エントリーフルカーボンロード「インテンソ」とエントリーアルミロード「ニローネ」を比較 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > エントリーフルカーボンロード「インテンソ」とエントリーアルミロード「ニローネ」を比較

エントリーフルカーボンロード「インテンソ」とエントリーアルミロード「ニローネ」を比較

エントリーフルカーボンロード「インテンソ」とエントリーアルミロ
ード「ニローネ」を比較してみました。


100000032125-l0.jpg
2016 BIANCHI INTENSO Tiagra 外装20段変速


(ニローネの特徴)

直進安定性を有したアルミロード。低速でも、高速でも安定度の高さ
が極めて目立つロングライド専用アルミ。

アルミフレーム仕様だが衝撃吸収性を確保してあるのが特徴。
乗り易く、長時間走行するのに適したビアンキらしいアルミロード。
100000032233-l3.jpg
2016 BIANCHI VIANIRONE7 PRO Claris 外装16段変速
(インテンソの特徴)
カーボンモノコックフレーム構造を採用したロングライドに最適化された
ジオメトリーを有するモデル。
加速性能がエントリーモデルながら優秀。どの速度域でも、スムーズに加
速可能。巡行中、更に加速し速度を伸ばす能力を有している。

ロングライド系カーボンモデルだがスポーティ主体のビアンキカーボンモデル

高速域でも安定性が高く、コントロール性も高いのですよ。走りの安定性がどの
速度域でも高いので、その辺がロングライドモデルっぽくもある。
(上位モデルのオルトレやインフィニートCVの加速性能にはインテンソは及ばな
い。ただしミドルグレードの、センプレにはいい所まで迫っているのでは?)


201504181008268d5hndfh.jpg
(参考画像 2015年モデルBIANCHI INTENSO 105・ティアグラ 仕様)
DSCN6527nfgnfggn.jpg
(参考画像2015 BIANCHI Via Nirone AL CLARIS)

(インテンソの衝撃吸収性)
インテンソには衝撃吸収性は確保してある。石畳の衝撃はそれなり
にフレームがコントロールしてくれた。
加速中や高速巡航中、邪魔をしない適度な衝撃吸収性を確保。
要するにスピードが落ちにくい衝撃吸収性を確保しているのが特徴。

石畳の上でも、衝撃を吸収しながら抜群のコントロール性能を発揮。
(大体他のカーボンモデルと比較して、標準クラスか)
ニローネよりは、はるかに衝撃吸収性が高い。

(ニローネの衝撃吸収性)

石畳のある路面なら吸収して走り抜ける能力がある。
アルミモデルながら衝撃に強く、安定度の高いニローネの長所。
ただし、インテンソに比べるとダイレクトに石畳の衝撃がアルミ
フレームを伝わってくる。(アルミにしては、衝撃吸収性が高い方)
石畳を走破する能力こそは、ニローネにはありますけどね。


ハイスピードで石畳を長時間走り抜けたいなら、インテンソ
が必要になってくるはず。

20150418100751de7hdhd.jpg
(参考画像 2015年モデルBIANCHI INTENSO シートステー部)
インテンソのシートステー部を見てみると路面からの衝撃
吸収性と剛性両方を高めた複雑な形状であることが分かる。
DSCN6538fsdvgdfd (1)
(参考画像2015 BIANCHI Via Nirone AL CLARIS シートステー部)

長距離を走破出来る性能が両モデルの持ち味

インテンソは確かに乗り易いし、長距離を走破出来る性能
を有している。
ただし、加速性性能や高速でも対応出来るコントロール
性能まで有しているので、どこかしらレーシーな面が伺える。
インテンソはエントリー系カーボンながら、レーシーな戦闘
用ロードレーサー。


ちなみにニローネのレーシング性能は、インテンソには
一歩及ばないが、ニローネは快適性の高さに特化した性能があると思う。
アルミモデルながら、確かに長距離を走破する能力を持つ。
(わずかに伝わるアルミフレーム振動のおかげで、ニローネが必死に
路面からの衝撃をコントロールしているのが分かる。)
ツーリングや日常的に使用するなら、ニローネ
でもいいのでは? ニローネならコストもかなり抑えられるし。
201504181008059devgdv.jpg
(参考画像 2015年モデルBIANCHI INTENSO BB部)
DSCN6536fsdfsd (1)
(参考画像2015 BIANCHI Via Nirone AL CLARIS ダウンチューブBB付近)

余談ではあるけど、インテンソのBB周辺のボリュームはエントリ
ーカーボンモデルながら極太。
この辺にもレーシーな走りの秘密が隠されているのでは。

とはいえ、実は最近のニローネもダウンチューブが実に太い。
やはりこのあたりの剛性を両モデル共に高めてあるのですね。
20150418100849f8fhdt.jpg
(参考画像 2015年モデルBIANCHI INTENSO )
DSCN6526fsdfsd.jpg
(参考画像2015 BIANCHI Via Nirone AL CLARIS)
(仮にニローネ105仕様と、インテンソSORAスペックを比較すると、どちらが走行性能が高い?)


(ビアンキ公式HPより)
VIA NIRONE 7 PRO105 COMPACT 170,000 (税抜き)
INTENSO SORA COMPACT ¥189,000 (税抜き)


この仕様で比べてみると、両モデルの価格に
あまり差がない事に気が付くはずだ。

でも、まるで悩む必要がない。INTENSO SORA COMPACTの走行性能の方が、ニローネに比べて圧倒的に有利だ。

いくらニローネフレームに105を持ってこようが(もちろん、操作性
は格段に向上するが)インテンソカーボンフレームの優位性は
まるで揺らがない。

あくまでこの両モデルを比較した場合の話ではあるが、
ニローネのコンポのグレードをいくら向上させても、インテンソとの
性能差だけは決して埋まらないのだ。
ビアンキ [BIANCHI] 【お店で受取り選択可】 2017 VIANIRONE7 SORA(ビアニローネ7プロソラ) ロードバイク

スポンサードリンク

2016年04月05日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する