SIGMA BRAKELIGHT とうとうスポーツバイク用リアブレーキライトが市販される時代に なったのか…… スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 小径車用ライト > SIGMA BRAKELIGHT とうとうスポーツバイク用リアブレーキライトが市販される時代に なったのか……

SIGMA BRAKELIGHT とうとうスポーツバイク用リアブレーキライトが市販される時代に なったのか……


pi-515526_3.jpg
pi-515526.jpg
凄いな……SIGMA BRAKELIGHT
とうとうスポーツバイク用リアブレーキライトが市販される時代に
なったのか……

このSIGMA BRAKELIGHTは、ブレーキ連動テールライト。
もちろんサイクリストの為に開発された、次世代ブレーキライトなんですって。
このブレーキライトは、ブレーキレバーを握りこんだ時のみ点灯。
明るくパワフルなLEDが点灯。後続車にブレーキ操作を伝えます。
重量はわずか6g。

この新型BRAKELIGHTはワイヤー式ならほとんどに対応しているそ
うな。
サイズは3cm×3cmとコンパクト。
カラーも車体に合わせて選べるように5色のラインナップが用意されている。
小さいながら、エアロ形状な点も売りらしい。
pi-515526_2.jpg
■対応ブレーキ:キャリパーブレーキ、カンチブレーキ、Vブレーキ
※ワイヤ露出部が最低25mm必要。

見ての通り非常に明るい赤色LEDを採用。後続からもはっきり見える。
brakelight (1)vdffv
■新型BRAKELIGHTはデザインを改良、多くのワイヤーブレーキ
に対応。
(※ワイヤ露出部が最低25mm必要)
BRAKELIGHTは、2.5mm六角レンチでリアブレーキのワイヤーに
取り付けます。
ブレーキ本体を開く方向に軽く引っ張り、ブレーキを引いたときにだ
けライトが点灯する状態にして固定します。

おお、カンチブレーキやVブレーキもいけるのか……。
ツーリングなどにも使えるのかな。

■BRAKELIGHTの取り付けねじはワイヤー当たり面を面取りで、ブレーキ
ワイヤーにダメージを与えません。またネジ素材はブレーキワイヤーより
柔らかい真鍮製ですので、傷をつけることもありません。

■BRAKELIGHTはIPX4準拠の防水仕様です。つまり「全方向
からの水飛沫に耐える」ということ。
どんな天候でも確実に動作します。

■バッテリー交換は、硬貨でバッテリーボックスのふたを
回すだけで可能です。
特別な工具は不要です。またバッテリーは100000回以上の
点灯を繰り返しても大丈夫。
(一回の点灯を2秒として、連続点灯200時間)
交換バッテリーも、電気店で気軽に購入できるCR1025規格
ボタン電池ですので、入手性も万全です。


pi-515526_4.jpg
……Vブレーキだとこんな感じに取り付けるのか……
見ての通り、泥除けが付いていてもお気楽に取り付けられるのね。
これはいいな!

ブレーキ時にしか点灯しないので、テールランプより長持ち
するそうな。
(また非常に明るいので、昼間でも周囲にブレーキをしている
事が分かるとか)

実際自分のバイクにSIGMA BRAKELIGHTがきちんとフィットす
るかどうかが鍵になりそうですね。
取り付けは楽そうだから、気軽に導入できそう。

これ構造は単純だけど、凄いアイディア満載のギミックじゃあないですか?
価格は1,026円 (税込) なのでコストもかからないし。
後日、全てのスポーツバイクにSIGMA BRAKELIGHTが標準搭載され
たりして。
《即納》【土日祝もあす楽】SIGMA(シグマ) BRAKELIGHT (ブレーキライト) ブレーキ連動テールライト[フラッシングライト][反射板]

スポンサードリンク

2016年06月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する