メリダ驚異のアルミテクノロジー!! 2017 MERIDA SCULTURA 700の新型アルミフレーム形状は、まるでカーボンコピー!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > メリダ驚異のアルミテクノロジー!! 2017 MERIDA SCULTURA 700の新型アルミフレーム形状は、まるでカーボンコピー!!

メリダ驚異のアルミテクノロジー!! 2017 MERIDA SCULTURA 700の新型アルミフレーム形状は、まるでカーボンコピー!!



ci-604cew069_1 (1)
ci-6040fer69_13 (2)
2017 MERIDA SCULTURA 700

こ、これは……新型SCULTURA 700アルミフレームって限りなく、
セミエアロカーボンフレームの、Scultura CF2 フレームに形状が近づけてあるんですね。

しかもScultura CF2 フレームと同じくプレスフィット化か。これは、ちょっと
恐ろしい新型軽量アルミモデルかもしれませんよ。
アルミフレームで、本格的カーボンフレーム形状に挑んだ訳か。

とりあえず、カーボンSCULTURAモデルと比較してみましょう↓
20151220170131354csfer (2)
20151220170131354csfer (3)
20151220170131354csfer (1)
2016 MERIDA SCULTURA 6000
あんまり参考にはならないけど。CF4 liteMCフレームのダイレクトマウント
方式の2016 SCULTURA 6000です。

近いな……フレーム形状がここまで酷似しているとは…・…
さすがにダイレクトマウント方式ではないですけど。

2017 MERIDA SCULTURA 700と2016 MERIDA SCULTURA 6000を
比較してみると、ダウンチューブや、トップチューブ、シートステーや
トップチューブの接合部などかなりに近いフレーム形状になっていますね。

新型アルミSCULTURA 700は、デザインのみならず、フレーム形状までカーボンモデルのコピー化がいい方向で進んでいますよ。

相変わらずメリダのアルミモデルは、実に面白いな。
アルミエアロモデル REACTO 400も、REACTO 4000に限りなく近いフレーム
形状ですものね。
cc-2167v27-o16_3 (1)
cc-2167vd27-o16_13.jpg
2016 MERIDA SCULTURA 700

これは、2016年モデル SCULTURA 700(Scultura liteフレーム)
丸みを帯びたフレーム形状、トップチューブがアーチ
形状。ただし、フル105や8kg台中盤と軽量な所など
新型SCULTURA 700が前モデルの長所を引きついている。

いずれにしても、2017年モデルSCULTURA 700のフレーム
形状などが激変していることが良く分かります。

ci-604cve069_10 (1)
シフター Shimano 105
ci-6040fer69_13 (1)
ハンドルバー MERIDA Expert Compact road OS
ハンドルステム MERIDA Expert OS -17
ci-604fwe069_7 (2)
F.ブレーキセット Shimano 105
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold
ci-604fwe069_7 (1)
外部バテッドしたテーパーヘッドチューブ形状と下部
1.5インチの大型ベアリングを持つテーパーヘッドセット
を採用。
ci-60cve4069_5 (2)
フォーク Road carbon comp
リム DT SWISS R24 Spline

DT SWISS製ホイールにカーボンフォークをアッセンブルした仕様は
継続。
ci-6040fer69_6 (1)
フレーム Scultura lite[PF86]
MERIDA本社工場で自社生産されるMERIDAのアルミテクノロジーの粋
を集めた高品質なScultura liteフレームを採用

8.5kg(50cmサイズ)
8.5kgか!
相変わらずの軽量路線。やっぱりカーボンに対抗するための戦闘型アルミ
モデルだけありますね。
ci-604re069_20 (1)
R.ブレーキセット Shimano 105
ci-604cew069_1 (2)
新型アルミSCULTURA 700ダウンチューブの形状が、上のカーボン
SCULTURA 6000のダウンチューブの形状に
酷似しています。

新型アルミSCULTURA 700はダウンチューブ、シートチューブ、シートステー
後端部がカットされた断面形状になっています。
これにより空力性能を改善。これによって、剛性とエアロダイナミクスを確保。
軽量化のみならず、剛性やエアロ性能も強化されたアルミフレームを採用。
ci-604cve069_10 (2)
F.ディレーラ Shimano 105 D
ギヤクランク Shimano 105 52-36T
よくよく見ると2017SCULTURA 700も、2016年モデルと同じく
ノーマルクランク仕様か!!
しかも、PF86化!
最近上位アルミモデルのプレスフイット化が、徐々に進んできている。
ci-6040vfd69_16.jpg
シートチューブの接合部分が、限りなくカーボンに近づけて
ありますね。
溶接部分も、かなり滑らか。
ci-604ver069_19 (1)
チェーンステー部は縦長で、前モデル2016 MERIDA SCULTURA 700
の形状に近いかな。
やはりカーボンだと四角形に近いけど、このあたりはアルミモデルならでの形状。
ci-604re069_20 (1)
ci-6040fer69_6 (2)
R.ディレーラ Shimano 105 SS
ギヤ Shimano CS-5800-11 11-28
ci-604ver069_19 (2)
サドル MERIDA Sport
シートピラー MERIDA carbon Expert SB15 27.2
シートクランプ MERIDA Aero 32 Allen ST

シートピラーは2016年モデルと同じく、軽量化を図る為にカーボン。

SCULTURA 6000あたりのカーボンフレームの走行性能を、この新型SCULTURA 700
が再現しているとしたら、かなりの快速仕様に仕上がっているのではないでしょうか?
とにかくカーボンSCULTURAは、前に前に進みますしね。
MERIDA(メリダ) 2017年モデル SCULTURA 700 (スカルチュラ700)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2016年08月30日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する