2016 LGS-TR LITE E  2016年モデルから一気にLGS-TR LITE Eの仕様がパワーUP!  とうとう油圧ディスク&リア9速化してしまった! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 未分類 > 2016 LGS-TR LITE E  2016年モデルから一気にLGS-TR LITE Eの仕様がパワーUP!  とうとう油圧ディスク&リア9速化してしまった!

2016 LGS-TR LITE E  2016年モデルから一気にLGS-TR LITE Eの仕様がパワーUP!  とうとう油圧ディスク&リア9速化してしまった!



100000031216-l0.jpg


2016 LGS-TR LITE E

2016年モデルから一気にLGS-TR LITE Eの仕様がパワーUP! 
とうとう油圧ディスク&リア9速化してしまった!


( ;゚ω゚)わーすごい…。本当に7万円クラスで、油圧ディスク
が付いてくるんだ?
街乗りフィットネス用&未舗装の道を走破する為のクロス
バイクです。

素直に、よく7万円クラスでシマノ製油圧ディスクを採用し
てきましたね!? 

他ブランドだと9万クラスでようやく油圧ディスク仕様だし。
7万クラスだと、大抵はメカニカルになってしまいますものね。

油圧ディスクの方が原則的に、メカニカルよりも軽い握力で効くし
うらやましい。
(とはいえ、先日のメカニカルディスクを採用していたクロスバイク
に試乗した際、メカニカルの効きの良さにも感動してしまったが……)
100000031216_09.jpg
Vブレーキ仕様のクロスバイクだと、最悪リムがやられると効
かなくなるけど。
ディスクの場合、車軸にブレーキが配置されているから
リムのトラブルの影響を受けにくくていいな。
やっぱりトラブルに強い、シクロクロスやグラベルロードに盛んに
採用されているのもうなづける。
うーん、路面が過酷な環境の場所に引っ越した場合LGS-TR LITE E
はちょっと個人的に選択肢にいれてみてもいいかもしんない。

2016 LGS-TR LITE Eの場合の特徴として簡単にまとめると

① 油圧ディスクの強力な制動力を有するクロスバイク。
②油圧ディスクのおかげで、スピードコントロール性能に優れている
③シクロクロス、MTBにも採用されている油圧ディスクを採用している
ので、トラブルに強い。
④なんと販売価格7万円クラスで、リア9速仕様!

普通、クロスバイクの販売価格7万クラスだと他社はようやく
リア9速仕様(ロード系コンポだとSORA)だけど。
2016 LGS-TR LITE Eは、MTB系コンポSHIMANO製ALTUSを装備
することで、なんと販売価格7万ながら、フロント3段×リア9段変速
仕様になっている。
100000031216_01.jpg
ブレーキレバー シマノ 油圧式ディスク
100000031216_02.jpg
ハンドルバー アロイ ライザー
ステム アロイアヘッド6°
100000031216_03.jpg
ヘッドセット 1-1/8インチ インターナル
フォーク U6アルミ
100000031216_05.jpg
フレーム 6061アルミ
100000031216_04.jpg
100000031216_06.jpg
フロントディレイラー シマノ ALTUS
クランク シマノ ALTUS 42/34/24T 170mm
100000031216_08.jpg
ボトムブラケット カートリッジクロモリ 122.5mm(68mm)
ペダル アロイ
ハブ シマノ QRディスク 32H
タイヤ ケンダ 700x32c
100000031216_07.jpg
リアディレイラー シマノ ALTUS
スプロケット シマノ CS-HG200 11-32T 9s
ブレーキ シマノ 油圧式ディスク

重量 12.21kg(470mm)
変速 3x9 27段変速
ペダル フラット

個人的に販売価格7万円クラスで、ここまで油圧ディスク化を
GT - Zaskar AL Elite (2017)

スポンサードリンク

2015年10月29日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する