ラグフレーム仕様のANCHOR RMZを眺める  アンカーの本拠地である埼玉県上尾の社内工場でハンドメイド スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > ANCHOR アンカー > ラグフレーム仕様のANCHOR RMZを眺める  アンカーの本拠地である埼玉県上尾の社内工場でハンドメイド

ラグフレーム仕様のANCHOR RMZを眺める  アンカーの本拠地である埼玉県上尾の社内工場でハンドメイド

DSCN3922vfdfew.jpg
いいなあ……ラグフレーム仕様のANCHOR RMZ ですよ……
コルナゴのラグフレームもそうだったけど、剛性高そう……
剛性のオーダーも可能という話だけど、正しくレース仕様だな……
しっかりした剛性に、ラグフレーム効果でたわみが少ないく反応
が良いのか。
このクラスになってくると、勝手に前へすっ飛んでいってくれる
のだろうな……
DSCN3923jhxdgcf.jpg
フレームサイズ オーダー
フレーム Personal Matching HM-Carbonインテグラルヘッド


おお……アンカーハンドメイドラグフレームは、ケーブルはアウター仕様か。
このANCHOR RMZのラグフレームは上尾工場でハンドメイドか。
ジオメトリーとオーダーメイドで、オーナーの体に理想的な
カーボンバイクとして、仕上げてくれるそうな。
急激な加速や、急原則にも対応してしまう本格レース仕様。

RMZフレームに、9000系メカニカルデュラエース仕様だった。
お、恐ろし過ぎる仕様だ。
国内系カーボンロードモデルにおいて、最強クラスの一台なんだろうな。
(意外に良く走るから、ロングライドにも対応しちゃったりして)
DSCN3927jkhjhgfg.jpg
シートポスト RITCHEY ISP WCS STUBBY φ 34.9 50mm
丸レール/角レール対応


あえてラグ構造を採用する訳は、ミリ単位のジオメトリーと7種類の剛性を再現
するため。

緻密な応力計算から生まれた最先端のフレーム形状は、トップライダーの脚
力を効率的に推進力へと変換。
やっぱり推進力重視型の、最新鋭カーボンモデルだったか……

シートステーの形状が、人間の骨みたいでちょっと後ずさりしてしまった。
DSCN3924vfd (1)
フロントフォーク HM-Carbon Monocoque Proスーパーオーバーサイズ

フォーク形状も、エアロというよりはやはり動物的な骨そのもの。
ホイールは反則仕様のSHIMANO DURA-ACE WH-9000-C50-CL
 
カーボンとアロイを組み合わせた構造を採用した、超軽量で速く反応の良いホイール。
アロイブレーキ面によりあらゆる天気で高い制動性能を提供し、50mm カーボンリムプ
ロファイルは並外れたエアロ効果を発揮。
DSCN3924vfd (2)
フレーム重量 フレーム単体 1,100g(490mmSEL4相当)
フレームセット 1,550g(490mmSEL4相当)
※インテグラルシートポスト除く
参考完成車重量 7.1kg(490mm相当)ペダル付き
6.9kg(490mm相当)ペダルなし
DSCN3926vfd (1)
シマノ Di2対応仕様を選択可能。
※DURA-ACE 9070、ULTEGRA 6870はSM-JC40(ジャンクション)
を使用、バッテリーマウントはSM-BMR2-Sを使用し左チェーンステー
の下側に装着します。
DSCN3926vfd (2)
素材となるカーボンパーツ群は、カーボンの積層を調整された複数種類の
仕様があり、この中から選択することで7段階に設定されたフレーム剛性に
調整される。選択されたパーツ群を乗り手の体格や好みに合わせてミリ単位
で寸法出しを行い、それぞれを組み合わせていく。

アンカーの本拠地である埼玉県上尾の社内工場にて、フレーム職人
たちの熟練した技巧と確かな精度でオーダーされたジオメトリー
に合わせてカーボン素材を型に配置していく。
正確に管理された温度と時間で確実な接着がなされ、フレームとなる。
Shimano - Dura Ace (デュラエース) 9000 C50 クリンチャーホイールセット

スポンサードリンク

2016年03月14日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する