通常のBirdy Classicカラーリングをチェックしてみる。海外では、タイ王国限定仕様のBirdy Classic for Vogue Magazineとういうスペシャル仕様も存在するらしい。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Birdy BD-1  > 通常のBirdy Classicカラーリングをチェックしてみる。海外では、タイ王国限定仕様のBirdy Classic for Vogue Magazineとういうスペシャル仕様も存在するらしい。

通常のBirdy Classicカラーリングをチェックしてみる。海外では、タイ王国限定仕様のBirdy Classic for Vogue Magazineとういうスペシャル仕様も存在するらしい。



imgrc0068300856.jpg
imgrc0068300857.jpg
imgrc0068300858.jpg
これが・・・・・・通常版のBirdy Classicと言う事に
なるんだろうか・・・・・・販売価格は税込 156,600 円。
とりあえずメモ代わりに。
キャンディブルー、キャンディーレッドこれはBD-1
クラシックでもあったけど。

ああ、なるほどパールホワイトってのもあるんですね。

基本的にShimano Acera 8speed仕様は限定でも通常版
でも変わらず。

リアのサスペンションユニットが、全てレッドで共通。


確か海外のモノコックフレームBirdy Standardって、 Shimano Alivio 9速
仕様や10速仕様が存在していましたよね。
もっとギア比が多い方がいい方はBirdy Standardと言う事になるのか。

imgrc0068300860.jpg

これはBirdy Classicスコッチブライトカラーで
税込 167,400 円
スコッチブライトの方がちょい高めになるんですね。
しかし、Birdy Classicだけで3種もあるのか!

今まで、ミズタニBD-1時代はせいぜい3種だったのに、一気に
モデル数が激増するんですね。
カーボンエアロリムに、カーボンクランク仕様の限定Birdyとかも
存在するらしいし。
timthumb.jpg
Birdy Classicって海外では、色々な限定仕様があるみたい
ですね。
これはタイの限定デザインの Birdy Classic for Vogue Magazine
だそうです。
女性誌VOGUE誌とのコラボモデルらしいですよ。


そっか! 雑誌限定モデルの広告的なBirdy Classicとかも
海外には存在するんだ。

日本国内限定仕様Birdy Classicとかも、今後出る可能性とか
あるのかな。

今は4月上旬にBirdy Classicが入荷された訳なん
ですけど。

今度はいよいよ、BIRDY モノコックフレームが日本市場に上陸
するんですね!

(しかも新型BIRDYとかいう噂だけど、また違うフレームだった
りするんだろうか??)
09reach-sl-01_convert_20090812160636.jpg

そういえばパシフィックのREACHシリーズも帰っ
てくるんですよね。
個人的に、ちょっと嬉しい。
サイクルモードかイベントでもし、REACHシリーズが
出ていたら、試乗してみたいな。

これは旧パシフィックREACH SLと言うモデルで
実に走行性能いいんですよ。
(なんとREACH走行テストは、あのモールトンと比
較して行われたという逸話も)
ただ、走行性能は素晴らしいのに、日本国内において
イマイチ人気が出なかったですよね。

折り畳みが少し面倒だけど、中身はいいのでちょっと
期待しています。
フェニーチェドロップ

以前、これのOEMシリーズで、ビアンキモデルも存在
していたんですよね。
ビアンキ フェニーチェ ドロップという名称でして。
(確かフラットバー仕様も存在したはず)


これが出た時は、色々な意味で衝撃を受けました。チェレステ
カラーに塗装すれば、本当にビアンキモデルになっちゃうん
だな、と。

ビアンキから、まさかビアンキ フェニーチェ ドロップが再登場
したら、マジで浮かれてしまうのですが。
(そうか。良く考えたら、BirdyがビアンキフレッタのOEMモデル
として、再発売される可能性もあるのか。出してくれませんかね。
個人的に待っていますので)

Pacific Cycles(パシフィック サイクルズ) Birdy Classic バーディ クラシック

スポンサードリンク

2015年04月10日 トラックバック(0) コメント(2)

おおっ、Pacificの名前、久々に聞いた!
ここはタルタルーガの製造元なので好きなメーカーなんですよ。
自社ブランド以外にもOEMが多い分、確かな技術力のあるメーカーですからね。

2015年04月10日 クロスバイクスキー URL 編集

REACHシリーズって、タルタルーガの技術を取り入れたモデルらしいですね。
設計開発は、日本らしいですが。
なんか色々ドラマのあるミニベロの様です。



2015年04月10日 管理人 URL 編集












管理者にだけ公開する