2017 新型NEILPRYDE BURA SL(ニールプライド ビューラSL)試乗体験インプレ 加速性能を 強化した新型ヒルクライムモデル! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > NEILPRYDE > 2017 新型NEILPRYDE BURA SL(ニールプライド ビューラSL)試乗体験インプレ 加速性能を 強化した新型ヒルクライムモデル!

2017 新型NEILPRYDE BURA SL(ニールプライド ビューラSL)試乗体験インプレ 加速性能を 強化した新型ヒルクライムモデル!


DSCN5603fsgeegd (1)
2017 新型NEILPRYDE BURA SL(ニールプライド ビューラSL)試乗体験インプレ

かの有名な軽量ヒルクライム系モデルですが、通常のエアロロードやロード
レーサーと比較しても十二分に勝負できる新型でした。


これは……それ程路面追従性は高くないですが、バンクの路面を
「面」で捕らえたかのような、実に安定感のある走りをします。

今までのニールプライドモデルと比較しても、実に加速性能を
強化したヒルクライムモデルです。
安定&確実にフレームが路面をコントロールしながら、グイ、グイ
加速していく様子が快感でした。
一瞬の爆発的な加速性を発揮するというよりは、巡行中において
粘り強い継続した加速をしてくれるタイプですね。

ロングライドモデルとスプリント系モデルが合体したかの様な、ヒルクライム
超軽量フレームです。
DSCN5612gsd (2)
(脚の負荷について)
加速性能は強力ですが、あまり脚に負荷がかからないタイプだと思います。
高速を維持する能力が高いので、間違いなくヒルクライムというよりはオールラウンダー
的な性能。

にしても、これが最新のヒルクライムモデルなのか……
これなら登りだけではなく、平地やサーキットでも十二分に勝負出来るではないですか?
DSCN5612gsd (1)

(NAZAREと同じくスピードをコントロールする性能がずば抜けている)

ある意味サーキットなどで、BURA SLを使用すると分かりますが
高速だろうが低速だろうが、あらゆる局面において
正確にスピードを維持&コントロールする性能を有しています。
巡行性能が高いと言えばそれまでですが、高速巡行中の
運動能力がずば抜けて高いですね。

正直ここまで自分が欲しい速度を、正確に設定できる能力はイタリアやドイ
ツ系モデルには無い性能です。
DSCN5608bdg (2)
DSCN5618gdf (2)
2017年モデルからBB部分とヘッドチューブの剛性を最適化したそうな。
現在のクライムモデルは確実に、剛性を強化してきているんですね。
確かにこれなら、普通にサーキットでも勝負可能。
DSCN5609hnf.jpg
DSCN5621few (2)
単なるヒルクライムバイクとは言わせない剛性を持つ最軽量720gロード。
クリテリウムにも耐えうる瞬発力と推進力を強化しただけあって、加速
性能はなかなかのもの。

逃げないんですよね、走行中速度が。

クライマーだけでなく、スプリンターをもうならせる強靭な走行性能を
新型BURA SLが有しているのは確かに間違いない。

またアップダウンの激しいコースを、長距離走破する際はとんでもない武
器になりそうだ。
DSCN5603fsd (2)
DSCN5621few (1)
DSCN5608bdg (1)
DSCN5607df.jpg
DSCN562fd3 (1)
DSCN5602gdf (2)
DSCN5615gdf (2)
DSCN5615gdf (1)
DSCN5618gdf (1)
DSCN5611gd.jpg
DSCN562fd3 (2)
DSCN5605fs.jpg
Colnago - V1-R ロードバイク (Ultegra、2016)

スポンサードリンク

2016年12月14日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する