CANYON AEROAD CF SLX試乗体験インプレ 正に走りがドイツエアロロード!   油圧ディスクブレーキ仕様のUSRAM RED eTapテスト機が展示されていた! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > CANYON  > CANYON AEROAD CF SLX試乗体験インプレ 正に走りがドイツエアロロード!   油圧ディスクブレーキ仕様のUSRAM RED eTapテスト機が展示されていた!

CANYON AEROAD CF SLX試乗体験インプレ 正に走りがドイツエアロロード!   油圧ディスクブレーキ仕様のUSRAM RED eTapテスト機が展示されていた!


DSCN3927sdc.jpg
DSCN3928csw.jpg
CANYON AEROAD CF SLXに試乗しました。とりあえず、感じたことを
そのまま記載しておきます。

直進安定性が強いドイツロードという印象。
硬く剛性を生かした爆速モードで、戦闘的な走りをするエアロロードか
と思っていたら、ちょっと違う。
扱いやすく、どの速度域でも対応できる万能性があるラロロードだと思う。

(どの速度域でも、スピードを維持できる能力がある)
AEROAD って、落ちにくいんですよね、速度が。どの速度域でも速度が落ちにくいのが
AEROAD CF SLX最大の武器かもしれない。

正直、もっと試乗時間があれば更にこの長所が理解できたかも。
短時間の試乗では、一番性能が分かりにくいタイプ。

(衝撃吸収性は通常レベル。割と体への負荷がある)

他社のエアロロードと比べると、コンフォート性能や衝撃吸収性は通常~
少ないレベルですね。

(脚への負荷が割と大きい)
やはりBB周りの剛性が高いせいかゼロ加速時などにおいて、割と脚への
負荷が大きいエアロロードです。
ある程度、体への負荷を犠牲にしてでも速度を出す為に、エアロ形状に
特化したエアロロードなのでは。
フレーム剛性は高目な方かな。
DSCN3933ed.jpg
ステム一体型のエアロハンドル。

とはいえ速度を維持している最中、実に快速なので疲労が少ないのも確か。
全体的に、ステム一体型エアロハンドル、フォーク、シートステー、チェーンステー
に至るまで、徹底したエアロ形状なのが凄まじかった。


(平地を高速で長時間疾走するのに特化した、エアロロードなのでは)

直進安定性と快速性を長時間維持し、レースに勝つためのドイツエアロロ
ードですね。
どこかしら、直進安定性や巡行性能が強いドイツFELTの影がちらついた感じも
します。
DSCN3932cfws.jpg
DSCN3929fcw.jpg
ダウンチューブも見事なエアロ(カムテール形状)
DSCN3930fcw.jpg
割と速度に乗るまでに脚力を使うが、速度に乗った後は逆に
脚力消費を抑えられる。
流石にエアロ性能が発動していたかどうかは不明だが、個人的
にはその辺にドイツ系ロードっぽい特徴を感じた。
やはりドイツゲルマン民族的なエアロロードなのね。
ドイツ系ロードに乗り慣れた方なら、すんなり乗りこなせてしまう
エアロロードかもしれない。



DSCN3896adsx.jpg
CANYON Ultimate CF SLX 
ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝を記念したマイヨロホカラーの実車

逆にULTIMATEの方は快適性が異様に高く、非常に乗り易い。
脚の負担が少ないのは確かにULTIMATEだが、レース時に費用様な
高速を維持する能力を持っているのはAEROAD。

ただULTIMATEも AEROADも直進安定性が強い点が特徴。


DSCN3942cda (1)
CANYON ULTIMATE CF SLX DISC PROTOTYPE TESTED BY KATUSHIMA TEAM
油圧ディスクブレーキ仕様のSRAM RED eTapを採用した、チームテスト機。

油圧ブレーキホース以外の、ケーブルが存在しない……

DSCN3944cds (2)
DSCN3943cd (2)
DSCN3943cd (1)
DSCN3942cda (2)


DSCN3935dcs.jpg
CANYON AEROAD CF SLX 8.0 Di2
DSCN3938vs.jpg
DSCN3937fr.jpg
DSCN3939fvw.jpg
DSCN3936cdwfe.jpg
Wiggle 最大45%OFF カリスマ性のあるDe Rosaが今ならお買い得

スポンサードリンク

2016年11月13日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する