2017 CENTURION CITY SPEED DISC 1000  シマノ新型街乗りコンポーネント「メトレア」搭載のクロスバイク スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > CENTURION センチュリオン > 2017 CENTURION CITY SPEED DISC 1000  シマノ新型街乗りコンポーネント「メトレア」搭載のクロスバイク

2017 CENTURION CITY SPEED DISC 1000  シマノ新型街乗りコンポーネント「メトレア」搭載のクロスバイク

IMG_3224vs (1)
2017 CENTURION CITY SPEED DISC 1000
シマノ新型街乗りコンポーネント「メトレア」搭載のクロスバイクが
2017年モデルセンチュリオンから出てきました!


さすがメリダの親玉ドイツセンチュリオン。
いきなりメトレアの完成車を投入してくるとは、やることがいつも最先端だ。

メトレアの設計思想としてポジショニングが、クロスバイクより深く、ロードバイク
よりも浅い、上半身の角度が60度~45度で快適なハンドリングが実現し走行
性能がUPするように設計されている。

IMG_3233vds (1)
クランクがSHIMANO METREA FC-U5000-1 クランクセット 42T(1x11S)
か。
フロントシングル仕様のメトレアになるんだ。
なんという最先端感。
クロスバイク的なデザイン視点で見てみても、このオールシルバー
デザインって斬新ですね。

IMG_3224vs (2)
ブレーキがなんとディスク仕様 
フロントブレーキ Shimano RS785 160/160mm

油圧式ブレーキを採用しているため街乗り用としてはもったいないくら
いのコンポーネントになっています。
IMG_3239vs.jpg
元々センチュリオンスピードドライブシリーズは、街中を快走する為の専用
クロスバイク。
以前からフルアルミ仕様で、2016年モデルはロード用ティアグラコンポに
ディスクブレーキ仕様でしたが。
その仕様を、新型クロスバイク用コンポ「メトレア」が引きついた形になります。

2016年モデルは、やはり斬新なティアグラ4アームクランク仕様だったの
ですが。

2017年モデルからはスぺーシーなメトレアクランク搭載か。
2017年も挑戦的なクロスバイクとして CITY SPEED DISC 1000が出てきた
訳です。

フレームカラーもメトレアに合わせて、シルバー系になっていますね。
IMG_3236vs (2)
フォークがSport Aluminium
リム Jalco SHL26 OS
タイヤ  Schwalbe Road Cruiser 32C

IMG_3233vds (1)
BB Shimano Press-Fit BBRS500

シマノ新コンポーネントメトレア。
クランクにはチェーンガードがついていますので裾バンドが不要に
なります。
IMG_3233vds (2)
IMG_3234vfds (2)
フロント&リアハブ Shimano RS505
IMG_3234vfds (1)
リアディレーラー Shimano Metra
カセット Shimano 105 11-speed 11-32 

カラー マット ブラッシュド(グレー)
サイズ 47cm(160~175cm)、50cm(165~180cm)、53(175~185cm)
コンポ―ネント メトレア



なんとなくCITY SPEED DISC 1000を見てみると、EU圏内の
一般ユーザーをターゲットにした仕様に見える。
シティクルーザーとか流行しているし、荷物を積載する為の
キャリアー用ダボ穴も画像から確認。
EUのシティクルーザーは、荷物の運搬&積載性能が重要に
なってくるし。

普通のライフスタイルの中で、ある程度の距離をスポーティーに
走る為の仕様なのかな。
だから、トラブルに強いディスクブレーキ仕様な訳で。

という事は、日本国内で使用しても使い勝手が良さげと思うけど。
デザイン性に関しては、洗練されているし。
【先行予約受付中】CENTURION(センチュリオン) 2017年モデル CITY SPEED DISC 1000 (シティスピードディスク1000)[その他][パーツ・アクセサリ]

スポンサードリンク

2016年09月30日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する