「ScottoilerサイクルS1」自動自 転車チェーン潤滑システム とうとうフルオートで、チェーンへの注油を行う時代に!? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 自転車ニュース > 「ScottoilerサイクルS1」自動自 転車チェーン潤滑システム とうとうフルオートで、チェーンへの注油を行う時代に!?

「ScottoilerサイクルS1」自動自 転車チェーン潤滑システム とうとうフルオートで、チェーンへの注油を行う時代に!?

d63883b9fa0c89eddfd38c999e9ea57a_original.jpg
とうとうフルオートで、チェーンへの注油を行う時代に!?
これはKickstarterで現在資金調達中の「ScottoilerサイクルS1」自動自
転車チェーン潤滑システムだそうです。

正に自転車用世界初の、自動化されたチェーン潤滑システム!?
なんだこりゃ?

自動でチェーン潤滑剤を、適正なレベルで注油するそうだけど。
とうとう、注油メンテもフルオートの時代になる!?
964d32f094def3fb480235ebf492f199_original.jpg
見ての通り油が切れると、削れた金属と油カスが見てのとおり付
着しますからね。
ウエスで拭いたら、べったりしそうな汚れ具合。

ScottoilerサイクルS1潤滑システムを導入すると、パーツが研磨
されるのを防ぎ、チェーンとスプロケットが長持ちするそうな。

不必要なメンテの手間と、費用を節約する事も可能。
1dfa5c689a3cde8d8e22e0f89771003c_original.jpg

この潤滑システムユニットは、簡単にほとんどの自転車に装着さ
れ、あなたのライディングスタイルやアクセサリーの選択に合わせ
て、フレーム上の様々な異なる位置に取り付けることができます。

ブレーキやギアケーブルによく似たスタイルのシステム配管は、あ
なたのバイクに慎重に装着することが可能。いくつかのケース
では、フレーム内の内部ルーティングを使用してシステムに適合
する。
0cf0dbfadf4f6c731cc2616959abc39a_original.gif
潤滑油はチェーンに直接転送され、プーリーに吹き付けられます。
正確な潤滑供給システムですね。

潤滑剤は、自転車のフレームに取り付けられたチャンバ内に保
持されています。

チューブは選択可能な間隔で、潤滑油を供給。
潤滑剤はプーリーホイールの面に、チェーンの主要な構成要素に
到達する遠心力を介して添加されます。
fb5645d4de74c0a7410e92a9b69452ff_original.jpg
温度度範囲内なら安定的に潤滑油を供給可能。
なるほど……ここに潤滑剤をチャージして置く訳ですね。

液体容量38ml
温度範囲:
+50⁰C(温度安定性制御)から-10⁰C
温度度範囲内なら安定的に潤滑油を供給可能。
9fec5f909f29a55fd4127442786a073d_original.jpg
バッテリーは、単4電池二本で、なんと200時間稼働。
5f2726ce51283066c8cdf0bc5e5e3735_original.jpg
サイクルS1は潤滑剤を充填しつつ、簡単に装着できるように設計
されました。
この画像を見ての通り、泥に強く、耐水性&耐衝撃性を高めてあるので
シクロクロス! にも使えるのか!?

なんと! 泥や雨天時における過酷な環境下でこそ、この自動チェーン
潤滑システムが生きてくるそうです!

ということはシクロクロスだけではなく、MTBやツーリング時にかな
り使えそうではないですか。
990f1cdf0b0eba280b751e31261a7098_original.jpg
もちろんロードバイクにおいても、あなたのライフスタイルに合わせて
潤滑材の流量も調整可能。
Scottoiler CYCLE S1 - Automatic Bicycle Chain Lube System

スポンサードリンク

2015年08月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する