2016 LOUIS GARNEAU LGS-RSR V  ドロップハンドル化を想定した新型クロスバイク スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ) > 2016 LOUIS GARNEAU LGS-RSR V  ドロップハンドル化を想定した新型クロスバイク

2016 LOUIS GARNEAU LGS-RSR V  ドロップハンドル化を想定した新型クロスバイク

lgs-rsr1.jpg
2016 LOUIS GARNEAU  LGS-RSR 1 

!!クロスバイク LGS-RSR 1がカーボンディスク化している……

2015年モデルにフルカーボン&油圧ディスクのLGS-RSR LE
というのがあったけど。
それがLGS-RSR 1化したということだろうか?
フレーム、フォーク、ハンドル、ステムに至るまでフルカーボン!!


コンポは5800系105スペック、2×11SPEED。ブレーキにはなん
とシマノ製油圧ディスク!!

毎年毎年、ルイガノはロードを撃墜する為のオーバースペック
なクロスバイクを世に送り出しているけど。

やっぱり2016年モデルもその路線を継承しているのか。
販売価格は税込 270,000 円

shi-wh-rx010-b135.jpg

フルカーボンLGS-RSR 1のホイールには、11速対応ディスクブレーキ用ホ
イールシマノWH-RX010が用意されている!

全天候型で安定したハンドリング性能を期待出来る。
[11/10スピードカセットスプロケット対応 センターロック・ディスクブレーキ対応]
幅23mm、高さ24mm、剛性に優れ頑丈なリムが特徴。
 

ディスクロード用&シクロクロス用ホイールをあえて高級フルカーボン
クロスバイクへ実装か!
かっこいい……クロスバイクといえど、過酷な環境下で走る事も
想定してあるのか。

パーツから、ホイールに至るまでシマノ製で完璧に固めている
上に、重量8.79kg(460mm)と軽量なのもポイント。


ルイガノによるとには、市場には必ずこういったオーバースペックなク
ロスバイクの需要を欲するユーザー層が、潜在的に一定層存在する
そうだ。

だから展示会においても、カーボン系クロスバイクって必ず展示
してあるですよね。
(価格が価格なので、試乗に出てくる事は滅多にないが)
lgs-rsrv.jpg
2016 LOUIS GARNEAU LGS-RSR V

最初から、ドロップハンドル化を想定したルイガノ新型クロスバイクだ
そうだ。
ハンドルを変えればトライアスロンレースにだって使用できる多才な
フラットロード。

うーん、2016年モデルの流行を抑えたクロスバイクですね。

Versatile(多才な)というのがLGS-RSR Vのテーマでして
エアロ形状のフレームに少し短めに設定されたトップチュー
ブ長がこのバイクの特徴。

フラットバーロードとしてだけではなく、ハンドルを交換することでROAD
バイクやトライアスロン用のバイクとしても使用することが可能だそうだ。

フレーム 6061 アルミ
フォーク アルミ
シフター SHIMANO SORA
フロント&リアディレーラー SORA
クランク FSA VERO COMPACT 50X34T(165/395,430,465mm , 170/500mm)
カセットSHIMANO CS-HG50 12-27T 9SPD
ブレーキ TEKTRO ALLOY CALIPER
重量 9.26kg(430mm)

まずは初心者にLGS-RSR Vのフラットバーに慣れてもらって、後日
ドロップハンドル化する事により、ロードとしての走りを楽しんで
欲しいというのがテーマ。

とはいえ、経験者がフラットバーのままでも納得の出来る走りを体感
できる。

とりあえず、ロードかクロスバイクか悩んでいる方向けのモデルですね。
kb-farna70f (1)
そういえば2016年モデルって、ビアンキのニローネや、コーダーブルーム
Farna 700Fみたいに、ロードモデルがフラットバー化した仕様が増えて
いる傾向にあります。

ロードの走りをクロスバイクで! というテーマが実に人気高い!

以前のクロスバイクがバカ売れしていた頃に、時代が戻ってきたの
かな。
それともクロスバイクモデルを通じて、新しいユーザー層の開拓を狙ってい
るのか。
ルイガノ 2016 LGS-RSR 1【クロスバイク/フラットバーロード】【LOUIS GARNEAU】【2016年モデル】【自転車】

スポンサードリンク

2015年10月04日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する