TREK MADONE9シリーズ H1に乗ってみた。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > TREK > TREK MADONE9シリーズ H1に乗ってみた。

TREK MADONE9シリーズ H1に乗ってみた。

DSCN0122DCS.jpg
DSCN0107CDS.jpg

TREK MADONE9 Series H1

7月に出てきた新型エアロロードTREK MADONE9シリーズ H1に乗ってみました。

試乗時間が終了間際かつ、しかもコースは一周だけだったので試乗というよりは
軽く「乗ってみた」感想になります。

TREK MADONE H1という名称で展示&試乗車が用意されていました。

H1フィットという最も低いポジションのレーシング向け
フレームだそうです。
筋力が高いアスリート向けのエアロフレームか。

H2フィットというのはライダーに最適なポジション
を提供するコンフォート寄りフレーム。ロングライドも快適に
こなせるそうな。

DSCN0123CDWS.jpg
(TREK MADONE H1に短距離&短時間乗ってみた感想)
うーん……。

これは、地面を走っているというより、滑っている感覚ですね。
超高速スピードスケートで、氷の上を滑空しているかの様だ!!

剛性&推進力が相当高く、前方に前進していくというか。
強引に突進していく。

フレームが硬かったかな。
どこまでもプロの剛脚に耐えられる、マッチョな本格プロ仕様
フレームという感じ。

パワーや推進力は、確かにケタが違う感じがするが。
短時間かつ短距離で、試乗を終えたので分かったのはここまで
かな。
DSCN0116CDS.jpg
マドンの新型エアロバー/ステムコンポ。
もうまるで、板状の羽。
でも、操作性においてまるで違和感がなかった気がする。
ビジュアルはロードというより、別の乗り物みたいだった。

DSCN0110CDS.jpg
DSCN0112CDS.jpg
マドン新型内臓ブレーキ。
フレームと一体化している……なんだか見た目ブレーキというより
ロードに取り付けられた生物みたいな不気味さ。
DSCN0118CDS.jpg
前方から見ると、一瞬どこにブレーキが配置されているか分からない。
しかもケーブル類がどこにも見えない。
内臓されているというより、保護されているかのようだ。
DSCN0119CDS.jpg
DSCN0113CDS.jpg
DSCN0121CDS.jpg
このダウンチューブ上部にバレルアジャスターまたは電動ドライブトレイ
用バッテリーポートを備えた、一体型コントロールセンターが配置されている。
DSCN0120CWE.jpg
DSCN0111C.jpg
広さは正義! BB90はロードバイクのボトムブラケットとして
最大幅を誇る。
しかもBB周辺はボリュームがあるのに、流線型で滑らかな
形状。
個人的に、このあたりのビジュアルが美しいと思う。
DSCN0108CDS.jpg
DSCN0114CDS.jpg
DSCN0109CDS.jpg
DSCN0115CDS.jpg
あのドマーネに採用されていた、ISO SPEEDテクノロジーがこっちにも
採用されていた訳だ。
露骨に硬いフレームではなかったのは、このあたりの衝撃吸収システムが
稼働していたおかげか。
個人的にはドマーネの衝撃吸収性&コンフォート性能のほうが、その辺
乗るには扱いやすいかな。

でも、レースだったり、決戦用ならTREK MADONE H1を選択
したほうが頼もしい。
De Rosa - King XS (Super Record - 2017)

スポンサードリンク

2016年01月02日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する