あのオオトモがプロデュースした「マインドバイク」という組み立て式 ミニベロが台北サイクルショー2015で金賞を受賞したんですね。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 自転車ニュース > あのオオトモがプロデュースした「マインドバイク」という組み立て式 ミニベロが台北サイクルショー2015で金賞を受賞したんですね。

あのオオトモがプロデュースした「マインドバイク」という組み立て式 ミニベロが台北サイクルショー2015で金賞を受賞したんですね。

p01.jpg

あのオオトモがプロデュースした「マインドバイク」という組み立て式
ミニベロが台北サイクルショー2015で金賞を受賞したんですね。

ストレートなアルミフレームに、ジョイント機能を持たせた
今までにないミニベロだそうです。
【ジョイント機能を持つアルミ押出材フレーム(意匠登録済/PAT.P)】

concept06.jpg
マインドバイクはなんとキット販売!
この「マインドバイク」車体全体をボルトで分解組立可能なのか。
レゴブロックみたいで面白そうだ。
(そういえば、昔、ロビンバイクとかいうのもあったっけ)


組み立てに自信の無い方は、別途組み立てサービスを用意するらしい。

フレームの長さを変更する事により、キックバイク、大人用、子供用自
転車と乗り手に応じてに対応出来る。
(その辺はシステム家具のギミック的なコンセプトも採用されているん
でしょうね)

yt006.jpg

またマインドバイクは、環境負荷低減を実現したエコなバイクでもある
んですよ。
見ての通り、分解が簡単で主要パーツが再生可能なアルミ合金を採用
しているので、リサイクル性が高い。
(生産合理性も高いので、実際マインドバイクを使用する場所に
生産拠点を置く事も可能)

ノックダウン輸送により、従来の自転車と比較して大幅な輸送エネルギー
も削減出来る。

輸送、生産性、環境面まで考慮された新感覚のミニベロという訳ですね。
これは海外で評価が高い訳だ。
10574hjk462_555792547865729_235017516835321384_n.jpg
アタッチ機能もあり、籠やリアキャリアーなども取り付け可能。
台北サイクルショー2015では、なんと電動アシスト仕様も登
場した様です。

アシストモーターまで取り付ける事が可能なのか・・・・・・想像以上
拡張性が広いミニベロでもあるんですね。
フレーム上部に、バッテリー。BB下にモーターを配置。

マインドバイクのストレートフレームは、荷重を分散
する独自構造「ワンビームコンセプト」(意匠登録済/PAT.P)を採用。
凄いなあ・・・・・・アシスト化まで可能なフレーム構造なのか!
10403326_588279094617074_7948559971003371930_n.jpg
「18インチ フレームキット」に「18インチ 完成車キット」が 日本国内
販売されているらしい。
(14インチ キックバイクキットは現在開発中)
concept04.jpg
リアブレーキの位置が、何気にエアロ??
しかし、これはシンプルで街の風景に合いそうですね。
なんとなく無印良品みたいな、洗練されたテイストを感じる。

ドイツで行われた「EUROBIKE 2014」にも出展されたそうだけど。
このマインドバイクって、特に環境やデザインを重視するEU圏
で売れそうな気がする。

無印良品とかもそのデザイン性が評価されて、EUで成功して
いますし。

アメリカというよりは、ヨーロッパ圏のテイストですね。
p06.jpg
p07.jpg
p05.jpg
p08.jpg
p10.jpg
p11.jpg

マインドバイク 18インチ 完成車キットの場合以下のパーツが付いてくる↓

フレームチューブ2本/ シートチューブ1本
ジョイント:ヘッドジョイント/ステム/シートベース/
シートバインダ/BBユニット/エンドキャップ

18インチHE 完成ホイール前後
組立ボルト
フレーム組立説明書
自転車コンポーネント一式

ソーシャルプロダクツ・アワード2014受賞を始め、世界中
の新作家具やデザイン作品が終結する「ミラノサローネ 2014」
にも出展した実績を持つんですから、ちょっとしたもんですね。
マインドバイクのデザイン性の高さが世界中で評価されてい
るのが良く分かります。

スポンサードリンク

2015年04月12日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する