AXMAN TEAM C1  仕様とデザイン面において、高い国際競争力を有したエントリーカーボンモデル スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > AXMAN > AXMAN TEAM C1  仕様とデザイン面において、高い国際競争力を有したエントリーカーボンモデル

AXMAN TEAM C1  仕様とデザイン面において、高い国際競争力を有したエントリーカーボンモデル

IMG_9357-768x768.jpg
AXMAN TEAM C1

先日紹介した台湾アックスマンのカーボンロードです。
東レT800カーボン採用&フル105仕様で、レースでの使用を視野に
置いている。フォークはフルカーボン。


これがまた、蛇みたいなカーボンフレームデザインでそそりますね。
やはり、デザインが自分的に好みで、見惚れてしまった……
とりあえず、今回も画像メモ代わりに貼っておきます。
IMG_9359-768x768.jpg
うーん、デザイン的にエントリーカーボンモデルに見えないぞ……
フォーク、ダウンチューブ、シートステーに至るまでカラーリングに
凝っているな……
IMG_9434-768x768.jpg
SHIFTER LEVER : 105 5800
IMG_9372-768x768.jpg
FRAME: T800 CARBON FRAME
IMG_9371-768x768.jpg
IMG_9370-768x768.jpg
ケーブルはインターナル。(BBからRDまでは外装)
なるほど。
無理のないワイヤールーティングが可能になるワイヤーの取り付け位置なので、
確かにケーブルがこの位置なら使用しても塗装にダメージが少なそう。
(ブレーキングや変速性能にも配慮している)
IMG_9369-768x768.jpg
BRAKE : 105 5800

アックスマンはエントリーカーボンモデルでもフルシマノ
路線で行くそうだ。

どのアックスマンモデル(アルミ、カーボン問わず)を見ても、シマノ
純正ブレーキを採用しているので、凄く真面目な感じがする。
IMG_9367-768x768.jpg
FORK: CARBON ROAD FORK
IMG_9366-768x768.jpg
IMG_9402-768x768.jpg
フォークはフルカーボンフォーク。
塗装、コンポーネント、フレーム品質などを高めて、
販売する国籍ごとに高い競争力を持てるように、
リーズナブルなモテル価格設定にしたそうな。

日本市場に参入したということで、相当気合が入って
いそうですね。
IMG_9365-768x768.jpg
IMG_9372-768x768.jpg
IMG_9384-768x768.jpg
トップチューブにあしらわれているロゴが面白いですね!
「BURN FAT NOT OIL」
脂肪を燃やせだと???

Mじゃなく、ドSなカーボンロードなのか???
IMG_9388-768x768.jpg
BBからリアディレイラー部分まではワイヤーが外装になっているものの、
ブレーキワイヤー、シフトワイヤー共に内装式。

カラーリングが蛇というか、エスニックな感じがして独特ですね。
これは萌える。
やはりAXMAN TEAM C1の仕様も気になるが、それ以上にカラーセンスが自分好み。
IMG_9401-768x768.jpg
ROCKBIKESを手掛ける大阪NYCが扱うだけあって、デザイン的にも
妥協はないか。

カーボンモデルなんだけど、質感が逆にアルミみたいで
たまらない。(この演出はわざとか?)
逆にAXMANアルミモデルって、アルミモデルがカーボン
みたいなんですよね。
IMG_9390-768x768.jpg
F/R DERAILLEUR : 105 5800
CHAINWHEEL : 105 50-34T

カーボンフレームでは珍しく、フロントディレイラーはバンド型(34.9mm径)に対応。
IMG_9399-768x768.jpg
WHEEL SET : ALEXRIM AT550
TIRE : CONTINENTAL ULTRA SPORT 2
IMG_9382-768x768.jpg
IMG_9391-768x768.jpg
F/R DERAILLEUR : 105 5800
FREEWHEEL : 105 11-32T
IMG_9431-768x768.jpg
IMG_9375-768x768.jpg
SADDLE : SAN MARCO ERA STARTUP
SEAT POST : FSA GOSSAMER

これが全て台湾生産ラインを有しているAXMANの品質か。

メリダやジャイアントなどの台湾系バイクブランドもそれぞれ
個性があるけど。
デザイン面やコスパで強力な個性を有していますね。
ここ最近、台湾系バイクブランドのブランド力が更に向上
している感じがする。
《在庫あり》AXMAN(アックスマン) 2016年モデル TEAM C1 (チームC1)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]【0824楽天カード分割】

スポンサードリンク

2016年09月04日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する