台北サイクルショーで異彩を放っていたという、英国折り畳み自転車「新型Bickertonスターリング」 をチェック  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BICKERTON > 台北サイクルショーで異彩を放っていたという、英国折り畳み自転車「新型Bickertonスターリング」 をチェック 

台北サイクルショーで異彩を放っていたという、英国折り畳み自転車「新型Bickertonスターリング」 をチェック 


Bickerton-P1100410-600x401.jpg
台北サイクルショーで異彩を放っていたという英国「Bickertonスターリング」
を見てみる事に。

1971年にハリーBickerton氏が、当時にしては珍しいアルミ製軽量折り畳み
自転車「Bickerton」を開発。大変な好評を博しましたが、1990年年代に一
度Bickertonモデルの生産を終了。

Harry Bickerton(ハリー・ビッカートン氏)氏の息子マーク氏(英国ダホン
の重鎮)が、2011年に復活させました。
台北ショーで、英国Bickertonブースは非常に好評だった模様。
素朴な英国をテーマに、ブースを構築。同社の歴史的かつで快適な雰
囲気を持っていました。
これは新型Bickertonスターリングモデルか。

「街乗り」形状を有する折りたたみ自転車スターリングは、毎日快適に
乗る事を重視して設計。

このBickertonスターリングって、独特のハンドル形状をしていますね……
人間工学的に湾曲したハンドルバー。快適なライディングポジションで、優
れた乗り心地を提供してくれるそうな。

48271kjDASh.jpg
BICKERTON の誕生は1971年。
これが1970年代のBickerton。
元ロールスロイス社の航空技師Harry Bickerton(ハリー・ビッカートン氏)

新型Bickertonスターリングも、1970年代のBickertonを意識しているんだろうな。
ハンドル形状も、双方共にユニーク!

文字通り現在ほとんどの折りたたみ自転車に採用されているヒンジ式の折り畳み
方式は、実際にはハリーBickertonによって発明されたもの同じ基本設計だそうだ。
そうか、色々な意味でBickertonは元祖なんですね。
よくこんな面白いギミックを1970年代に創ったよな。
Bickerton-P1100419.jpg
こうして見てみると、英国デザインというだけでなんか心が弾むな。
Bickertonオリジナル(元祖)1971年のデザインに触発された、
新しいBickertonスターリングフレームデザインってかなりの成功
を収めていると思うのですが。
Bickerton-P1100411-600x401.jpg
囲気が出ていますね。
新しいBickertonスターリングフレームは、伝統の長方形のフレーム形状に敬意を持って
設計されたそうな。
この「新型Bickertonスターリング」って、見事に70年代に先祖返りしていますね。
もちろん接合部は現代の技術ですけど。
Bickerton-front-mount-600x301.jpg
Bickerton-magnet-600x436.jpg
折り畳み位置に自転車を固定する為の、磁気ストッパーが採用されているんですね。
Bickerton-P1100421-600x401.jpg
おおお! 二段式にシート長を伸縮出来るピラー「テレスコピック シートピラー」
ではないですか!?
渋い……
身長が高い英国人の為に、採用されたのかな。
いすれにしても、地味な部分で小技が効いた英国フォールディングモデル。
新型Bickertonスターリングって、初代のデザインに現在の技術で挑んでいる
所が好感を持てます。

Dahon - Vitesse D8 Equipped (2016)

スポンサードリンク

2016年06月13日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する