(´・ω・`)……第四回 「このロードレーサーがすごい!!」2016モデル版の発表です。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > このロードレーサーが凄い!!(年代別性能ランキング) > (´・ω・`)……第四回 「このロードレーサーがすごい!!」2016モデル版の発表です。

(´・ω・`)……第四回 「このロードレーサーがすごい!!」2016モデル版の発表です。

 
(´・ω・`)……第四回 「このロードレーサーがすごい!!」2016モデル版の発表です。
まさか、四回目になるとは思ってもみませんでした。




とりあえず、ルールから説明。

(ルール) 実際試乗した2016年モデルだけをランキング。
今回は2016年モデルに、35台程試乗しました。
(未レビューモデルも含まれる)

その中から9位までを選考。
つまり今回ランクインした9台のモデルは、他の26台の2016年最新ロードモデルを打ち破った実績が既にあるということです。

注)逆に、2015年モデル、2014年モデルはランキングに含まれません。

(調査対象ブランド アンカー、キャノンデール、ピナレロ、トレック
ガノ、ルイガノ、コーダーブルーム、BH、ビアンキ、ヨネックス、ヤマハ
ラピエール、アルゴン18、クォータ、キャニオン、メリダ、フジ、マジ……
あとその他ブランド)





今回からミシュラン風の星システムを導入しました。
★(1つ星) 特に素晴らしいロード。優等生
★★(2つ星) 極めて素晴らしく、頭一つ抜き出た性能あり。
★★★(3つ星)2016年モデル特級&最高クラス。貯金してでも買う価値あり。


(残念なお知らせ)
BIANCHI SPECIALISSIMAは試乗後雑誌撮影の為、BH QUARTZ DISC ULTEGRA
は試乗コース大渋滞の為、低速での試乗になってしまったので、ランキングから除外します。さすがに低速過ぎて性能が、掴みきれなかった。
心の底から残念です。
多分SPECIALISSIMAは9位、QUARTZ DISC ULTEGRAは4位~7位当たりの性能と予想。


では、9位から早速発表します!
DSCN8303dau76ucdscsd (2)
星★9位2016 GARNEAU GENNIX R1


反応性が高い上に、何もかもが推進力に変換される
カーボンフレームです。
自分の意思に関係なく、勝手に加速して音速で高速域
に引っ張っていくタイプのモデルですね。

ミドルグレードモデルを表現する際「軽い」という表現を使
いましたが、GENNIX R1の場合は「軽さ」すら感じるのが難しい。

ペダルを踏み込んでも、一気に速度に変換されていく快感は
ちょっとヤバいです。

低速域から高速域まで無限の加速性能を発揮してくれる万能タイプ。
正に万能の天才ですね。

とりあえず、その辺のミドルグレードではGENNIX R1を
抜き去るは困難かと。
20151220170112828vvevcsd (1)
星★8位 2016 MERIDA SCULTURA 6000

完成車価格で30万程度なのに、レース性能に特化した、格安な上級
クラスの性能を有するカーボンモデルです。

ぶっちゃけ、価格を抑えているのに。高性能の性能を有していたので9位。

スピードのノリの良さと、スピード性能&瞬間的な加速性は
SCULTURA 6000の特徴。
SCULTURAはエアロ性能というよりは、やはり脚で稼ぐ快速なスピード
モデル。

ただ単に速く速く、走りたい方には快感みたいなモデルだろう。
ついでに、重心が安定しているので扱い易いのも魅力ですね。

30万クラスの完成車ロードとしては、ちょっと美味しいモデル
なのでは。
20151218072813bbavfdsvfecds (1)
星★7位2016 MERIDA REACTO 4000

問答無用でREACTOは速い!
ただひたすら前進する為に、効率的にフレームが剛性や快適性をコントロールして
くれる感があります。

エアロロード特有の硬さとか、感じにくいフレーム。走りに抵抗が無く、
実に速度のノリが良いエアロロード。

これで20万そこそこなんてありえない!!
完成車数十万クラスの完成車カーボンロードを、連続撃破してしまった
怖いモデルなんですよ。


一体メリダのコストパフォーマンス力と、技術力はどうなっているんだ?
20万~30万程度の予算で、これだけの性能を引き出してしまったとは……
20151127094924d43cssdc (2)
星★★★6位 2016 BH AR 105(管理人大推薦)

2016年モデルアルミロード中、最強&最高クラスの性能を叩き出した
エアロタイプ最新鋭アルミロードBH AR 105がなんと★★★!!

アルミモデルですが、他のカーボンモデルをはるかに上回った走行性能を高く評価し、今回星★★★を進呈します。おめでとうございます!

