2016 MERIDA CROSSWAY BREEZE TFS 100-R エントリー系クロスバイクながら、ロードバイクやMTBに採用される「FLEX STAY」システムを投入 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2016 MERIDA CROSSWAY BREEZE TFS 100-R エントリー系クロスバイクながら、ロードバイクやMTBに採用される「FLEX STAY」システムを投入

2016 MERIDA CROSSWAY BREEZE TFS 100-R エントリー系クロスバイクながら、ロードバイクやMTBに採用される「FLEX STAY」システムを投入



100000031362-l0.jpg
2016 MERIDA CROSSWAY BREEZE TFS 100-R

このクロスバイクは毎年、エントリーユーザーが乗りこなせる
街乗りに使えるジオメトリーにこだわったモデルなのですよ。
その上で、リア三角やフレームに、にロードやMTBの技術を
こっそり投入しているのがポイント。
①上位クロスウェイと同じテクノロジーを採用しながら、小柄なユーザーに対応できる
為のジオメトリーに設定。

シートチューブをあえて短めに設定して、小柄な方から大柄な方でも対応出来る様に
フレーム設計を施してあります。

適正身長:145-170cm(38cm)、150-175cm(41cm)、160-180cm(46cm)、170-190cm(50cm)
100000031362_17.jpg
②ロードバイクやMTBに採用される「FLEX STAY」システムを
クロスバイクCROSSWAY BREEZE TFS 100-Rに搭載。


ロードバイクとMTBハードテイルはリアサスペンションを持たない。
軽量化だけではなく、パワー伝達性に優れるが、リジット構想ゆえ
にライダーを披露させる原因となる。
その為メリダではシートステー、チェーンステーの形状を扁平化する事
で、路面からの衝撃を吸収して快適性を向上する「FLEX STAY」マイク
ロサスペンションテクノロジーをCROSSWAY BREEZE TFS 100-Rへ搭載。
20160305124617a36gre.jpg
20160305124634679htnh.jpg
フルカーボン2016 MERIDA SCULTURA 6000チェーンステー部

実は「FLEX STAY」システムは、30万クラスのフルカーボンロード
SCULTURA 6000
にも採用されている技術です。
こっちは扁平化というか、四角のスクエア形状ですね。

それを5万円クラスのエントリー系アルミクロスバクCROSSWAY BREEZE TFS 100-R
へも、採用しています。
形状は多少違いますが、両モデル共にチェーンステーの形状を扁平化して
路面からの衝撃吸収に対応しているのが見て取れます。
100000020798_12rsgwr.jpg
③この上画像は2014 MERIDA CROSSWAY BREEZE TFS 200-Rのダウンチューブ
形状ですが、今回の2016 MERIDA CROSSWAY BREEZE TFS 100-Rにも採用。

ショットガンシェイプという形状のダウンチューブで、こうやってケーブル類を
ダウンチューブ内部に収納しています。
100000031362_18.jpg
④K-MOUNT DROP-OUT
キックスタンドをボルトオンで装着可能にした、キックスタンドマウント。

やはり街乗り専用のクロスバク用途のモデルなので、駐輪に使い勝手
良さそうですね。
100000031362_16.jpg
⑤パンクしにくく快適な乗り心地を実現する32Cタイヤ、空気入れの楽な英式バ
ルブなどを採用。

(タイヤ KENDA K-1067 32C)


バルブはママチャリと同じ英式なので、どこでも空気入れを
確保できますね。
タイヤの幅は32Cなので、走破性も確保。
100000031362_07.jpg
シフター Shimano ST-EF41 3Sx7S

基本的にシフターやフロントディレーラー、リアディレーラーは
シマノ製。
グリップにMERIDAロゴを入れているのも特徴。
100000031362_09.jpg
ブレーキセット Tektro C310
100000031362_15.jpg
フロントディレーラー Shimano FD-TX51
ギヤクランク SAMOX SAC16-439P-8S 48-38-28T
フロントトリプル、リア7速のトータル21速仕様。
100000031362_10.jpg
⑥メリダ特有のヒートトリートメントを施したダブルバテッドアルミフレーム
6061アルミを採用したフレーム。

メリダのアルミ加工技術を組み合わせることで、高いパフォーマンスを
有するアルミクロスバイク。
最近は6061アルミも、どんどんエントリー系のクロスバイクに採用されて
いますね。
CROSSWAY BREEZE TFS 100-Rの場合、上半身上向き姿勢で走行
可能なので、だれでもすんなり乗りこなせるというメリットがあります。
100000031362_11.jpg
リアディレーラー Shimano Altus RD-M310
カセット Shimano MF-TZ21 14-28
リア7速仕様。リアディレーラーやカセットはシマノグレード

ロード系アルミニウムテクノロジーを用いて街乗りの為に開発され
たCROSSWAY TFSフレームって、謎のこだわりがありますね。
細部が異常に凝ったアルミフレームエントリー系クロスバイクと
いう印象。
やっぱりメリダのクロスバイクは、エントリーモデルと言えど
フレームを細かくチェックしてみると、色々な発見があって楽しいです。
【MERIDA CROSSWAY 100-R】2017年モデル メリダ クロスウェイ 100-R クロスバイク

スポンサードリンク

2016年03月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する