2016 MERIDA CROSSWAY 150R 限界までコストを下げつつ ロードの走りに近づけたモデルであることは良く分かります。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2016 MERIDA CROSSWAY 150R 限界までコストを下げつつ ロードの走りに近づけたモデルであることは良く分かります。

2016 MERIDA CROSSWAY 150R 限界までコストを下げつつ ロードの走りに近づけたモデルであることは良く分かります。



100000031688-l2.jpg
100000031688-l0.jpg
2016 MERIDA CROSSWAY 150R
ぎりぎり5万円クラスで購入可能な、サイクルベースあさひ限定
のフラットバーロードCROSSWAY 150Rの仕様が凄まじいですね。

販売価格58,980円(税込)で、なんとロードスペック「Claris」
仕様ですよ。5万円クラスでフラットバーロードがやれるのか……
8万クラスのアルミロードに採用されているパーツを、
MERIDA CROSSWAY 150Rに持ってきちゃったんですね。
(ただし、フロントディレーラーはShimano Tourney仕様。負荷が大きい
リアディレーラーをクラリススペックにしている)
100000031377-l1hrt.jpg
2016 MERIDA CROSSWAY BREEZE TF300S-R

サイクルベースあさひ限定のCROSSWAY 150Rは通常のメリダクロスバイク
CROSSWAY シリーズとは異なり、ロードスペックを投入した非常に
レアなクロスバイクという事になります。

一体どういう経緯で、CROSSWAY 150Rが誕生したんだろ?
CROSSWAY 150Rのアルミフレームに謎が多いのですよ。
100000031688_14.jpg
100000031688_15.jpg
画像から察するにシフターはクラリススペックのSHIMANO ST-R240
左右レバーセットみたいですね。

カンチ/V対応 2X8S
100000031688_17.jpg
100000031688_12.jpg
ブレーキ Tektro RX1 Vブレーキ
ショートアームVブレーキを採用。
100000031688_13.jpg
100000031688_10.jpg
タイヤ KENDA K-196 23C
あえてロードバイク用のタイヤサイズ23Cでいくか。
転がりを軽くすることを狙ったか。
100000031688_02.jpg
フォーク部はアルミ
100000031688_16.jpg
アルミCROSSWAYシリーズに採用されているTFS製法のアルミニウ
ムフレーム「CROSSWAY TFS」を2016 MERIDA CROSSWAY 150Rへ
持ってきていると個人的に思っていたけど……どうも違う様だ。
あさひHPのアナウンスによると↓


RIDE150あさひ限定と同じく、高剛性ハイドロフォーミングフレームと
ワイヤ内蔵機構(シフトワイヤのみ)、上下異径ヘッドを採用。
この価格帯において驚くべきコストパフォーマンスを実現しました。


つまり、2016 MERIDA CROSSWAY 150Rのアルミフレームって
ロード系アルミフレームを採用したフラットバーロードって事?
100000031688_03.jpg
例えば、これが2016 MERIDA CROSSWAY 150R
ダウンチューブ部分なんですが……
20160305134506224vd.jpg
2016 MERIDA SCULTURA 700ダウンチューブ画像

先日紹介した軽量アルミロード2016 MERIDA SCULTURA 700の
ダウンチューブ部分と2016 MERIDA CROSSWAY 150Rの形状が酷似
しているんですよ……。

双方共に横に面積を確保した、多少丸みのあるダウンチューブ形状
ですよね。

もしかして、アルミロードモデルSCULTURAの技術が、フラット
バーロードCROSSWAY 150Rに投入されているのか???

なんというミステリアスなフラットバーロードだろう。
しかもさり気なく、一部インターナル仕様だし。
もしかして、フラットバーロードCROSSWAY 150Rって、結構走るモデル
なのか?
だとしたら、とんでもない低価格の隠れ蓑を被った高性能フラット
バーロードという事になります。
100000031688_08.jpg
デザインもロードモデルのSCULTURAシリーズに近いですね。
よりロードを意識したモデルという事か。

100000031688_11.jpg
フロントディレーラー Shimano Tourney
おお……ターニーだ……コストを削減する為にあえてフロントディレーラーはターニー
スペックか。
なんとターニーとクラリスのミックス仕様! 
100000031688_06.jpg
クランク FSA アルミ

あさひ公式の説明によると、クランクは50×34T、リアディレーラーには11T
から始まるスプロケットを採用。

5万クラスながら、ロードバイクと同じギア比を実現してしまったそうだ。
しかも、この価格帯でフロントダブル仕様のフラットバーロードって
かなり珍しい。
100000031688_04.jpg
100000031688_09.jpg
リアディレイラー Shimano Claris
スプロケット Shimano CS-HG50-8S 11-30T
クラリススペックのワイド レンジギア 仕様。
むむ……まるでクラリス仕様のツーリングモデル……
サイクルベースあさひによると、普段の通勤・通学はもちろん、週末の長距離ライドまで、
1台を思いっきり楽しみたい方におすすめだそうだ。
100000031688_07.jpg
見ての通り、低価格ながらロードの技術を投入した 2016 MERIDA CROSSWAY 150R
って、かなり面白いモデルですよね。
(なんか推測が多くて申し訳ない。ただ、色々推理していく過程って面白い)
謎が多いフラットバーロードでありますが、限界までコストを下げつつ
ロードの走りに近づけたモデルであることは良く分かります。
メリダ [MERIDA] 【お店で受取り選択可】 2016 CROSSWAY 150R(クロスウェイ) 700c 通勤 通学 クロスバイク あさひ限定

スポンサードリンク

2016年03月08日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する