アタッキ社 2017 GUSTO RCR TE (グスト RCR チームエディション 105完成車)試乗体験インプレ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GUSTO > アタッキ社 2017 GUSTO RCR TE (グスト RCR チームエディション 105完成車)試乗体験インプレ

アタッキ社 2017 GUSTO RCR TE (グスト RCR チームエディション 105完成車)試乗体験インプレ

DSCN5432cew (2)
2017 GUSTO RCR TEAM Glossy Blue×White

プロユースのT-800カーボン&フル105スぺックの
2017 GUSTO RCR TEAMに試乗してみました。

GUSTOの高品質な走行性能を確認しましたよ。
個人的に、グストの高い走行性能を体感出来て大収穫だったな。

グストの営業の方から RCR TEAMは「¥178000でプロユースの性能を獲得した、
完成車フルカーボンモデル」と、実に熱い説明を受けました!
DSCN5423cvw (2)
2017 GUSTO RCR TEAM Red×White
DSCN5423cvw (1)
2017 GUSTO RCR TEAM Gray×Black
DSCN5441cwe (2)
(表示されていた2017 GUSTO RCR TEのデーター)
Model Name:RCR TE(RCR Team Edition)
    Shimano 105 Carbon Road Bike

プロチームが使用するフレーム&フォークにShimano105を
フル装備してハイコストパフォーマンスモデル。
950gの軽量フレーム、高い剛性で鋭い加速力を持ちながら
クセの無いバランスのとれた仕上がり。
どんなシチュエーションにも対応するオールラウンドモデル。

東レ T800カーボン使用
完成車重量8.0kg (フレーム950g、 フォーク430g)
サイズ:46・48・50・52・54cm
価格:¥178000


DSCN5454cfd (2)
(2017 GUSTO RCR TEAM試乗体験インプレ)

路面追従性が極めて高いカーボンモデルでした。
湘南バンクの路面に、まるでタイヤが吸着したかの様。
高速になっても、しっかり路面をとらえて離さない。

そういう意味においては、安定性が高く扱いやすいカーボンロード
だと思います。

直進安定性が高く、その上異様に走りが軽いのも特徴。
エアロロードGUSTO RCA2.1もそうでしたが、グストのバイクは
脚力に負荷がかかりにくいフレーム設計の様です。
つまり、それ程豪脚の方ではなくとも、乗りこなせる優等生
的なカーボンモデルだと。
DSCN5434cw (2)
(レーシング性能高め)
やはり、コンフォート系カーボンモデルというよりはレーシング
モデルですね。
高品質のカーボンフレームが提供するヌルヌルとした、独特の疾走感が
たまりません。そういう意味においては、マイルドな乗り心地。

湘南バンクの路面コンディションは、平坦そのものなので
衝撃吸収性はちょっと分かりにくかった。
ただ、割と高目なのでは?
剛性が全面に出たフレームではないので、踏み負けるという事はなさそう。
DSCN5448cw (2)
(性能的には何万クラス?)
言うだけあって、フレームが確かに高品質ですね……大体完成車30
万オーバークラスの走行性能は有しているのではないでしょうか?
フラグシップカーボンフレームクラスの性能にはまだ届いていない。
大体30万以上のミドルグレードカーボンモデルの性能は、しっかり獲得して
いますぜ?

少なくとも、17万円台クラスカーボン完成車の走りではないですよ。
(他社15万以上のエントリーカーボンモデルで、ここまでのレベルの高い
走りは、絶対不可能)


(2017 GUSTO RCR TEAM試乗まとめ)
要するにこのモデルは、30万オーバーのミドルグレードクラス完成車
の実力を有しながらも、17万&フル105で販売されている
ハイコスパモデルな訳だ。
品質面においては◎ 申し分なし。
DSCN5443vcds (1)
DSCN5440cd (2)
ブレーキ SHIMANO 105
パーツ面においてもコスパが高いモデルだ。
DSCN5437cvw.jpg
DSCN5436vf (2)
ホイール SHIMANO WH-RS11
DSCN5431cdw.jpg
DSCN5430cwd (1)
クランク SHIMANO 105 34/50T
DSCN5451cvef (2)
フレーム T800 Carbon
DSCN5454cfd (1)
DSCN5441cwe (1)
DSCN5441bd.jpg
Maid In Taiwan

台湾製造である事前面に出したグスト高品質フレーム。
ダウンチューブにこのロゴがあしらわれていたんだけど
色々な意味で、衝撃を受けた。
とうとう、高品質=台湾という事をアピールする時代に
なったんだな……と実感。
DSCN5436vf (1)
DSCN5449cf.jpg
DSCN5434cw (1)
DSCN5445cwd (2)
DSCN5432cew (1)
DSCN5448cw (1)
リアディレーラー SHIMANO 105
スプロケット SHIMANO 105 11/32T

DSCN5451cvef (1)
DSCN5443vcds (2)

(こういう方にGUSTO RCR TEAMはお勧め)
・初めての一台で、カーボンモデルを乗りこなしたい。
・性能面で絶対に妥協したくないが、リーズナブルに済ませたい。
・レースに出たい! 
GUSTO RCR TEAMは、実際に湘南バンクを走ってみて、
レースに実戦投入できるレベルだと確認。
[お店で受取り専用][グスト]2016 GUSTO RCR1.1 カーボンフレーム ロードバイク

スポンサードリンク

2016年12月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する