2016 BIANCHI SPECIALISSIMAに低速で乗ってみた。ついでに動画撮影。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2016 BIANCHI SPECIALISSIMAに低速で乗ってみた。ついでに動画撮影。

2016 BIANCHI SPECIALISSIMAに低速で乗ってみた。ついでに動画撮影。

DSCN6451bf (1)
DSCN6497gdg.jpg

BIANCHIの超軽量新型カーボンモデル SPECIALISSIMAに乗ってみました。

後日雑誌のインプレッションとか撮影が控えていた一台だそうで。
と、いうわけでトラブルがあってはあかんと、かなりの低速で試乗することに。
(現在日本にSPECIALISSIMAは9台だけしか、輸入されていないそうな)
にしても、なんていい色の高級感があるチェレステなんでしょう。
遠くから見ても、SPECIALISSIMAのチェレステカラーが浮き上がっている
かのような美しさ。
DSCN6479hty (2)
とりあえず、アルテグラ組み。重量は7kg程?
フレーム価格60万。コンポ込みで、大体80万位だそうな。
持ってみたけど、とてつもなく軽い!!

こんな異様な軽さのビアンキモデルって、なんか新鮮!!
遂に出てきたんだなあ……

DSCN6481bfg.jpg
(乗ってみた、感想)
試乗ではなく、「乗ってみた」ですね。時速20km以下での感想。

なんじゃこのビアンキモデルは? まるで走りに抵抗感がない!!??

ふわりと走りだしたかと思えば、そのまますーーーっと速度が増していく。
あくまで、低速での判断だけどこれならまだインフィニートの方がまだ
抵抗感があるかな?

多分速度の「伸び」も、インフィニートよりもSPECIALISSIMAの方があるのでは……
インフィニートは強力な剛性を生かした加速性能が特徴だけど。
SPECIALISSIMAは確かに似たような「剛性」を感じる。
と同時に走りの抵抗感が全くないんですよね。
速度を出したいなら、勝手に連れていきますよ? という不気味な性能を持ったフレーム
かな。

「軽量性」「剛性」「衝撃吸収性」がミックスされた事により、
あの「ふわっと」した抵抗感のない走りをしてくれたのかもしれない。
でも、低速で走っているために確認出来たのはここまでだった。

なんとなく感覚的に、山岳だけではなく平地でも戦闘力が高そ
うな印象を受ける。
DSCN6456ge (1)
(石畳を走ってみる)
おおお、全然石畳の衝撃が上半身に来ない!!
なんだこりゃ? 
まるで、石畳が舗装路のようだ。
インフィニートCVと同じく、低速でも「カウンターヴェイル」が発動まくりで
極上の快適性!!
衝撃吸収性はインフィニートCVと、ほぼ同クラスかな?
つまり、荒れ道や悪路に強い走りをしてくれると確認。
DSCN6451bf (2)

DSCN6477fg (2)
BB付近が、かなりの極太。
もっと細いかと思ったら、BB付近にボリュームがある。
ハンドメイドインイタリーの文字が。
純粋にイタリア製のハンドメイドモデルなんですね……
DSCN6456ge (2)
DSCN6479hty (1)
DSCN6482bfg (2)
DSCN6482bfg (1)
DSCN6455bfg (2)
DSCN6455bfg (1)
DSCN6452jt (1)
DSCN6452jt (2)
とりあえず、時速20km以下&15分乗っただけなのでなんとも言えないが
走りの際「抵抗」を全く感じないのと、Countervail®(カウンターヴェイル)
による高い衝撃吸収性だけは確認。
流石にモノはいい。

低速でも、フラグシップクラスにしか出せない高級な走りを
見せてくれた。

ついでに、SPECIALISSIMAのチェレステはとてつもなく美しい……。
会場ではSPECIALISSIMAの秀逸なデザインに、感嘆の声が幾度も聞かれた
んですよね。
ビアンキ [BIANCHI] 【お店で受取り選択可】 2017 SEMPRE PRO 105(センプレプロ105)カーボンフレーム ロードバイク

スポンサードリンク

2015年07月14日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する