BHのG6 PROと同じフルカーボンエアロフォークを装備した
反則技めいたハイエンドアルミバイクなんですが。

この世に、こんなアルミロードが存在するのか……

走りが美しくまるで水面の上を滑空している様な異様な感覚。
しかもアルミフレームの様な重さがない。
純粋に軽くて、速い。

アルミのありとあらゆる抵抗感を削ぎ落とした、美麗な走りが特徴。
レーシング系カーボンフレームの衝撃吸収性と酷似している。
快適性よりも、「軽さ」や「スピード性能」が全面に出ていると
ところがBHらしいですね。
一体全体どんな魔法を使って、26万程度でこれだけの性能を引き出したの
でしょうね?
アルミとは思えない、狂気に満ちた性能。その辺を評価して★★★を獲得
しました。

カーボンモデルを撃墜可能な、超高性能アルミロードをお探しなら、間違いなくこれ。


20151127094924d43cssdc (1)
星★★5位2016 LAPIERRE AIRCODE SL Ultimate

やっぱりAIRCODEはあなどれない! 必ず上位にランクインしてくる!!

特にAIRCODE SL Ultimateの場合、勝手に前に進んでいく……訳が分からん。
勝手に速度に乗ってしまうので注意。どこまでも速度が伸びていく。

抵抗感が無いとか、剛性が高いとかいう以前に
AIRCODE SL Ultimateは,勝手にどんどん前に体ごと引っ張ってくれる……

重さという感覚が無くて、ちょっとした無重力状態。

逆にあまりに「抵抗感」が無く、自動的に前へ前へ突進して
いくので、恐怖心すら感じた。

多分屋外の直線コースで走ったら、凄い事になっていたんでしょうね。

DSCN0074rwevrecds (2)
星★★4位2016 LAPIERRE XELIUS SL 500

フランスラピエールの新型ゼリウス! 巡航突撃型のロードLAPIERRE XELIUS SL 500ですね!!

巡航性能がすこぶる高い上に、そこからの加速力や推進力が未知
数のパワーを有しています。
地面を強固にとらえて離さない、異次元の路面追従性。
ゼリウスが地面に溶け込んでいき、未知の路面追従性が発揮される感覚が最高でした。
(;´д`)なのに、周囲の風景が爆速で後方にすっ飛んでいく……
何? この違和感……マジヤバい……

なんでこんな走りが可能なんでしょうね?

疲労も限界まで抑えてくれる、超攻撃型コンフォートロードです。
激震クラスの走行性能を評価し、星★★
20151220170112828vvevcsd (2)
星★★3位新型YONEX CARBONEX CBXFS HR

激賞しておく!!

もう単純に言わせてもらうと「速ええええええええっっっ」!!!!
速いんですよ!!!日本製のくせに、海外ブランドみたいなパワフルな走り!


しかも、謎の? 軽量感も伴って、超軽量ゼロ戦仕様のロードですね。

確かにアタックやスプリントを強化しているのは体感できましたが。
巡航性能も有している様です。速度が逃げず、維持されていくんですよね。

YONEX CARBONEX CBXFS HRの海外モデルにはない、ヨネックスならではの加速性能

CARBONEX CBXFS HRって、加速性能が効率化されているんですね。
無駄な脚力を使わなくていいんですよ。
つまりレース中効率的に加速してくれるの、脚を温存しておけるし体力の消
耗を抑える事が出来ます。

衝撃吸収性こそ通常のカーボンモデルですが、効率化された推進力のおかげで
体力消費を抑える事が出来るという意味において、コンフォート性があるのかも
しれません。

DSCN0074rwevrecds (1)
星★★★2位2016 FUJI SL 1.1

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル虐殺マシーンアルタミラと、2013年当時地球圏最強ロードレーサーSSTの性能を引き継いだ……FUJI SL 1.1……が三ツ星ゲット!



このフレームの軽さが走りの際、かなり際立っている!
快適性を「軽さ」に変換したかのような、面白い性能でした。

軽量感を徹底的に重視しつつも、レース仕様の剛性を強化しまくった
超軽量ロードですね。

高剛性×超軽量=FUJI SL 1.1

ちょっと、今までありえないような走行性能でしたね。
高剛性と超軽量が、融合するとは……。
業務用ドSなロードぶりはフジならでは。

FUJI SL1.1はレース仕様としての機能を、最重要視してい
るので高剛性と超軽量性を有しています。
正に、他ブランドロードを撃墜する為の、戦闘用ロードですね。
20151218072813bbavfdsvfecds (2)
星★★★1位2016 BH G7 DISC ULTEGRA Di2


( ;゚ω゚)皆様は見ましたか? BH G7の大迫力高剛性フレームは?

