2017 BIANCHI MPULSO105 DISC(インプルソ105ディスク) 握力をまるで使わずに、本格レーシングアルミモデルを快適ブレーキング! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2017 BIANCHI MPULSO105 DISC(インプルソ105ディスク) 握力をまるで使わずに、本格レーシングアルミモデルを快適ブレーキング!

2017 BIANCHI MPULSO105 DISC(インプルソ105ディスク) 握力をまるで使わずに、本格レーシングアルミモデルを快適ブレーキング!

imgrc0065901411.jpg
2017 BIANCHI MPULSO105 DISC(インプルソ105ディスク)

ヽ('∀`)ノ IMPULSO 105 DISCが2017年モデルも出るのですね!!
フラットバー仕様が消滅したのは、ちと痛いけど……。

フラットバー仕様ですら滅茶苦茶走りが軽くで、速かったからな。
とうとう、ディスク無しのIMPULSOには乗れなかったけど。

試乗したとき、なんでディスク仕様なのかよくわかったわ。
こいつアルミモデルの中でも、特級に足が速いもの。ディスククラスの
制動力はとうしても必要なんですよね。

やたら速いので、ディスクブレーキにすることでコントロール性が安定して
常に安定したブレーキングが出来るのがいいな。

もちろんにシクロクロスが走る様な悪路は無理にしても、悪条件下においても
常にIMPULSO 105 DISCのブレーキングが安定なのはありがたい。

が、やはりIMPULSO 105 DISCの場合スピードコントロールにおいて
最大限能力を発揮するのでは。
(なんだかんだ言って、少ない力で「楽」に速度を制御できるのがありがたい)
imgrc0065901410.jpg
シフター Shimano 105
imgrc0065901409.jpg
imgrc0065901407.jpg
おお! IMPULSO 105 DISCのフォークに、ブレーキケーブルが内臓されている!!
さすがだな。
imgrc0065901406.jpg
フォーク Bianchi カーボン
なるほど……IMPULSO 105 DISCのカーボンフォークはケーブルが
内臓可能な形状なのか。
何気に、細かい所まで考えてカーボンフォークを設計しているんだな。
imgrc0065901405.jpg
フレーム IMPULSO フルアルミ

IMPULSOといい、フェニーチェプロのフレームといい、最近なんでかビアンキの
ミドルグレードモデルのアルミフレームは高性能。
imgrc0065901408.jpg
ブレーキ SHIMANO R317メカニカルディスクブレーキ
imgrc0065901404.jpg
ノーマル版のIMPULSO 105はクランクが105だが、IMPULSO 105 DISC
の場合はSHIMANO RS500
imgrc0065901403.jpg
ホイール ALEX DRAW1.9
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700x25c

タイヤは耐久性の高い、VITTORIA ZAFFIROの25Cか。
やはりロングライドやツーリングなども想定したディスクロード
なのかな。
走りそのものは、レーシーというかレース性能が強いんですが。
imgrc0065901402.jpg
サドル FIZIIK ARDEA

今回のIMPULSO105 DISCはマットブラックではなくチェレステカラーか。
精悍だったのが、いきなり華やかなディスクロードデザインになりましたね。
いずれにしても、IMPULSO105 DISCは人気がでて欲しいな。
【P最大18倍(7/14 2時まで/エントリ含)】【2017モデル/ご予約受付中】IMPULSO105 DISC(インプルソ105ディスク)BIANCHI(ビアンキ)アルミロードバイク【送料プランB】【02P09Jul16】

スポンサードリンク

2016年07月11日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する