2016 Khodaa Bloom Farna SL Ultegra試乗体験インプレ  (2016コーダーブルーム全モデルが、どことなくレース志向になってきた!) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KhodaaBloom(コーダーブルーム) > 2016 Khodaa Bloom Farna SL Ultegra試乗体験インプレ  (2016コーダーブルーム全モデルが、どことなくレース志向になってきた!)

2016 Khodaa Bloom Farna SL Ultegra試乗体験インプレ  (2016コーダーブルーム全モデルが、どことなくレース志向になってきた!)



DSCN9989cs (2)
2016 Khodaa Bloom Farna SL Ultegra試乗体験インプレ


うん、うんやはり路面追従性が高いアルミモデルですね。
その上でアルミ剛性を生かして、一気に軽く加速するパワーが
ある。

今回ファーナプロやFarna 700-105に試乗しましたけどやは
りどれも、路面追従性が高いのが特徴。

ただFarna SL-ULTEGRAあたりから、レーシーな
性能が全面に出てきています。

7.4kgという超軽量なアルミモデルですけど、スポーツ性が
高いですね、やっぱり。
アルテグラパーツがフル採用されている高級機種ですけど
やはり超軽量アルミフレームの性能が全面に出ていると
思います。

DSCN9992hty (2)
2016 Khodaa Bloom Farna 700-105

新型アルミモデルFarna 700-105あたりも、この2016年モデルあたりから
スポーツ性能が増してきた印象を受けましたが。
うーん、コーダーブルームって全体的にレース志向に舵を切って
いるのだろうか?
どのモデルもロングライド性能や街乗り性能を保持しつつも、
レースに使えそうな印象を、どの2016年モデルから感じました。


2016 Khodaa Bloom Farna SL Ultegraって2015年モデルから継続し
てアルテグラホイールを履いていますけど。
足回りも、実に真面目。
DSCN9989cs (1)
真っ直ぐに力強く伸びたバックステーはレースシーンの緊迫した場面に
対応する鋭い反応性を生み出す。

スムースな溶接部分は高い技術力のもとに制作されたフレームであることを
示す。細かな部分にも妥協しない製品づくりが形に表れている。

ボックス形状のダウンチューブはライダーのパワーをしっかり受け止めて
ペダルから入力された力を推進力に変換する。

ヘッド部は上下異形サイズを採用し、軽量な構成にしつつ高いハンドリング
性能を実現した。安定感ある乗車感は万人に安心を与える。

日本人が使用する右前&左後ブレーキ対応のワイヤールーティング。
開発者と使用者が同じ日本人だから可能になった。



と記載されていましたが、Farna SL Ultegraはロードの基本を抑えつつ実に
忠実&真面目な仕上がりです。
ブレーキ面や、変速操作、コーナーリングにおいてキッチリ仕上がって
いる印象。
真面目な走りをするアルミロードなんですね。
DSCN9991uyuj.jpg
2016 Khodaa Bloom Farna PRO
コーダーブルームのフラグシップカーボンモデルFarna PROあたりになると、
更にFarna SL Ultegraよりもレーシー寄りになります!

このレベルになってくると、純粋に速い!
 
とはいえ、路面追従性を残しつつ、扱い易い。
レーシングモデルなんだけど、どことなく日常的に使えそうな所が、
やはりコーダーブルームモデルなんでしょうね。
コーダーブルーム [khodaa_bloom] 【お店で受取り選択可】 2017 Farna(ファーナ)SL-ULTEGRA ロードバイク

スポンサードリンク

2015年12月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する