
リム Alex AT470 32H
ハブ Shimano 105
タイヤ Vittoria ZAFFIRO RIGID 700x25C

105ハブを実装。
成程……可能な限り105スペックに近づけた、フルカーボンモデルでも
ある訳か。
17bianchi144.jpg
ここ最近定価ベースだとフルカーボン&105スペックのMERIDA SCULTURA 4000
などの様に、定価18万円台で普通にフルカーボンリア11速仕様が手に入
るだから恐ろしい……

ぶっちゃけ、低予算で買える105フルカーボンなのに実に衝撃吸収性がい
い感じです。
ビアンキ 2017年モデル イントレピダ 105 / INTREPIDA 105【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

スポンサードリンク

2017年02月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する