2016 FUJI TRANSONIC 2.7 カーボンホワイト カラー仕様がカッコイイ…… スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2016 FUJI TRANSONIC 2.7 カーボンホワイト カラー仕様がカッコイイ……

2016 FUJI TRANSONIC 2.7 カーボンホワイト カラー仕様がカッコイイ……


imgrc0064955766.jpg
2016 FUJI TRANSONIC2.7の完成車ってカーボンホワイト
カラー仕様なのか。
ズルイな。
ここだけの話、2015年モデルTRANSONIC2.7カーボンレッドカラー
よりかっこいい……

2015年モデルと仕様は変わっていないですよね?
エアロ性能を強化しまくったエアロロードで、高速域で本領を
発揮するタイプ。

エアロ効果を生かした巡航性能と高い衝撃吸収性が長所とも
言える。
かつての高い剛性を生かして、高速域へ一気に引っ張ってい
くFUJI SSTと比べエアロ性能で一気に引っ張っていくのが快
感ですよ。

また長時間の高速巡航に耐えられるだけの、快適性も有し
ているのでレース後半になればなるほど優位に立てると
思われます。
imgrc0064955765.jpg
シフター SHIMANO 105
imbsgrc0064955764hntdy.jpg
imgrc0064955760.jpg
ヘッドチューブ、フォークダウンチューブの接合部は、
エアロ効果を
得る為に一体化している。
しかもシマノ105ダイレクトマウントブレーキを採用。
どこまでも、徹底的にエアロ効果にこだわっている。
imgrc0064955763.jpg
フォーク FC-440 carbon w/ tapered carbon steerer
imgrc0064955762.jpg
ホイールセット Oval 327 aero alloy clincher, 20 / 24h
imgrc0064955761.jpg
メインフレーム C5 high-modulus carbon


うーんEUにおいてはホワイトのフレームカラーが流行しているそう
けど。
だから、ロゴもホワイトにしたのかな?
imgrc0064955759.jpg
imgrc0064955758.jpg
シートチューブとシートステーの接合部は気流の乱れを
抑える為のエアロ形状になっている。
リアブレーキもフロントと同じくダイレクトマウント。
お見事にキャリパーブレーキ全体が、カバーされていま
すね。
imgrc0064955757.jpg

BB press fit BB30
クランク Oval Concepts 520, forged 6066 arms, 50/34T
フロントディレーラー Shimano 105, braze-on mount
リアディレーラー Shimano 105, 11-speed
カセット Shimano 105, 11-28T, 11-speed
imgrc0064955756.jpg
シートポスト Transonic aero carbon
エアロシートポスト&内臓シートクランプ
imgrc0064955755.jpg
サドル Oval Concepts R300 w/ steel rails
imgrc0064955754.jpg
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO PRO 700 X 25c

適合身長
460mm/158cm~168cm
490mm/163cm~173cm
520mm/168cm~178cm
540mm/173cm~180cm
560mm/178cm~185cm


TRANSONIC2.7はエアロロードとしてワイドなサイズレンジとなる
5サイズをラインナップ。

FELT ARシリーズもそうだけど、やはりTTモデルやトライアスロンモデル
の長所を積極的に取り入れた。エアロロードだと思います。
だからこそ巡航性能高めだし、直線がやたら速い。
見た目は堅そうですけど、走れば「軽さ」を思う存分体感でき
るでしょう。

なおかつ、ここ最近のエアロロードの特徴として巡航中におけ
る衝撃吸収性を高めているのも特徴です。
もはや、硬いだけのエアロロードでは通用しない時代になっ
ているのかな。
【エントリでP最大12倍(9/28 2時まで)】2016モデルFUJI(フジ)TRANSONIC2.7(トランソニック2.7)カーボンロードバイク【送料プランC】

スポンサードリンク

2015年09月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する