14万円クラス105&リア11速スペックのルイガノ 2016 LGS-CTR-COMP 700c に試乗。ガノとルイガノアルミを実際に試乗して比較してみる。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ) > 14万円クラス105&リア11速スペックのルイガノ 2016 LGS-CTR-COMP 700c に試乗。ガノとルイガノアルミを実際に試乗して比較してみる。

14万円クラス105&リア11速スペックのルイガノ 2016 LGS-CTR-COMP 700c に試乗。ガノとルイガノアルミを実際に試乗して比較してみる。



DSCN8677ふぇ (2)
14万円クラス105&リア11速スペックの 2016 LGS-CTR-COMP 700c
に試乗してみました。
ここ最近の105ミックス&アルミフレームモデル性能は、実際の所どう
なんだろう?


という興味から、実際にLGS-CTR-COMPへ乗ってみることに。
DSCN8678fd (2)
DSCN8679fs (1)
(操作性)
フロント&変速は、割と良好。
やはり想像通り、巡航性能が高い。路面追従性を生かした加速が
得意。
ロングライド&長距離巡航タイプのアルミロードだった。
特にフロント変速に関して、もたつきは無い。
変速機能に関してはきちんと役割を果たしているので、105スペック
シフターの軽い操作性を楽しめた。


新ティアグラはともかくとして、ソラやクラリススペックなどの
アルミロードとは雲泥の差。


DSCN8677gf (1)
実際に乗ってみると、確かにミックスとはいえ105スペックの恩恵は
巨大
過ぎる。
体感すれば、だれでもそう思うだろう。

そう考えるとリア11速で細かな速度設定も可能だし
14万にしては美味しいモデルなのでは。
DSCN8678fd (1)
(ブレーキ)
やはり105スペックのブレーキに比べて、効きが弱い。
ブレーキレバーをより強く握らなくてはならないので、ブレーキの
より強い握力を要する。
コンフォート系アルミモデルらしく、それ程固い感じはない。

線の上を走る様な走行感が味わえるので、安定性を最優先にした
アルミロードだと思う。

直進安定性を発揮する上で、変速操作が軽やかなので疲労が
たまりにくいシステム
になっている。


ただし、レーシング系アルミロードレーサーの様な
機動性は落としている。


時速30kmから次第に速度が伸びるにつれ、更に加速する能力はある。
想像以上に、速度の伸びが良かったので感心した。
DSCN8664fhn
GARNEAU AXIS SL2

結局ガノモデルとルイガノモデルを比較してみると……

加速性性能、快適性、機動力、コーナーリング性能、ブレーキ
全てにおいてGARNEAU AXIS SL2の圧勝。
やはりガノとルイガノは完全に別物だと確信。

ミックス105LGS-CTR-COMPは14万クラス、
フル105 GARNEAU AXIS SL2は19万クラス。
スペック以上に、この両モデルには巨大な性能差がある。
個人的には5万円の差というより、10万以上の差に感じて
しまった。

やはり、20万近いアルミフレームモデルの性能は、エントリー系カーボン
フレームモデルを圧倒出来る能力がある。
(主にアルミフレーム性能の差ではあるが)
DSCN8679fs (2)

結構105ミックスLGS-CTR-COMPの走行性能は14万にしては
思いの他、まともだった。


予算を抑えたいなら、LGS-CTR-COMPという選択肢も悪くない


繰り返すけど、フル105でなくても部分的に105パーツ
を取り入れる意味って大きい
んですね。

あと、やはりロードは5万程度の価格差を階段にして、
性能差が露骨になるということが実感出来た。
ルイガノ [louisgarneau] 【お店で受取り専用】 2017 LGS-CTR COMP(CTRコンプ) ロードバイク

スポンサードリンク

2015年11月30日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する