2017 LOUIS GARNEAU LGS-CT クラシカルな本格ツーリングバイクとして、モデルチェンジ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ) > 2017 LOUIS GARNEAU LGS-CT クラシカルな本格ツーリングバイクとして、モデルチェンジ

2017 LOUIS GARNEAU LGS-CT クラシカルな本格ツーリングバイクとして、モデルチェンジ

DSCN4232dew (2)
2017 LOUIS GARNEAU  LGS-CT
ルイガノの2017年モデルLGS-CTに関してですけど。
とうとう、STIからWレバー化しましたね!?
しかもトータル30速仕様は維持したままで、価格を下げています。

4130 クロモリダブルバテッドへ、毎回ティアグラなどの最新パーツを
楽しめるモデルだったのですが。
今回からWレバー仕様にした他、フロントキャリアーや、
泥除けを標準装備。

見た目も仕様も完全にレトロツーリングスタイルにこだわった様です。
でも、これだけ色々工夫しているのに価格は、以前よりもリーズナブル
なんですよね。
DSCN4233cdw.jpg
ハンドルバー ALLOY DROP(380/380mm、420mm、400/460mm、500mm、420/540mm)
ステム ALLOY QUILL ANGLE 17 DEGREE(80/420mm、 460mm、500mm、 100/540mm)


スレッドステム仕様。インラインレバーは廃止して、フロントバッグを取り付けやすく
したのかな。
DSCN4232dew (1)
フロントフォーク 4130 CR-MO
DSCN4237dew (1)
フレーム 4130 CR-MO
シフター  MICROSHIFT DOWN TUBE MOUNT
DSCN4235cw (2)
クラシックな細身のクロモリフレームにカラーアズキが似合いますね。
何気にカラーリングは和風。
DSCN4237dew (2)
フロントディレーラー MICROSHIFT FD-R730-B
クランク SUGINO ALPINA2 TRIPLE 48X36X26T(170mm)

2016年モデルは、ティアグラなどのブラック系パーツを採用して
精悍な感じでしたが。
2017年モデルはスギノなどのシルバー系パーツを採用して、
レトロ感を演出。
DSCN4239cd.jpg
B/B (B/B WIDTH/AXLE) SUGINO CARTRIDGE CR-MO 113mm(68mm)
ペダル ALLOY
ブレーキ TEKTRO ALLOY CANTI


こりゃ凄い。最初からここまで装備が充実しているとは。
あとは、バッグ類などのパーツを揃えればちょっとしたツーリングも
いきなり行けるじゃあないですか?
DSCN4235cw (1)
リアディレーラー MICROSHIFT RD-R47
フリーホイール SHIMANO CS-HG500 12-28T 10SPD

見た目はレトロですが、リア10速仕様。LGS-CTを購入したら
やっぱりリアキャリアーは取り付けたいな……
cdw.jpg
サドル LG LEATHER
フルクロモリかつ、これだけ装備を搭載しているのに重量は
12.8kgまで抑えています。

サドルはレザー製で、なんと穴あき仕様!
価格は抑え目なのに、まさかレザー系サドルを持ってくるとは。

メインコンポがMICROSHIFT(30 SPEED)というのも、かなりレアですね。
2017年モデルのLOUIS GARNEAU LGS-CTは
伝統をいつまでも重んじるライダーに乗っていただきたい、正統派バイクか。
完全に街乗り色は排除した模様。

しかし、デュアルコントロールレバー方式から、Wレバー方式に変更ということは
今はクラシカルなツーリング仕様の方が需要や人気があるという事なんでしょうね。
とはいえカナダブランドのルイガノデザインですから、どこか華やかでもあります。
【※30%OFF!】【送料無料】ルイガノ 2016 LGS-CT【ロードバイク/ROAD】【LOUIS GARNEAU】【2016年モデル】【自転車】【※沖縄・離島は送料無料対象外】

スポンサードリンク

2016年12月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する