2016 YAMAHA YPJ-R試乗体験インプレ 「ECO」モードって、エアロロードの様な走りの軽さがあった。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > YAMAHA YPJ-R > 2016 YAMAHA YPJ-R試乗体験インプレ 「ECO」モードって、エアロロードの様な走りの軽さがあった。

2016 YAMAHA YPJ-R試乗体験インプレ 「ECO」モードって、エアロロードの様な走りの軽さがあった。

DSCN4802fsd.jpg
2016 YAMAHA YPJ-R試乗体験インプレ

2016年度モデルの電動アシストロードYAMAHA YPJ-R
に試乗してみました。
基本的に、デザインも性能も前年度の初代YAMAHA YPJ-R
と同じだそうです。
DSCN4821fwe (2)
(体感的なYPJ-Rのアシストパワー)
「HIGH」モード 14km 基本的に登板可能な強力アシスト。パワフル。
「STD」モード  22km  登板の際、若干辛くなる。平地では相当楽
「ECO」モード  48km  ロード主体での走り。若干アシストパワーがさり気なく加わる。
                「ECO」って、エアロロードの様な走りの軽さがあった。

何が言いたいのかというと、電動アシストの大パワーを生かした、
パワフル&極楽な走りをしたければ、「HIGH」モード、「STD」モードを選択
するしか無い訳だ。

ただ「HIGH」モードなどの強力なアシストモードを継続すると、20km弱程度しか
距離を走れない。つまりバッテリー消費が激しくなる。

基本的に日常的にはYPJ-Rのロード性能を生かしながら、「ECO」モードで
走る形になると思う。
確かに、「ECO」モードの場合ロード主体の走りを楽しみながら、徐々にアシス
トが入るという感覚だ。
(なんとなくこの辺は、速度こそは違うがエアロロードに近い。脚が楽になる)

電源を切って走ってみたけど、確かにそれなりに走る。
ちょっと重いロードという感じ。でもって、「ECO」モードを入れてみると、なんとなく
エアロロードにでも乗ったかのような脚の軽さを感じ始めた。
やはり、「ECO」モードといえど、結構あなどれないアシストパワーが加わっているのだ。

DSCN4817few (2)

「HIGH」モード 
パワフルな「HIGH」モードは急坂での登板時や、登りなどで真価を発揮するのは間違いない。
正に禁断のアシストモードで、どの超軽量ヒルクライム仕様のカーボンロードを持ってきても
かなわないだろう。
ただこの禁断の「HIGH」モードは走行距離14km程度しか、発動しないのだ。
だから、通常は「ECO」モードの場合ロード主体の走りを楽しみつつ、登板時などで
「HIGH」モードにすれば、理想的な走りが出来ると思う。

逆に街乗りや近距離で使う分には、常に「HIGH」モードでパワフルな走りを
楽しめる訳か。
DSCN4801cdw.jpg
DSCN4817few (1)
DSCN4808fe.jpg
ドロップハンドル&シマノ製デュアルコントロールレバー(SHIMANO 105)

基本的に、105スペック。変速性能や操作感、ボジョニングに関しては全く
ロードと同様。
アシストをOFFにすると、アルミ剛性を主体にして走る。
坂道で電源が切れると辛いが、平地なら特に問題なく走れる。
DSCN4810gr (1)
スイッチユニット

.走行モード切替ボタン、バックライトボタン
セレクトボタン、USBポート
DSCN4810gr (2)
電源ボタンは、ユニットスイッチ横に配置。
DSCN4806fwe.jpg
シマノ製キャリパーブレーキ(SHIMANO 105)<フロント&リヤ>

ブレーキ自体は105スペックなので、アシストパワーが加わった
走りでも確実にブレーキ制動が可能だった。
基本的な操作関係に関しては、見事な仕上がり。
DSCN4807r.jpg
DSCN4815gre.jpg
YPJ-Rフレーム自体は、バネ感のあるアルミフレームで仕上がっている。
(アルミ剛性主体のフレーム)
仮に、アシストユニットを全て排除してみたとしても、普通のアルミ
ロードとして使えそうだ。
強力なアシストパワーに耐えられるだけの剛性を持たせたアルミフレーム
なんでしょうね。
DSCN4805gre.jpg

2.4Ah小型バッテリー
付属のUSBアダプターをバッテリーに装着することで、モバイルバッテ
リーとしての使用も可能

個人的に、多少重量がかさんでも予備バッテリーを1個は用意して
おきたい……
ある意味、YPJ-Rはバッテリー走行中におけるバッテリー残量との
戦いになると思う。
アシストに慣れた後、アシストを切るといきなり負荷が増した様に
思えてしまう。
逆にHIGHモードで走る分には、とことん極楽だわ。
DSCN4803cds.jpg
DSCN4812fr (2)
フロント:50T/34T、リヤ:12T~25T
YPJ-Rはやはり、巡行性能を重視した電動アシストロードだと思う。
YPJ-Cはアップライドな姿勢で、街乗りの際のストップ
&ゴーを電動アシストで楽しめるのが長所。
DSCN4821fwe (1)
DSCN4812fr (1)
実はYAMAHA YPJ-R心臓部のドライブユニットは、ヤマハ欧州向け
モデルを国内仕様に専用セッティングされたもの。
欧州e-bikeモデルの流れを汲む、ドライブユニットだそうだ。
後日YAMAHA YPJ-Rの海外展開なんかもあったら、楽しそうだな。

ヤマハ [YAMAHA] 【お店で受取り選択可】 2016 YPJ-R 700x25C 電動自転車 ロードバイク

スポンサードリンク

2016年11月30日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する