2016 PINARELLO DOGMA K8-S試乗体験インプレ ドグマサスペンションシステムの衝撃吸収処理能力を体感! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > PINARELLO(ピナレロ) > 2016 PINARELLO DOGMA K8-S試乗体験インプレ ドグマサスペンションシステムの衝撃吸収処理能力を体感!

2016 PINARELLO DOGMA K8-S試乗体験インプレ ドグマサスペンションシステムの衝撃吸収処理能力を体感!

DSCN8303da.jpg
PINARELLO DOGMA K8-S
リアトライアングルにサスペンションユニットを搭載したDOGMA K8-S
に試乗してみました。
うひょー! 走りが軽いっ! 
そして、これが80万クラスフレームの快適性か!

い、いいな……走りはロードなのに、ここまで路面からの
ショックを吸収してくれるなんて……!
DSCN8308vsd.jpg
ドグマサスペンションシステム

小径車の話しになるけど、KHSとか旧BD-1とかで採用されていた
エラストマー系(樹脂)サスペンション!
サスの効き具合は、700Cフルホイールの方がいい感じなんですね。
全然速度が逃げないのに、どんどん路面からの衝撃を処理していく
機能性に、震えた!!
DSCN8312vs.jpg
DOGMA K8-S試乗中の生の声

あああああ、もう、軽い! 軽い! 軽い! 走りが軽い!!
それに、なんだよ? このなめらかでソフトな快適性は??
しかもドライブトレインにデュラエースDi2を実装し、フレームはCarbon T1100-1K
ホイールはフルクラムレーシングゼロ!!
重量7kg台前半か……
DSCN8298fs.jpg

試乗コースで鉄板が連続している箇所があるのですが、やはり
極限状態まで鉄板とコンクリートの段差をフレームやサスが
処理してしまったんですよ。
(しかも、ごく自然に)
あくまで個人的な話になるけどDOGMA K8-S
版シクロクロスかグラベルロードモデルがでないかな?
と妄想してしまった。
DOGMA K8-Sにシクロクロスの様な走破性が加われば、あら
ゆる路面状態でも最強の走りをしてしまうんじゃないか……
DSCN8299da.jpg
DSCN8295gd.jpg
2015サイクルモード名物ピナレロ行列。
今回は40分程度で試乗できた。
しかしよく、DOGMA K8-Sの様な高級機種を試乗車に回してくれたものだ。
(毎年、毎年、ありがたいと思う)
本当に、ピナレロジャパンの皆様には大感謝。
DSCN8296gs.jpg
DSCN8313vs.jpg
DSCN8304fasd.jpg
DSCN8305vds.jpg
DSCN8306vs.jpg
フルクラム レーシングゼロ
ピナレロジャパンの試乗車は、コンポもホイールも最高の物
を用意してくれる! 

ツーーーーっと、まるでスケートしているかのようなホイールだった。
まるで抵抗感がない、軽快な加速感が魅力!
DSCN8307vs.jpg
デュラエースグレードのコンパクトクランク。
DSCN8309khjgf.jpg
にしても、最近のピナレロの加速性能は急激に向上していますね。
DOGMA K8-Sもサスペンションを搭載しているのに、まるで抵抗感
がない。

かといってパワーロスもないし。

ただ、加速性能や剛性は爆速DOGMA F8の方が格上だと思う。
DOGMA K8-Sは衝撃吸収性と走りにおける体感的な軽さを強
化した感じ。
DSCN8310vs.jpg
DSCN8311vs.jpg
DOGMA K8-Sの弱点。
平坦な路面状態において、他の高剛性エアロロード(上位機種)と戦った場合、
若干K8-Sの方が若干不利になると思う。
やはりエアロロードの加速性能の方が、どうしても優位ではないかな?

逆に長時間路面状態の悪いコースを走破する場合、DOGMA K8-S
は圧倒的優位に立てるはず。

DSCN8314vs.jpg

長距離走るのにかなり適している上に、いざとなれば普通に
レースに使える。
走りは見事なフラグシップロードモデル。

通常のミドルグレード系ロードでは、歯が立たないだろう。
多少荒れた路面になればなるほど、DOGMA K8-Sは優位に立て
るはず。

それにしても、ここ最近のピナレロモデルっていいですね。
どんどん個性が強くなっている感があります。
Fulcrum - Racing Zero アロイクリンチャーホイールセット

スポンサードリンク

2015年11月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する