剛性及びパワー加速は、過去最高クラスのパワーを
叩き出した、 DISCブレーキ専用デザインのフレーム!
しかもフラットマウント仕様に前後Eスルーアスクル!

もしかしたらあの高剛性FUJI SSTと互角……いやそれ以上に剛
性があるかもしれない。
なのにコントロールし易く、扱いやすい!

他社を含めた全30台以上試乗しましたが、
2016年試乗モデル中最高&最強クラスの性能を叩き出した高剛性フレームでした。
なのに、剛性が出しゃばらない点が面白い。
これは依然のG6にはありえない長所ですね。

この天使G7を敵に回すと、捕らえるまでにやっかいな事になりますよ?

この2016年時点で世界最強の攻撃型ディスクロードかと。
しかも扱い易いなんて、ありえないですよ


なんというか、砲撃クラスの大爆発的な剛性パワーを簡単に電動シフトやディ
スクブレーキでコントロール出来てしまう点を高く評価します。
「もうこれ以上高剛性にしたら、扱いきれたもんじゃない!」と私は思い込ん
でいたのですが。
新型G7の扱い易さに、ため息が。

剛性やパワーって、BHの技術力をもってすればコントロール可能にな
るんですね。

(まとめ)

(´・ω・`)うーむ……。
BH強いな。今回たまたまBHに試乗出来たので、ラインクインしたのですが。
もし、BH QUARTZ DISC ULTEGRAにまともに試乗出来ていたら3台も
BHモデルがランクインしていた可能性があった訳で。

ラ・ピエールの安定度はさすがでしたけど。
あと、今回メリダのエントリー~ミドルグレードしか試乗しませんでしたが。
きっちりランクインしてきましたね。
ビーエイチ [BH] 【在庫一掃SALE】 【大型商品】2016 G7 DISC FRAME ロードフレームセット

スポンサードリンク

2016年03月29日 トラックバック(0) コメント(5)

おひさしぶりです!第四回もかなり分かりやすくそれでいて見ごたえある内容で楽しませていただきました。そこで興味というか、少し質問なのですが、実際にレースに使うとなった場合にほぼ価格が同じくらいのBHのARとQUARTZが本気で勝負になった時はどっちが性能面で勝つんでしょうか?すいませんがご解答よろしくお願いします♪

2016年04月09日 yuichi URL 編集

これはお久しぶりです。
AR105かQuartz105どっちがレースで速いかですか??

3時間位悩んだんですが……分かりません。どっちも、マジヤバい走りをするモデルです。

ただ、この2台をもってすれば、他の中途半端なカーボンモデルなど血祭りに
あげる事が出来るのでは。


五分……Quartzの加速力も強大だけど、AR 105の超高速スピード性能も脅威だし……

ただ、脚力が少ないならAR105のほうが扱いやすいかな。
豪脚の方ならQuartzのほうが、パワー(剛性)を開放し易い。

乗り手によって、かなり評価が変わるとは思いますが。
個人的には、ほぼ互角ですね。
だから、AR105とQuartz105の価格に差がないのも、心の底から理解できます。
本当にレースで勝ちたい方はこの両モデルを好みに応じて選択すればいいのでは?
価格以上の性能が付いてくると、断言できます。

2016年04月09日 管理人 URL 編集

BH………恐ろしい技術を持ったメーカーですね。わずか20万円台でこれだけのロードレーサーを作ってしまうとは…。個人的にはメリダのリアクト、スクルトゥーラのランクインも嬉しかったですね。後、興味というか心残りなのはアルミモデルのランキングも見たかったですね。AR、アンカーRS6、ファーナSL等の差も気になるところでした。

2016年04月13日 yuichi URL 編集

特に最近のBHは素晴らしいですよ!
走り優先なら、間違いなくBHですね!

アルミランキングですか。
OKです。
なんとか4月中に、記事化してみます。

それはそうと、地震は大丈夫でしたか?
なんだか、凄い被害の様ですが。

2016年04月16日 管理人 URL 編集

アルミランキング楽しみにしております♪そして、ありがたいことに災害の心配までしていただきありがとうございます!余震が続くなか不安な生活にはなっていますが、佐賀在住だったこともあり個人的にも親戚にも何の被害もなく過ごすことが出来ております。そして一刻も早い熊本の方々の復興を祈っております。

2016年04月17日 yuichi URL 編集












管理者にだけ公開する