2017 MERIDA SCULTURA 400  今までのSCULTURA 400の仕様について、振り返って見たいと思います。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2017 MERIDA SCULTURA 400  今までのSCULTURA 400の仕様について、振り返って見たいと思います。

2017 MERIDA SCULTURA 400  今までのSCULTURA 400の仕様について、振り返って見たいと思います。

cc-merid-scul400_10.jpg
2017 MERIDA SCULTURA 400 アントラシート
新型アルミフレームやシマノ製ブレーキを新たに採用した
2017 SCULTURA 400についてですけど。

今までのSCULTURA 400のパーツ構成について、振り返って
見たいと思います。



SCULTURA 400の2015年モデル~2016年モデルまでの簡単な歴史

cc-216726-o16_4.jpg
2016 MERIDA SCULTURA 400

超人気モデルSCULTURA 400って、毎年低価格でリア11速モデルを購入可能な
仕様が宿命づけられているじゃないですか?
ですので、2015~2016年モデルあたりはブレーキやホイールをメリダオリジナ
ル、クランクを11速対応のShimano RS500にして驚異的な低価格路線を展
開していました。

フレームも、新型2017年モデルとは違いトップチューブがアーチ形状ですよね。

特にこのSCULTURA 400が馬鹿売れしはじめたのが、確か2015年モデルあたり。

しかし完成車SCULTURA 400を購入後、メリダオリジナルブレーキやホイールの
交換が頻発したことから、パーツやホイールを強化した怪物超軽量アルミモデル
SCULTURA 700の登場につながったとか。



cc-merid-scul400_11.jpg
で、今回の2017年SCULTURA 400モデルについてなんですが、今までの弱点を克服しパ
ーツのグレードUPを図っています。
特にブレーキパーツの強化が悲願だった訳ですが。
cc-merid-scul400_19.jpg
R.ブレーキセット Shimano R561

遂にブレーキがシマノ化! Shimano R561を採用。
とうとう2017年モデルからシマノ製ブレーキを採用ですよ。これで、SCULTURAの快速性も
生きてくるってもんです。

cc-merid-scul400_17.jpg
フレーム Scultura lite BSA

フレームがセミエアロカーボンフレームの、Scultura CF2 フレームに形状が近づけてあ
るScultura lite BSA。

(しかもSCULTURA 700のBBはプレスフィット路線ですが、SCULTURA 400は
BSA規格)
さすがにカーボンフレーム形状を踏襲したので、ダウンチューブのボリュームもUP。

前にも述べたけど、セミエアロカーボンフレームの、Scultura CF2 フレームに近づけた
事により、快速性やスピード性能が各段にUPしていると思われます。


cc-merid-scul400_12.jpg
cc-merid-scul400_13.jpg
ハンドルバー MERIDA Expert Compact road OS
L:400mm(47/50/52cm) L:420mm(54/56cm)
ハンドルステム MERIDA Expert OS -5
L:90mm(47/50cm) L:100mm(52/54cm) L:110mm(56cm)
シフター Shimano 105

cc-merid-scul400_7.jpg
X-TAPER HEADTUBE
外部バテッドしたヘッドチューブ形状と下側1.5インチの大径ベアリ
ングを持つテーパーヘッドセットを採用。
cc-merid-scul400_8.jpg
2017年モデル3桁SCULTURA モデルのダウンチューブにケーブ
ルが貫通している
仕様って、正に見た目カーボンですね。
cc-merid-scul400_9.jpg
フォーク Road carbon comp
下側に大径ベアリングを採用したX-Taped ヘッドチューブが、高い剛性
とカーボンフォークの性能を最大限に活かした走りを実現
cc-merid-scul400_5.jpg
ダウンチューブとシートチューブにセミエアロデザインのチューブを採
用し空気抵抗を削減。
cc-merid-scul400_6.jpg
cc-merid-scul400_14.jpg
F.ディレーラ Shimano 105 D
ギヤクランク Shimano RS500 50-34T
L:170mm(47/50/52cm) L:172.5mm(54cm) L:175mm(56cm)


クランクはコストを意識して、11速に対応しているシマノ製
R500を採用。
やはり4アーム105が欲しいならSCULTURA700か。
cc-merid-scul400_16.jpg
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold
リム Merida comp 24 pair
そういえばタイヤ幅が2017年モデルから流行の25Cサイズになっ
たんですね。
cc-merid-scul400_20.jpg
cc-merid-scul400_18.jpg
R.ディレーラ Shimano 105 SS
ギヤ Shimano CS-5800-11 11-28

チェーン KMC X11
cc-merid-scul400_3.jpg
2017 MERIDA SCULTURA 400 マットブラック/レッド

サドル MERIDA Sport
シートピラー MERIDA carbon Expert SB15 27.2
シートクランプ Merida Aero 32 Allen ST

cc-merid-scul400_4.jpg
重量 8.8kg(52cmサイズ)

販売価格は価格 135,982円 (税込)まで抑えてレースに
参加できるように、仕様&フレームを強化している点
に注目していいかも。

個人的にSCULTURA CF2フレームは高い性能であると体感しているので
その性能を引き継いだ、アルミモデルSCULTURA400って相当期待している。
《在庫あり》MERIDA(メリダ) 2017年モデル SCULTURA 400 (スカルチュラ400)[コンフォートロード][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2016年09月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する