2017 MERIDA SCULTURA 100  9万円台で、新型Scultura liteフレームが手に入る裏技的モデル スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2017 MERIDA SCULTURA 100  9万円台で、新型Scultura liteフレームが手に入る裏技的モデル

2017 MERIDA SCULTURA 100  9万円台で、新型Scultura liteフレームが手に入る裏技的モデル

ci-604071_3.jpg
2017 MERIDA SCULTURA 100


これはコストパフォーマンスが高い一台に仕上がりましたね。
上位モデルと同じく、Scultura liteフレームを採用している上に
とうとうブレーキまで強化されて、シマノ化(クラリススペック)ですよ!

エアロ性能まで追求した新型Scultura liteフレームを、エントリーコンポの
ソラとクラリスで、9万円台でリーズナブルにSCULTURAフレームを楽しん
でしまおう
というモデルです。

(2017年モデルの3桁アルミSCULTURAフレームは、カーボン
SCULTURA CF2の形状と酷似している)

ちなみに、2017 MERIDA SCULTURA 100のフレームは
Scultura lite-single BSAを採用しています。

では、105ミックスのMERIDA SCULTURA 400  フル105スペックの
MERIDA SCULTURA 700のフレームと比較してみましょう。



cc-merid-scul400_11as.jpg
2017 MERIDA SCULTURA 400

SCULTURA 400のフレームは上位モデルと同じScultura Lite アルミフレーム
(Scultura lite BSA)

こちらもネジ切りタイプで、リア11モデルの重量8.8kg。
気軽にリア11速を楽しめる、リーズナブル105スペックモデルです。



2016082919313795agve.jpg
2017 MERIDA SCULTURA 700

フル105スペックSCULTURA 700の場合、フレームはScultura lite[PF86]

Scultura Lite アルミフレームを採用していますが、
SCULTURA 400、SCULTURA 100のネジ切りタイプとは違い、
SCULTURA 700の場合は「プレスフィットBB86」を採用。
BB86規格は加速性能が高いなど、走行性能においてメリットがあります。

完成車重量8.5kgを誇る軽量アルミレーシングモデルなので
レースでの使用を視野に入れている仕様と言えますね。


ci-604071_10.jpg
さて、クラリス&SORAスペックの2017 MERIDA SCULTURA 100
についてですが。ブラック/ブルーカラーが、実にカッコいいです!
(なんかしらんが、個人的にはまった)
サドルにまでブラックブルーをあしらい、デザイン面に
おいても結構好みです。
ci-604071_9.jpg
ハンドルバー MERIDA Expert Compact road OS
L:380mm(44/47cm) L:400mm(50cm) L:420mm(52/54cm)
ハンドルステム MERIDA Comp OS -6
L:80mm(44/47cm L:90mm(50cm) L:100mm(52/54cm)

シフター Shimano Claris

クラリスシフターなので、ハンドル周りのケーブルが多少露出しております。

ci-604071_8.jpg
フレーム Scultura lite-single BSA
ci-604071_20.jpg
フォーク Road carbon Race
ci-604071_19.jpg
ci-604071_17.jpg
X-TAPER HEADTUBE
外部バテッドしたヘッドチューブ形状
エントリーモデルながら、上位モデルと同様のフレームな
ので下側1.5インチの大径ベアリングを持つテーパーヘッ
ドセットを採用。

ci-604071_11.jpg
F.ブレーキセット Shimano Claris
遂に、2017年モデルから、ブレーキもシマノスペック!
もしかしたら、新型Scultura liteフレームの走行性能と釣り合わせる
為に、ブレーキ性能を強化したのかな? と推測。
そんだけ、CF2フレームって良く走ってくれたんですよね。
ci-604071_6.jpg
ci-604071_7.jpg
ケーブルもインターナルな上に、カーボンフレームの様な
ケーブル配置です。
うーん、やっぱり新型Scultura liteフレーム目的で購入したい方には
うってつけのモデルかもしれない。
ci-604071_13.jpg
F.ディレーラ Shimano Claris D
ギヤクランク FSA Tempo 50-34
ci-604071_18.jpg
BBセット Cartridge Bearing
ci-604071_15.jpg
リム MERIDA comp SL 20 pair
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold / Maxxis Dolemites 25 fold
ci-604071_16.jpg
R.ブレーキセット Shimano Claris
ci-604071_12.jpg
ci-604071_14.jpg
ギヤ Sunrace CS-8S 11-28
R.ディレーラ Shimano Sora SS


全体的にSCULTURA 100はクラリススペックではあるけれど。
負荷の大きいリアディレーラーにSora を配置。
フロント2速×リヤ8速 9.4kg

Scultura liteフレームを採用したモデルでありながら、なんと
10万アンダー 価格91,270円 (税込)を力技で達成してしまった裏技
みたいなモデルだ。
新型Scultura liteフレームをリーズナブルに手に入れる事が出来
るのはいいよね。
ブラック/ブルーカラーも、華麗だし。
MERIDA(メリダ) 2017年モデル SCULTURA 100 (スカルチュラ100)[コンフォートロード][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2016年09月13日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する