2017年モデル Bianchi SEMPRE PRO Tiagraが遂に10万円台に突入!!!  円高効果は想像以上に巨大だった!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2017年モデル Bianchi SEMPRE PRO Tiagraが遂に10万円台に突入!!!  円高効果は想像以上に巨大だった!!

2017年モデル Bianchi SEMPRE PRO Tiagraが遂に10万円台に突入!!!  円高効果は想像以上に巨大だった!!


円高万歳!!!!

ヽ('∀`)ノ 本日は2017年モデルBianchi SEMPRE PROの価格をチェックしてみました!
試しに2016年モデルと比較して、どれだけ2017モデルのセンプレ価格が下がったか
解説します。

SEMPRE PRO Tiagraがかなり価格的に美味しい事になっていましたよ。
Ultegra
99dbfae56a01ff8c3_1.jpg
99dbfae56a01ff8c3_2.jpg
2017年モデル Bianchi SEMPRE PRO Ultegra (ビアンキセンプレプロアルテグラ)
価格 293,760円 (税込)

凄い! なんでこんなに安いんだ?? とうとうアルテグラスペックの
センプレが20万円台(ギリギリだが)になってしまった。

これじゃ2016年モデルの割引セール価格より、安いじゃないか??
デザインもフルチェレステでずば抜けている……

では、実際の2016年モデル Bianchi SEMPRE PRO Ultegraの価格をチェックして
みると↓

ci-216181-o16_2.jpg
2016年モデルBianch SEMPRE PRO Ultegra (ビアンキ センプレプロアルテグラ)
価格 321,300円 (税込)

見ての通りですよ。
単純な比較だと2017年モデルの方が、2016年モデルよりも27450円
も安い!

これじゃ2016年モデルの割引セール価格より、安いじゃないか??
2017年モデルのデザインもフルチェレステでずば抜けている……

だから単純に2016年モデルBianch SEMPRE PRO Ultegra のセールを
やっていたとしたら、29万以下じゃないとお得感が無いわけだ。

でもその価格に持っていくためには、2016年モデルBianch SEMPRE PRO Ultegra
を実質20%OFF以上の値引きをしなくてはならないわけで。
(あくまで、在庫があったらの話ね)

だから、デザインとかスペックではなく単純に価格ベースの話だと、圧倒的に現
時点で2017年モデルSEMPRE PRO Ultegra がお得。

105
097f4c6d8b106b877_1.jpg
097f4c6d8b106b877_2.jpg
2017年モデル Bianchi(ビアンキ) SEMPRE PRO105 (センプレプロ105)
価格245,106円 (税込)
2016年モデル SEMPRE PRO105だと価格259,794円 (税込)。

105スペックでさえ14688円以上も、2017年モデルが安いのか。

Tiagra
ci-512196_1.jpg
ci-512196_2.jpg
2017年モデル Bianchi SEMPRE PRO Tiagra (ビアンキ センプレプロティアグラ)
価格192,780円 (税込)

2016年モデル SEMPRE Tiagraだと価格217,566円 (税込)
なんとあのSEMPRE PRO Tiagraが2017年モデルの場合、実質10万円台に突入。
24786円も2017年モデルの方が安い!!


2017年モデルの場合、いきなりセール価格でNEWモデルが
販売されているようなものだ。

ここまで円相場の影響が出るとは、ねえ……比較すればするほど
びっくりだ。

424304.jpg

円相場を2015年~2016年ベースで単純比較すると↓
2015年7月の時点で123円(USドル)
2016年7月現在102円(USドル)


( ;゚ω゚)……うわー、20円近くも円が高くなっていたのか!!
つまり円相場が円高になればなるほど、販売価格が見ての通り一気に下がる
という事ですよ。

もちろん、格安カーボンモデルを2017年モデルとして、全機一斉フル投
入してきたBianchi Intrepidaなどにみられるように、サイクルヨ
ーロッパの必死の企業努力も大きいのだろうけど。

いつもよりも、2017年モデルの先行が多い気がしたのもそういう理由か。
いち早く、円高効果が大きい2017年モデルを市場に出したかった
んでしょう。

やっぱりロードバイクは輸入産業なんですね。
もちろん2016年モデルの場合、消費税の影響も巨大だったんだろうけど。
【先行予約受付中】2017年モデル Bianchi(ビアンキ) SEMPRE PRO Tiagra (センプレプロティアグラ)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2016年07月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する