2017 GIOS AL LITE (生真面目なフルティアグラ4アームクランク仕様)  更に軽量モデルが欲しいなら、2017 BASSO MUGELLOだ!!   スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIOS(ジオス) > 2017 GIOS AL LITE (生真面目なフルティアグラ4アームクランク仕様)  更に軽量モデルが欲しいなら、2017 BASSO MUGELLOだ!!  

2017 GIOS AL LITE (生真面目なフルティアグラ4アームクランク仕様)  更に軽量モデルが欲しいなら、2017 BASSO MUGELLOだ!!  



imgrc0064973412.jpg
2017 GIOS AL LITE
2017年モデルアルミモデルの仕様は大真面目ですね。
ブレーキに至るまでフルティアグラスペックに、シマノ製ホールまで
付いてきて11万円台ですよ。
コストを抑えつつ、信頼性の高いコンポなら確かにティアグラでいいかも
しれません。
このジオス アルライトの面白い所はイタリア製サドルのセライタリアや
同じくフルクラムホールなどイタリア系パーツをあえて排除し、和製
シマノパーツをふんだんに取り入れることで、高レベルのコストパフォーマンス
を達成してしまった点にあります。

イタリアブランドながら、積極的にシマノ製パーツを取り入れてくれるという
姿勢が素敵。
しかも、コストを抑えつつも操作性が高い4アームクランクティアグラ仕様なの
で初めてロードに挑む方にもど真ん中なモデルなのでは?

imgrc0064973411.jpg
ハンドル GIOS ORIGINAL φ31.8
ステム GIOS ORIGINAL 90/100/110mm
imgrc0064973409.jpg
シフター SHIMANO ST-4700
imgrc0064973410.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-4700

2017年モデルの新車で、この充実ぶりは流石ですね。
派手さはないけど、意地でもサードパーティー系のブレーキ
パーツを使用せず、フルシマノ製にこだわった仕様。
2台目として購入しても、無理のない価格設定なのが魅力
ですね。
imgrc0064973408.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CARBON FORK

45mmオフセットのカーボンフォーク仕様。ふらつきを防止し
直進安定性重視の走りを提供してくれる。
コントロール性を重視しているので、長距離ツーリングの際に
楽しく乗れそう。
imgrc0064973407.jpg
フレーム GIOS DB ALUMINUM SPECIAL TUBING
imgrc0064973406.jpg
imgrc0064973405.jpg
imgrc0064973404 (1)

フロントディレーラー SHIMANO FD-4700
リアディレーラー SHIMANO RD-4700SS
チェーンホイール SHIMANO FC-4700 50/34 L170mm
カセット SHIMANO CS-HG500 12-28T
img58522150.jpg
ホイール SHIMANO WH-R501
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700×25C

シマノ製コンプリートホイールを採用。ジオスアルモデルの
走りは、ホイール性能で稼いでいるのもポイント。
imgrc0064973403.jpg
サドル GIOS ORIGINAL
シートポスト GIOS ORIGINAL φ27.2



imgrc0066302899.jpg
2017 BASSO MUGELLO

さて、同様にイタリアンモデルBASSO MUGELLOもGIOS AL LITE
とほとんど仕様が同様になっています。
やはりフルティアグラに、シマノ製SHIMANO WH-R501ホール仕様。
実は価格もGIOS AL LITEと全く同じ、11万円台。

ステムやハンドルにマイクロテック社製のパーツを持ってきていますね。
2017年モデルから、BASSO MUGELLOにシルバーカラーが追加され
ました!
実は、BASSO MUGELLO(9.4kg)はGIOS AL LITE(9.6kg)と比較して、
わずかながらですが軽量に仕上がっています。
イタリアンジオスブルーに惚れたらGIOS AL LITE。より軽量性を求めた
いならBASSO MUGELLOという選択をしても面白いのでは。

imgrc0066302898.jpg
imgrc0066302897.jpg
imgrc0066302896.jpg
imgrc0066302888.jpg
imgrc0066302895.jpg
imgrc0066302894.jpg
imgrc0066302893.jpg
抜き身のシルバーカラーという事は、相当溶接の方にも自身があると
いう事かな??
imgrc0066302892.jpg
imgrc0066302891.jpg
imgrc0066302889.jpg
imgrc0066302890.jpg

BASSO MUGELLOの方はGIOS AL LITEよりもあえて、ロゴの表記を
抑えて大人なイタリアンモデルという感じ。
蛇の様な、滑らかなデザインが個人的に好みです。
【P最大18倍+クーポン(10/24 10時まで)】2017モデルGIOS(ジオス)AL LITE(アルライト)アルミロードバイク【送料プランB】【0824楽天カード分割】【完全組立】

【P最大18倍+クーポン(10/24 10時まで)】2017モデルBASSO(バッソ)MUGELLO(ムジェロ)ロードバイク【送料プランB】【0824楽天カード分割】【完全組立】

スポンサードリンク

2016年10月24日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する