2017 DAHON VISC. EVO 遂に451ホイール化! キャリパーブレーキ仕様になり、将来のドロップハンドル化も 視野に!? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > DAHON ダホン > 2017 DAHON VISC. EVO 遂に451ホイール化! キャリパーブレーキ仕様になり、将来のドロップハンドル化も 視野に!?

2017 DAHON VISC. EVO 遂に451ホイール化! キャリパーブレーキ仕様になり、将来のドロップハンドル化も 視野に!?

imgrc0066164618.jpg
DAHON VISC. EVO

ホイールが巨大化!!!??
451ホイール化したのか! 406ホイール時代のVisc. P20
だって、実にいい走りをしていたけど。
加速感も自然だったし、滑らかな走りが魅力だったが……
    
VISCの走行性能が、激変している可能性があるな。
しかし、ここまで見た目が変わるとは思わなかった。
(ある意味、ピンポイント的に狙って走行性能を向上させようという
意図が分かる。ブレーキも、とうとうキャリパーブレーキ化ですよ!?)


img63282943jyt.jpg
旧DAHON Visc. P20

VISC P20はターン独立後、ダホンの屋台骨を支えた名
モデルだった。
ターンの驚異的な走行性能に対抗するには、VISCモデルの
性能を強化するしかなかったんだろう。

imgrc0066164619.jpg
imgrc0066164617.jpg
マットブラックカラーだとフォークがレッドなんだ。
2017年モデルはフォークのカラーが色違いになるのが
特徴なのね。
imgrc0066164616.jpg
imgrc0066164615.jpg
マンゴーオレンジ。このカラーだとなんとなくOXのミニベロっぽい。
やはり、ホイールが451化するとこうも見た目が変わるんだ。
imgrc0066164614.jpg
ハンドルバー DAHON COMP
imgrc0066164613.jpg
シフター SHIMANO TIAGRA
imgrc0066164612.jpg
ブレーキ PROMAX RC482キャリパーブレーキ

おおおお!! ブレーキがキャリパーブレーキ仕様になっている!!
もしかして……後日VISC. EVOのドロップハンドル仕様限定モデル
でも出るの??
なんだかんだでVISCモデルの、大改革が行われているではないですか!!
imgrc0066164611.jpg
フォーク DAHON SLIPSTREAM DALLOY ALUMINIUM
リム DAHON BLACKFOOT


バランスのとれた高い走行性能のVISCが451ホイール装着に
よりさらにその性能を高めた。

406ホイール時代だって、十二分に高かった。更に高めたという
事は……何気に面白い事になっているかもしれませんね。
imgrc0066164610.jpg
imgrc0066164609.jpg
フレーム DALLOY SONUS Aluminum
よく考えたら、451ホイール化に伴いフレームも新設計か。
溶接跡が更に滑らかになっている!
国内販売モデルなので、ケーブルは継続してアウター仕様。
imgrc0066164608.jpg
フレーム接合部を上下2本のチューブで支えるRe-Barテクノロジー

imgrc0066164607.jpg
フロントディレーラー SHIMANO TIAGRA
クランク PROWHEEL FORGED ALLOY 53-39T
リアディレーラー SHIMANO TIAGRA
カセット SHIMANO 11-25T
imgrc0066164606.jpg
imgrc0066164605.jpg
タイヤサイズ KENDA KRITERIUM 20X1-1/8(451)
重量 11.1kg
適合身長 142-193cm
フォールディングサイズ 82 X 65 X 39cm

DAHON VISC. EVOに後日の発展性を持たせた、大胆な変
更が行われている点に注目ですね。
なんとなく、後日のVISCモデルのロード化&高速化を視野に
置いている様な気がする。
だから、あえて451ホイール化に踏み切ったと予想。
ちょっと面白い事になってきましたね!

【P最大17倍(9/3 19時〜9/8 2時)】DAHON(ダホン)VISC. EVO(ビスクエヴォ)2017モデル折り畳み・フォールディングバイク【送料プランC】【02P03Sep16】

スポンサードリンク

2016年09月06日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する