リア11速エアロロード 2016 MERIDA REACT 400と、リア11速軽量アルミ2016 MERIDA SCULTURA 700を比較してみました。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > リア11速エアロロード 2016 MERIDA REACT 400と、リア11速軽量アルミ2016 MERIDA SCULTURA 700を比較してみました。

リア11速エアロロード 2016 MERIDA REACT 400と、リア11速軽量アルミ2016 MERIDA SCULTURA 700を比較してみました。



100000031414-l1 (1)gs
100000031405vx-l1 (1)
(´・ω・`) 105リア11速ロード 2016 MERIDA SCULTURA 700と、2016
MERIDA REACT 400
の違いについて画像を比較しながらまとめました。
両モデル共に、16万~15万で購入可能なリア11速アルミロードですよね。
では、まずエアロロードのREACT 400から。
100000031405-l0.jpg
2016 MERIDA REACT400

REACT400は105仕様&ダイレクトマウント方式のアルミエア
ロフレームが特徴。
なんと15万円程【販売価格155,422円(税込)】で購入可能な、
エアロロードとして非常に珍しいエアロロードです。

アルミでカーボンの様なエアロフレームを再現する為に、溶接面を
滑らかに仕上げている
のも特徴。
毎年溶接面は丁寧に処理してありましたが、2016年モデルの場合
更に滑らかに処理してあります。

また、アルミフレームながらダイレクトマウント規格により
将来的なアップグレードにも対応。
(BB下にリヤブレーキを装着)

また乗り心地の良さにも重点を置いていて、最適化された空力性能を持つカー
ボンフォーク&カーボンエアロシートポスト
を採用。

弱点は重量が9.3kg(サイズ50cm)といくらか重量があること。
また、フル105ではなく、ミックスコンポ仕様なのも特徴。
エアロホイールやブレーキはメリダオリジナル。
ドライブトレインの一部にもFSA製のクランクが採用されている。
100000031405_15nf (2)
シフター Shimano 105
100000031405_09mfgy (2)
外部バテッドしたヘッドチューブ形状と下側1.5インチの大径ベアリ
ングを持つテーパーヘッドセットを採用
100000031405_03hf (1)
ブレーキセット Merida Road Pro

出来れば105仕様のブレーキにしてほしかった……
価格帯を考えれば、贅沢な望みですが。
100000031405_12hfd (2)
フォーク Reacto Carbon Race
リム Merida AERO 30
スポーク Black stainless
F.ハブ Road seal Bearing
100000031405_08nf (1)
フレーム Reacto Aero direct-pro

ダウンチューブ、シートチューブ、シートステーの後端部がカットさ
れた断面を持つ特徴的な形状「NACA FASTBACK」
これにより、エアロ性能と剛性の両立を図っている。
アルミフレーム成形技術に強みがあるメリダならではのアルミ
エアロモデルですね。
100000031405_09mfgy (1)
カーボンエアロシートポストの取り付け部は、フレーム外部に露出
部分の無い固定方法が採用。
100000031405_03hf (2)
フロントディレーラ Shimano 105 D
ギヤクランク FSA Gossamer 52-36T MegaExo

REACT 400の場合FSA Gossamer のノーマルクランク
になります。
ちなみにSCULTURA 700は、
105スペックのノーマルクランク仕様。
100000031405_08nf (2)
100000031405_15nf (1)
リアブレーキセット Merida Reacto direct

REACT 400最大の特徴であるダイレクトマウントの採用によってシートステイ
上のブリッジが必要なくなるため、空力性能を改善するだけではなく、乗り心地にも
寄与。
100000031405_13gd.jpg
REACT 400の場合リムにメリダオリジナルのエアロホイール
が付いてきます。
100000031405_12hfd (1)
100000031405vx-l1 (2)
ギヤ Shimano CS-5800-11 11-28
リアディレーラ Shimano 105 SS
(ギアとリアディレーラーに関して、SCULTURA 700と MERIDA REACT 400
は全く同一の規格)


さて!
REACT 400の場合、ほとんどエアロロードとしての機能を
兼ね備えたありえない狂気のアルミエアロロードである事が分
かります。

また、価格がリーズナブルな理由としてメリダオリジナルパー
ツでコストパフォーマンスを図っているのが理解出来ると思います。

フル105化&、なおかつホイールを強化して、本格レース仕様
軽量アルミとして新登場した2016 MERIDA SCULTURA 700を
見てみましょう。
100000031414-l1 (1)gs
2016 MERIDA SCULTURA 700

ブレーキもクランクもドライブトレインも全てフル105仕様
DT SWISS製 24 Splineホイールを採用。
前にも述べましたがSCULTURA 700と、REACT 400は
同じノーマルクランク仕様だったりします。


SCULTURA 700歳代の特徴として、フレーム超軽量Scultura l
iteアルミフレームの恩恵で、販売価格165,142円(税込)にして
アルミロードとしては重量8.4kgという数値を叩きだしています。
REACT 400の場合は重量が9.3kgとどうしても、重量がかさんで
しまいますね。
アルミエアロフレームの宿命かもしれません。

REACT 400と比較すると、105ブレーキ&105仕様ドライブトレイン、
DT SWISS製 24 Splineホイールと、足回りやパーツが即戦
力仕様ですね。

100000031414_04gd.jpg
シフター Shimano 105
100000031414_03grehe.jpg
SCULTURA 700もREACT 400と同じ
下側1.5インチの大径ベアリングを持つテーパーヘッドセットを採用。
100000031414_02gvs.jpg
DT SWISS製R 24 Spline
フロントホイールの価格が¥19,800円
リアホイールの価格は¥26,800円
合計4万5千円もするホイールが、最初からSCULTURA 700へ採用。
100000031414_01kjh.jpg
ブレーキ Shimano 105
100000031414_06.jpg
ノーマルクランク Shimano 105 52-36T4アームクランク

REACT 400の場合、ギヤクランク はFSA Gossamer 52-36T MegaExo。
両者共にノーマルクランク仕様ですが、SCULTURA 700の場合105 4ア
ームクランク仕様になります。
100000031414_05.jpg
フロント.ディレーラー Shimano 105 D
100000031414_10hgd.jpg
フレーム Scultura lite 
重量 8.4kg(50cm サイズ)
100000031414_07yhr6.jpg
ディレーラ Shimano 105 SS
ギヤ Shimano CS-5800-11 11-28
(ギアとリアディレーラーに関して、SCULTURA 700と MER
IDA REACT 400は全く同一の規格)

(まとめ)
エアロロードとしての機能にREACT 400は特化してあり、ブレーキ
などのパーツでコストパフォーマンスを図っている。やっぱり平坦な道
においての高速巡航&ロングライドなどに使えそうだし。

軽量アルミレーシングモデルのREACT 400は、価格が許す限りのほぼ
限界まで、パーツやフレームを高めてある印象。
完全にレース仕様ですね。
メリダ [MERIDA] 【お店で受取り専用】 2017 SCULTURA700(スクルトゥーラ700)

スポンサードリンク

2015年09月25日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する