CARBONEX BF(カーボネックス ベントフォーク)に試乗してみました。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > YONEX CARBONEX(ヨネックス カーボネックス) > CARBONEX BF(カーボネックス ベントフォーク)に試乗してみました。

CARBONEX BF(カーボネックス ベントフォーク)に試乗してみました。

DSCN5707cds.jpg
CARBONEX BF(カーボネックス ベントフォーク)に試乗してみました。
フロントフォークをストレート形状としたモデルCARBONEX SFにも乗って
見たかったのでが試乗のタイミングが、合ったのでベントフォークタイプに。

(試乗の感想)
湘南バンクみたいな、サーキット系コースでカーボネックスはどういうレース性能
を発揮するのか興味があったのですが……

あれ? こんなに走行感が軽かったけ?? 綿か? 羽毛??
極めて、ペダリングが軽くて面白い!
いくら踏み込んでも、パワーロスがないや。


(独特の加速性能)
踏み込むと反応がいいフレームなので、加速してくれますが。
加速後、継続した速度を維持するには苦手かな。
軽いペダリングを利用して、連続した加速で速度を伸ばしていくタイプか。
ベントフォークでも踏み込んだ脚力がダイレクトに反応するのを確認。
しかし、まるで脚力消費が少ないので、驚く。

(適度な剛性×軽さを生かしている)
加速しようと思えば、脚力に応じてどこまでも高速域に持っていける。
快適性は恐らく標準クラス。
路面追従性や巡行性能は、それ程高くない。ただ、軽快な運動性能を
見せつけてくれる。
フレームの反応を生かして走るタイプ。
DSCN5715cqa.jpg
最近流行の高剛性、エアロ性能などを生かして大パワーで走るタイプではなく、
超軽快な走行性能が持ち味。
癖がないので、どんな乗り手でも乗りこなせる。
やはり欧米人程体格が大柄ではない、日本人の為に作られたフレーム。
DSCN5708cas.jpg
X-FULLERENE エックス-フラーレン
フラーレン分子を樹脂に複合し、強力な結合力によって、剛性や強度を低下させることなく軽量化。
DSCN5709cdd.jpg
MICRO CORE(マイクロコア)
一般的なコア材に比べ、250%高密度なコア材で、高い振動減衰性を発揮する。
DSCN5710cda.jpg
O.P.S. OVAL PRESSED SHAFT(オーバルプレスドシャフト理論)
チェーンステー部のフレーム厚を薄く適度にしならせ高いホールド性とコ
ントロール性を両立。横剛性を保持し振動に対して適度にしなり路面追従
が向上。
DSCN5714cds.jpg
極軽なフレームなので、やはり操作感が快適なアルテグラグレードの
コンポとの相性が良かった。
多分105からだと、操作感に重みを感じる。
それ位軽量感を体感できるフレームだと思う。
DSCN5720dc.jpg
DSCN5711cdw.jpg
DSCN5718cxqa.jpg
DSCN5717dc.jpg
DSCN5716cd.jpg
DSCN5712dcs.jpg
DSCN5713cd.jpg
CARBONEX BFはレース目的のフレーム
ツーリングや、快適な街乗り系、ロングライド系方面ではなく
純粋にレース仕様のフレームという事が分かった。
やっぱりテニスや、バトミントンのヨネックス。
徹底的に、スポーツ用品的なロードですね。

しかし、最近日本大企業による、自転車方面への進出が増えてきていません??
YAMAHAは電動ロード、YONEXはレース方面か。
やはりメーカーによって作ってくるバイクに、独特の個性があって
面白い。
【※30%OFF】Bianchi(ビアンキ) 2016年モデル 当店在庫分 インテンソ ソラ 【ロードバイク/ROAD】

スポンサードリンク

2016年12月26日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する