2016 louisgarneau LGS-CT(ルイガノLGS-CT)は、新ティアグラ30SPEEDを採用しつつも、販売価格をかなり抑えている。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ) > 2016 louisgarneau LGS-CT(ルイガノLGS-CT)は、新ティアグラ30SPEEDを採用しつつも、販売価格をかなり抑えている。

2016 louisgarneau LGS-CT(ルイガノLGS-CT)は、新ティアグラ30SPEEDを採用しつつも、販売価格をかなり抑えている。

100000031230-l0.jpg
100000031230_07.jpg
ロングセラークロモリツーリングモデルLGS-CTがモデルチェン
ジしたそうです。
なんと販売価格114,696円(税込)ながら、新ティアグラを採用してき
たんですね。
(フレーム 4130 クロモリ)

大体アルミの場合は12万を軽くオーバーしますので、
11万円クラスで4アームクランク(しかもトリプル!)
の新ティアグラSTIを欲している方には、ちょっと面白いクロモリ
モデルかもしれません。

しかし、まさかシルバー系トリプルクランクではなく、あえてブラック
の新ティアグラトリプルクランクを持ってくるとは……バタフライハン
ドルを採用したLGS-GMT を始め、なんか2016年モデルのルイガノは
ツーリングモデルに力が入っていません??

100000031230_01.jpg
シフター シマノ NEW TIAGRA
なんとブラックの新ティアグラシフターを、ホリゾンタルクロモリに持ってくるとは。
100000031230_02.jpg
ハンドルバー アロイ ドロップ(380/460、400/500mm、540mm)
ステム アロイ クイル 17°(80/460、500mm、100/540mm)

スレッドステムにインラインブレーキレバー路線は継続。
初めての方でも、扱いやすい高さにハンドル位置を設定
してあります。

街乗りでも使えるインラインレバーは2016年モデルにも
しっかり付いてきたか。
100000031230_03.jpg
ヘッドセット 1インチ スチールスレッド
ブレーキ テクトロ アロイ カンチ
100000031230_04.jpg
ハブ アロイ QR 36H
フォーク 4130 クロモリ
100000031230_05.jpg
フロントディレイラー シマノ NEW TIAGRA
フレーム 4130 クロモリ
100000031230_07.jpg
クランク シマノ NEW TIAGRA 50/39/30T(170mm)

新ティアグラのトリプルクランクなんて、初めて見た!
こういう精悍な感じになるのか。
思ったより、シャープな感じ?
LGS-CTは伝統的にSTI変速が楽しめるクロモリロードで、ここ最近
積極的に最新パーツを取り入れているのが特徴。
100000031230_09.jpg
ボトムブラケット シマノ NEW TIAGRA(68mm)
100000031230_10.jpg
100000031230_08.jpg
リアディレイラー シマノ NEW TIAGRA
スプロケット シマノ CS-HG50 12-28T 10s
100000031230_11.jpg
スポーク ステンレス
リム アロイ 700c
タイヤ KENDA 700x35c
100000031230_12.jpg
2016 LGS-CTの場合ロード寄りの700cホイールなんですよね。
ロードが欲しいユーザー寄りの仕様だけど、いざとなればキャリアー
を実装し易いようにダボ穴を用意してある。
100000031220-l0.jpg
2016 LGS-GMT-V 26インチ

一応比較の為に、先日に引き続き再度紹介しておきます。
LGS-GMTの場合は、 強靭な26インチディスクブレーキ採用の、
本格ロングツーリングモデルですね。
100000031220_02.jpg
LGS-GMTの場合は、最初から泥除け、キャリアー、バッグ類が付
いてくるのがポイント。
シフターの周辺も、バタフライハンドルによって強固に守られています。

販売価格143,856円(税込)
100000031220_13.jpg
ううむ……やはり2016 LGS-GMT-Vの初期オプションは豪華だ……

2016 LGS-CTの場合は、もしツーリング風に使うならキャリアーやバ
ッグ類を後日自分で用意しなくてはなりませんが、あえてロード風に使
うなら初期投資が抑えられる【販売価格114,696円(税込)】という利点
もあります。
クラシカルな雰囲気を最新のスペックで味わえますし。

4700系新ティアグラは、想像以上に変速操作が軽やかですから、
長時間走行した際の変速操作のストレスが、かなり軽減されるは
ず。
ルイガノ [louisgarneau] 【お店で受取り専用】 2017 LGS-CT クロモリフレーム ランドナー/ツーリングバイク

スポンサードリンク

2015年10月20日 トラックバック(0) コメント(1)

このコメントは管理者の承認待ちです

2016年08月10日 編集












管理者にだけ公開する